1. 歌詞検索UtaTen
  2. 永井みゆき
  3. 永井みゆきの歌詞一覧

永井みゆきの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月26日

51 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ひとり大阪

永井みゆき

作詞:坂口照幸

作曲:岡千秋

歌詞:頬を優しく 濡らすのは 雨も吐息の こぬか雨 添えぬあなたと

雨椿

永井みゆき

作詞:三浦康照

作曲:深谷昭

歌詞:あなた あなた あなたの胸の 止り木に 羽根を休めて

希望の星

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:橋本くにたか

歌詞:言い訳ばかりがめだちます まごころ一つほしいのに あなたはわたしの 希望の星よ 涙にくじけず

雨の酒場

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:伊藤雪彦

歌詞:窓に汽笛が しぐれる夜は 口紅がぬれます こころもぬれる 酒のグラスを

大阪すずめ

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:おしゃべり夜風に誘われながら 淀屋橋から北新地 好きやねん好きやねん あなたが 好きや

愛がこわいの

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:檜原さとし

歌詞:はじめて逢った 逢ったその日から 感じていたの あなたの瞳 いつまでも

愛を一輪

永井みゆき

作詞:及川眠子

作曲:山口美央子

歌詞:そよ風に揺れている 花びらのひとつにも かけがえのない命の証し ひそやかに宿っている

おんな泣き港

永井みゆき

作詞:麻こよみ

作曲:徳久広司

歌詞:船を乗り継ぎ 噂を追って あなたをたずねる ひとり旅 ここは大分

お龍恋唄

永井みゆき

作詞:牧島功

作曲:弦哲也

歌詞:京都はいまごろ 雪ふる頃か あなたは大義に 身をすてる あの日歩いた

夕月の恋

永井みゆき

作詞:坂口照幸

作曲:岡千秋

歌詞:どうぞ私に 下さいますか 長い一生 その一日を 好きになるたび

信濃路の雨

永井みゆき

作詞:かず翼

作曲:弦哲也

歌詞:恋を失くした 女はなぜか 故郷行きの 汽車に乗る あなた偲べば

恋花火

永井みゆき

作詞:下地亜記子

作曲:弦哲也

歌詞:誰かの身代わり それもいい 憂さのはけぐち それもいい あなたのそばに

微笑みさがし

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:都会のくらしに 心がやせて 微笑みさがしの 故郷がえり 駅からバスで山中八里

菜の花恋唄

永井みゆき

作詞:波丘ひろし

作曲:徳久広司

歌詞:情けの深さと 気風よさ 惚れりゃ一途な 漁師でした 布良港離れた

吉備路ひとり

永井みゆき

歌詞公開をリクエスト!

洲崎みれん

永井みゆき

歌詞公開をリクエスト!

