1. 歌詞検索UtaTen
  2. 津村謙
  3. 津村謙の歌詞一覧

津村謙の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

上海帰りのリル

船を見つめていた ハマのキャバレーにいた 風の噂は リル 上海帰りの

月夜の笛

村はお祭り お山は月夜 私はぴいひゃら 笛自慢 高い櫓で

東京の椿姫

窓うつ風の ためいきか 更けてネオンの 点る街 その名は

リルを探してくれないか

街で泣いてたリル 噂ばかりのリル たずね歩いて 幾年月も 過ぎてせつなく

緑の牧場

朝だ霧が晴れたよ 緑の牧場 可愛い山羊の背から 陽が昇る ああ

夕陽に走る汽車

赤い夕陽の 光りを分けて 汽車は行く行く 汽笛は叫ぶ シュッポ

待ちましょう

待ちましょう 待ちましょう やがて来る その日まで 淋しくって

マドロス追分

愛しおまえをヨー 甲板で呼べばヨー 暗い波間を 鴎になって 恋し恋しと

流れの旅路

紅いマフラーを いつまで振って 名残り惜しむか あの娘の馬車は 遥かあの丘

母三人の歌

街の夕風 つめたい夜風 女心に なぜ沁みる 泣くな泣くなと

赤いマフラー

馬車は揺れるし 心は重し 泣くに泣けない 流れの旅よ 赤いマフラーは

一筆しめし参らせ候

一筆しめし参らせ候 そなたの去った 長崎は 恋のむくろの

霧雨のけむる道

霧雨が 煙る道 何処までも 何処までも 明日はいずこの

白夜行路

青いはるかな 空のぞみ すさぶ嵐の 中をゆく 男ごころも

紅椿の唄

燃えて咲いても 紅椿 散るが運命の 身は悲し 君と歩いた

マルーシャ可愛いや

そなたと別れの 夜はつらい 別れてしまえば ネエ マルーシャ

流転わらべ唄

胸に風コが ころげる夜は 故郷のいろりの ぬくみが恋し 帰るあてない