1. 歌詞検索UtaTen
  2. 田端義夫
  3. 田端義夫の歌詞一覧

田端義夫の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月18日

38 曲中 1-38 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

かえり船

田端義夫

作詞:清水みのる

作曲:倉若晴生

歌詞:波の背の背に ゆられてゆれて 月の潮路の かえり船 霞む故国よ

島育ち

田端義夫

作詞:有川邦彦

作曲:三界稔

歌詞:赤い蘇鉄の 実も熟れる頃 加那も年頃 加那も年頃 大島育ち

屋久の恋唄

田端義夫

歌詞:八重のふもとを 吹く風に 誰を待つやら 島娘 磯の浜辺に

泡盛の島

田端義夫

歌詞:泡盛のうまれたくにを 知ってるかい ウチナーとも うるま島とも言うんだよ ホラ・ルルル・ホラ

雨の屋台

田端義夫

歌詞:雨々 雨だよ やけに降りゃがる 今日で幾日か どしゃ降りつゞき

あなたの小指

田端義夫

作詞:吉田旺

作曲:岡千秋

歌詞:妻になれない 仲でもいいの いのちぎりぎり 捧げてみたい だからお願い

紅しょうがの詩

田端義夫

歌詞:その日ぐらしの 母と子が 今日も夕飯に 紅生姜 こんな総菜で

南国育ち

田端義夫

歌詞:潮の香りに 素肌を染めりゃ 恋を知るのも 早いもの 南国育ちの

奄美小唄

田端義夫

作詞:美沢香

作曲:三界稔

歌詞:名瀬の港の 夕波月に 誰を慕うて 千鳥よ啼くか カナシャルチュヌ

月の夜曲

田端義夫

歌詞:長き黒髪に 唇よせれば かすかにゆれる 花の薫りよ 月蒼き

デイゴの花

田端義夫

歌詞:燃えて咲きます デイゴの花は 女ごころに よく似た花よ 好きなあなたに

シーちゃん船唄

田端義夫

歌詞:港出る時 波止場のかげで エノサ 泣いてくれるは 泣いてくれるは

すりすり歌

田端義夫

歌詞:南国の 娘達ゃ あかい あかい襷でネ イネ

バタやんのツキツキぶし

田端義夫

歌詞:娘さん 惚れるなら ツイた男に 惚れなされ 惚れて一生

骨のうたう

田端義夫

歌詞:戦死やあわれ 兵隊の死ぬるや あわれ 遠い他国で ひょんと死ぬるや

泣くなカァチャン

田端義夫

歌詞:腕の時計は コチコチとコチコチと こんな時間と なりました 無理に飲ませた

ふるさとの舟唄

田端義夫

歌詞:ふる里の 舟唄こいし 沖ゆく白帆よ 霞浦のわが家よ ただひとり残る

戻り船

田端義夫

歌詞:黒潮に 流れて浮かぶ 花びらも 俺を迎えの 島椿

ズンドコ節街の伊達男

田端義夫

歌詞:黒いソフトに マドロスくわえ 肩で風切る 小粋な姿 伊達にゃきらない

梅と兵隊

田端義夫

歌詞:春まだ浅き 戦線の 古城にかおる 梅の花 せめて一輪

肩で風切るマドロスさん

田端義夫

歌詞:肩で風切る マドロスさんに 白いかもめが ちょいとささやいた 港むすめに

かよい船

田端義夫

歌詞:銅鑼が鳴るさえ 切ないものを 雨の出船は なお哀し 泣くな小島の

人生の船はヨーソロ!

田端義夫

歌詞:いつのまにか 冬が過ぎ 夏も過ぎて 一年 人は誰も

嘆きのピエロ

田端義夫

作詞:島田磬也

作曲:大久保徳二郎

歌詞:空の浮雲 嘆きのピエロ 風が身に沁む 秋がきた 抱いて泣こうか

出世船

田端義夫

歌詞:世間が俺を みとめたならば 必ずお前を 迎えに来るよ 泣いちゃいけない

二見情話

田端義夫

歌詞:二見乙女やー 花ならば蕾 咲かすも散らすも あなたまかせョー

沖縄育ち

田端義夫

歌詞:三重城の 丘にのぼって あの人を待つ 夜はたのし 誰が唄う

愛しゃ地球の子守歌

田端義夫

歌詞:広い宇宙の片隅で 独りぽっちじゃ寂しかろう こんなに小さなお前の事だもの お母さんにも会いたかろう ヘイヨー泣くなよーヘイヨー

くろかみ

田端義夫

歌詞:十八の くろかみを ほどかせた あなたよ 旅さきの

ダンディ気質

田端義夫

歌詞:花のキャバレーで 始めて逢うて 今宵ゆるした 二人のこころ こんな男じゃ

ポッポー船

田端義夫

歌詞:船の汽笛が ポーポッ 波にくだけて ポーポッ おんな嫌いの

波止場ブルース

田端義夫

歌詞:男なりゃこそ まともに受ける 辛い浮世の向い風 ああ波止場鴉と 笑はヾ笑え

浅間の鴉

田端義夫

作詞:萩原四朗

作曲:倉若晴生

歌詞:何が哀しい 浅間の鴉 雲の行方が 気がかりか 憶いだすなよ

潮来夜船

田端義夫

歌詞:雨は止んだに晴れたのに 娘船頭さん なぜ泣くの ひとり暮しが 哀しいか

青みかん

田端義夫

作曲:田端義夫

歌詞:小雨そぼ降る 夕まぐれ まずしき父の 酒買うて 帰る小さな

人生悠遊

田端義夫

歌詞:花は花であるように 人にそれぞれ運命あり 肩のちからを抜いたまま 人生悠遊 時代は流れて

昭和三代記

田端義夫

歌詞:親子三代 昭和の産れ 共に語ろう 昔と現代を ふりかえれば

昭和よさらば

田端義夫

歌詞:笑って死んだ 父がいた 黙って耐えた 母もいた あれから春の

田端 義夫(たばた よしお、1919年(大正8年)1月1日 - 2013年(平成25年)4月25日)は、日本の歌手、ギタリスト。本名は田畑 義夫(読み同じ)。第二次世界大戦前から21世紀初頭まで現役歌手として活躍した。愛称はバタヤン。水平に構えて持つ、アメリカのナショナル・ギター社製エレキギターと威勢のよい挨拶がトレードマークであった。 wikipedia