1. 歌詞検索UtaTen
  2. 牧野由依
  3. 牧野由依の歌詞一覧

牧野由依の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

Brand-new Sky

Take a breath, it's a

まわる まわる

こどもの頃見た 窓辺からの世界は いつもまぶしくて まっさらなノート 落書きだらけにした

ふわふわ♪

背は高い方がいいけど そんなタイプじゃなかったの 気難しい感じ…どっちかってゆうと苦手だったかな 話すと全然違ってて 笑うと目が子供みたいで

それはきっとボクらしく生きる勇気

本当はいつだって自信がなくて 友達と騒いでたって孤独だった 誰かに冷やかされたって 大人しくして それが楽な生き方って思っていた

Colors of Happiness(TVアニメ「サクラダリセット」エンディングテーマ)

冷え切った空に 朝陽が息づくような あたりまえの景色は どこか切なくて愛しくて

Reset

時の流れる音が今 (fee l close

グッバイ・マイ・フレンド

すっと忘れない 君といた季節 思い出 ほろにがいね ポケットの中に

アムリタ(劇場版 ツバサ・クロニクル~鳥カゴの国の姫君~ ED)

聴かせて懐かしい歌を 遠くで口ずさんで 聖なる蜜のように夢のように その中で眠らせて

シンフォニー

いつか 話してくれた愛のうた いつも いつだって憶えているから

synchronicity(ツバサ TOKYO REVELATIONS OP)

この温もりは何処へ行くの 明日になれば消えてしまうの 胸の鼓動を合わせたならば 同じ深みへ降りて行けるの

ユーフォリア(ARIA The NATURAL OP)

窓からそっと 朝陽がのびて まどろむまつ毛に こぼれてくよ

ハウリング

口ずさんだ歌 呟きのように溶けて 消えてく不安を 拭って繰り返してゆけば 一つ二つと

Precious

いつもの帰り道 住み慣れたこの街 交差点のコンビニ 眩しい夕日 前を歩く友達たち

ユメノツバサ

こんなにも遠くへ二人は来てしまって あの頃の 幼い君の微笑みにもう帰れないね 君が笑う世界が好きで

What A Beautiful World

目を閉じれば 浮かんでくる 君と出会った 淡い夏の日

未来の瞳を開くとき

ママの形見のブレスレット 誕生日にもらったオルゴール 時計 指輪 一枚の写真

song for you

一人で泣いてた 伝えたいこと言葉にできずに それでも消えない夢への思い 少しずつ前を見よう

囁きは"Crescendo"

木漏れ日のbreeze 囁きは"Crescendo" わたしはわたしって言ってもいいの 退屈なstory うなずいたsunshine

春待ち風

長い 長い 季節の 終わりを告げて ひらり

その先へ

手をひかれてよく歩いたこの道 高くてまあるい空を見上げてた つらい時は 大人になれば

横顔

どこまでも続くこの空 眺めてる横顔 頬にふれる長い髪が 揺れている

つきのしじま -ultimate mix-

愛しさはどうしたら届くかな そっと指で繋がって それだけで 一人じゃないと分かるよ

スピラーレ(ARIA The ORIGINATION OP)

憶えていますか? あの日を ふと感じた ときめきを

ウンディーネ(ARIA The ORIGINATION ED)

頬をなでる 優しい風 波音に 揺られて 体の中

ダークサイドについてきて -New Mix-

気のせいかな?と 思わせた微笑みが 本当に伝えたい大事なサインで なにげに君にしぐさを 見せている

you are my love

雨に濡れた頬は 涙の匂いがした 優しい眼差しの たびびと

secret melody

瑠璃色が夕焼けを染めながら 静寂を連れてきた夜は 寄せては返す孤独のリズムに こきゅうをあわせ

太陽を巡って

数えてみて 私たちが出会ったあの日から 太陽の周りを 何回、何回まわっだのかな

今日も1日大好きでした。

今日ね 虹が見えたんだよ すごく大きな虹 たぶん地球のはしっこまで 届いちゃうの

お願いジュンブライト

ガラス窓の向こう側に 十字架と 海がみえる 君は仕事仲間たちに シャンパンをつがれている