蛇の目小紋の女

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:平尾昌晃

歌詞:小雨が ふるふるふる 紫陽花いろの 雨が 格子に

あなたの北国へ

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:平尾昌晃

歌詞:北の街では 桜が咲いたと テレビがニュースで つたえていました ひとりになって

ふるさと館山

永井みゆき

作詞:波丘ひろし

作曲:畠山由紀夫

歌詞:さざ波寄せる 鏡ヶ浦の 富士を浮かべる 美しさ 夕陽が映える

鳴り砂の女

永井みゆき

作詞:建石一

作曲:徳久広司

歌詞:逃げてきました 棄ててきました 東京を 五年愛した あの人と

大阪恋あかり

永井みゆき

作詞:建石一

作曲:徳久広司

歌詞:桜ヒラヒラ 花びら追いかけて 美味いとお道化る 可笑しな人やねん だけど好きやあんたが

しあわせさん

永井みゆき

作詞:麻こよみ

作曲:弦哲也

歌詞:ひとりぼっちの 淋しさに 涙ほろほろ こぼれ月 しあわせさん

花かげろう

永井みゆき

作詞:森坂とも

作曲:弦哲也

歌詞:空の徳利に 待宵草を 一輪挿した おんなの想い 手酌に酔うころ

雨の木次線

永井みゆき

作詞:佐藤史朗

作曲:弦哲也

歌詞:あなた忘れる はずなのに なぜか面影 追いかける 雨の木次よ

恋路ヶ浜

永井みゆき

作詞:仁井谷俊也

作曲:四方章人

歌詞:風がひゅるひゅる この胸泣かす 波が素足に 絡みつく 愛する男性と

すみれ草

永井みゆき

作詞:仁井谷俊也

作曲:四方章人

歌詞:今日から俺の おまえだと 照れた眸をして 云うあなた いつも倖せ

夫婦花あかり

永井みゆき

作詞:坂口照幸

作曲:岡千秋

歌詞:ひょんなことから ひとの縁 あとの人生 決まるのね 長い一生

ふたり秋日和

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:仲のいい夫婦を 世間では おしどりのようだと 言うみたい あなたに惚れて

愛縁坂

永井みゆき

作詞:砂川風子

作曲:弦哲也

歌詞:春夏秋冬 風受けて 涙と 越えた 九十九道

だんじりの女房

永井みゆき

作詞:紙中礼子

作曲:弦哲也

歌詞:浜風吹くたび 稲穂も揺れて だんじり囃子に 心が躍る 法被にアイロン

愛に恋

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:別れはすませた ひとだから 想いは残さぬ はずでした おれの命は

笹川流れ

永井みゆき

作詞:木下龍太郎

作曲:岡千秋

歌詞:背いた貴方を 恋しがる 弱さ叱るか みぞれ雪 みれん心に

志摩の夕波

永井みゆき

作詞:かず翼

作曲:水森英夫

歌詞:誰を探して 啼く浜千鳥 啼けばなおさら 孤独がしみる きっと戻ると

街角の歌

永井みゆき

作詞:志賀大介

作曲:弦哲也

歌詞:花咲く春も 凍てつく冬も 季節をいろどる 街の角 悲しい顔に

よさこい時雨

永井みゆき

作詞:下地亜記子

作曲:水森英夫

歌詞:酒の優しさ ぬくもり借りて 飲めば未練が またつのる 待って待たされ

あじさい挽歌

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:あなたを愛した 夏がゆき 北の街では もう雪景色 別れても別れても

雨おんな

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:伊藤雪彦

歌詞:あなたに注がれて 飲んだ日の お酒が恋しい 雨降り酒場 雨おんな

お別れ終列車

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:伊藤雪彦

歌詞:好きになるんじゃ なかったと 泣いて手を振る プラットホーム さよならね

女の時計

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:氷雨が窓に 降る夜は 女の時計が 昔にかえる あれほどうらんで

十九の港

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:岬はるかに船がゆく 背伸びをしても遠い人 好きなのに 好きなのに 結びきれない

大阪やどり

永井みゆき

作詞:坂口照幸

作曲:岡千秋

歌詞:人の運命の 綾見るように 水の都の 橋と川 この人と

港でひとり

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:かもめなぜ鳴く 波の上 暮れりゃさびしい 桟橋あたり 行くならあなたを

りんどうの雨

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:好きと言われて 傘の中 黙ってわたし うつむいていた 港の丘の

地吹雪情話

永井みゆき

作詞:木下龍太郎

作曲:岡千秋

歌詞:初めて履いた カンジキに 足を取られて 道に這う なんでこんなに

大阪慕情

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:水に七色 ネオンの街は お伽ばなしの しあわせばかり 雨が降るのに

恋する大阪

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:水森英夫

歌詞:銀杏並木に 噂のつばめが飛んで 恋人通りには ネオンの花が咲く 雨の中二人で

応援歌でヨイショ!

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:岡千秋

歌詞:とーんとご無沙汰 ご贔屓様よ やって来ました ああん 渡り鳥

女のお酒

永井みゆき

作詞:かず翼

作曲:水森英夫

歌詞:あなた追いかけ 降り立つ駅は しぐれも泣いてる 北の町 「おじさん

しぐれ舟宿

永井みゆき

作詞:石本美由起

作曲:弦哲也

歌詞:飲ませて ごめんと 言うあなた 酔っても いいのと

ほの字だね

永井みゆき

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:昔恋しい 深川は 江戸の気分が 残る町 酔ったあなたに