1. 歌詞検索UtaTen
  2. 牧野由依
  3. 牧野由依の歌詞一覧

牧野由依の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

ふわふわ♪

背は高い方がいいけど そんなタイプじゃなかったの 気難しい感じ…どっちかってゆうと苦手だったかな 話すと全然違ってて 笑うと目が子供みたいで

まわる まわる

こどもの頃見た 窓辺からの世界は いつもまぶしくて まっさらなノート 落書きだらけにした

それはきっとボクらしく生きる勇気

本当はいつだって自信がなくて 友達と騒いでたって孤独だった 誰かに冷やかされたって 大人しくして それが楽な生き方って思っていた

Brand-new Sky

Take a breath, it's a

ハウリング

口ずさんだ歌 呟きのように溶けて 消えてく不安を 拭って繰り返してゆけば 一つ二つと

Reset

時の流れる音が今 (fee l close

アルメリア

白い海原に 風まとい進む舟 海に憧れた 薄紅の花は何を思うの

Colors of Happiness(TVアニメ「サクラダリセット」エンディングテーマ)

冷え切った空に 朝陽が息づくような あたりまえの景色は どこか切なくて愛しくて

ワールドツアー

キミに会いに行くよ 異国の街まで 鳴り響け Music 暗い気持ちだって

Pastel Town

彩り合って 風は優しいね いつかみた空も 踊り出す have

88秒フライト

いつからかボクの心に住む 小さな羽根の存在 まだ眠い朝も Hello Helloとくすぐってる

今日も1日大好きでした。

今日ね 虹が見えたんだよ すごく大きな虹 たぶん地球のはしっこまで 届いちゃうの

碧の香り(ソウルイーター リピートショー ED)

中藍の空の下で そよぐ風 揺らぐ花 頬つたう涙の糸 溢れ出す

synchronicity(ツバサ TOKYO REVELATIONS OP)

この温もりは何処へ行くの 明日になれば消えてしまうの 胸の鼓動を合わせたならば 同じ深みへ降りて行けるの

ダークサイドについてきて -New Mix-

気のせいかな?と 思わせた微笑みが 本当に伝えたい大事なサインで なにげに君にしぐさを 見せている

the never ending rainbows

ぴんくはてんしにみえないいきてるいろ こいとかはーとにながれるだいじないろ 悲しみをもって生れてしまった君の命を動かしている みずいろはにんげんがとどかないてんのいろ

横顔

どこまでも続くこの空 眺めてる横顔 頬にふれる長い髪が 揺れている

遠くまで行こう

観覧車が 見えるあの空まで 泣きそうな雲 風に吸い込まれてく ひっそり肩をよせ合う

幸せのため息

「ねえ、強がりは可愛くない」キミにいつも言われるけれど まだ、素直になりきれてなくて きつい言葉で傷つけてばかり 寂しくなった時は

ユメノツバサ

こんなにも遠くへ二人は来てしまって あの頃の 幼い君の微笑みにもう帰れないね 君が笑う世界が好きで

アムリタ(劇場版 ツバサ・クロニクル~鳥カゴの国の姫君~ ED)

聴かせて懐かしい歌を 遠くで口ずさんで 聖なる蜜のように夢のように その中で眠らせて

もどかしい世界の上で(N・H・Kにようこそ! ED)

もしも明日 この世界が終わるとしても 君のことだから 「それならそれでもいいか」 素っ気ない態度とるのかな?

What A Beautiful World ―Studio Live Version―

目を閉じれば 浮かんでくる 君と出会った 淡い夏の日

ウイークエンド・ランデヴー

星空を照らす街 週末は華やいで 恋人たちはランデヴー はしゃぐ摩天楼

春待ち風

長い 長い 季節の 終わりを告げて ひらり

Merry-go-round

いつからなのでしょう あなたを下の名前で呼ぶようになったのは 「今日こそは!」 勇気出して呼んだあの日思い出す ドキドキなんてない

crepuscular rays

赤く燃ゆる空は 寂しくて 私…影をひそめてる 何かに怯えた さらさらさら降る雪のように

ユーフォリア(ARIA The NATURAL OP)

窓からそっと 朝陽がのびて まどろむまつ毛に こぼれてくよ

ジャスミン

自分がくやしくて 唇かむ時は 胸でつぶやいてみるよ 君のその名前

夏休みの宿題

ニコってだけ笑ってくれたら 自由に飛んで行けるの 見つめるたびに腕を組んで 泣きたくなってはしゃいでた