1. 歌詞検索UtaTen
  2. 由紀さおり,安田祥子
  3. 由紀さおり,安田祥子の歌詞一覧

由紀さおり,安田祥子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

トルコ行進曲

ティアララルン ティアララルン ティアララ ティアララ ティアララルン

たき火

かきねの かきねの まがりかど たき火だ たき火だ

里の秋

静かな 静かな 里の秋 お背戸に木の実の 落ちる夜は

緑のそよ風

緑のそよ風 いい日だね ちょうちょもひらひら まめの花 なないろばたけに

花かげ

十五夜お月さま ひとりぼち 桜吹雪の 花かげに 花嫁すがたの

どこかで春が

どこかで春が 生まれてる どこかで水が ながれ出す

月の砂漠

月の砂漠を はるばると 旅のらくだが 行きました

遠くへ行きたい

知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい 知らない海を

霞か雲か

かすみか雲か ほのぼのと 野山をそめる その花ざかり さくらよさくら

かもめの水兵さん

かもめの 水兵さん 並んだ 水兵さん 白い帽子

お花のホテル

青いお風に ゆれている お花のホテルは よいホテル かわいいちょうちょの

野ばら(シューベルト)~野ばら(ウェルナー)

わらべは見たり 野中のばら 清らに咲ける その色めでつ あかずなんがむ

夏だよ 海だよ 音頭だよ

浜辺に父さん 櫓を組んで 大きな太鼓も のっけたよ オレンジの海

エーデルワイス

エーデルワイス エーデルワイス 小さなほほえみ そっと白く きらめく花よ

大きな古時計

大きなのっぽの古時計 おじいさんの時計 100年いつもうごいていた ごじまんの時計さ おじいさんの生れた朝に

この星のどこかで(ドラえもん(新・第1期) ED)

忘れないでこの星に 不思議ひとつ見つけたよ この手のひらで 微かに光る 僕の大事な宝物だよ

一月一日

年のはじめの ためしとて 終わりなき世の めでたさを 松竹たてて

この道

この道はいつか来た道 ああ そうだよ あかしやの花が咲いてる

春の唄

ラララ あかい花束 車につんで 春が来たきた 丘から町へ

可愛い花

プティット・フルール 可愛い花 その花のように いつも愛らしい プティット・フルール

お母さんは春

おかあさんは春です あったかい春です 胸にふんわり 日なたのにおい 背中にやさしい

富士山

あたまを雲の 上に出し 四方の山を 見おろして かみなりさまを

たなばたさま

ささの葉 さらさら 軒ばに ゆれる お星さま

見上げてごらん夜の星を

見上げてごらん夜の星を 小さな星の 小さな光が ささやかな幸せをうたってる 見上げてごらん夜の星を

ハナミズキ

空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと どうか来てほしい 水際まで来てほしい

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ

故郷

兎追いし かの山 小鮒釣りし かの川 夢は今も

庭の千草

庭の千草も 虫の音も 枯れて淋しく なりにけり あゝ

赤とんぼ

夕焼小焼の 赤とんぼ 負われて見たのは いつの日か

ゴンドラの唄

いのち短し 恋せよ乙女 あかき唇 あせぬ間に 熱き血潮の