1. 歌詞検索UtaTen
  2. 真木柚布子
  3. 真木柚布子の歌詞一覧

真木柚布子の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月24日

69 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

美唄の風

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:弦哲也

歌詞:人生は 涙と笑顔の 繰りかえし つまずいて 転んだり

下北半島

真木柚布子

作詞:関口義明

作曲:山木ゆたか

歌詞:いくら好きでも 叶わぬ恋に 泣いて女の 流れ旅 まるであなたが

大和路

真木柚布子

歌詞:「空蝉のあはれ写せし水桶は 揺るる恋唄とほく響きて」 山の辺の道 空青く

ホタルの恋

真木柚布子

作詞:田久保真見

作曲:弦哲也

歌詞:そっと両手で つかまえた 夢が逃げます 浮世川 儚い運命

北の浜唄

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:弦哲也

歌詞:涙も別れも 知りぬいた はぐれ鴎が 飛ぶ港 南部鉄瓶

別れのルンバ

真木柚布子

作詞:水木れいじ

作曲:市川昭介

歌詞:微笑ってサヨナラ言いましょうね 悲しい涙は嫌いよ どんなに激しく燃えた恋も 花のようにみんな散ってゆくのね

愛をありがとう

真木柚布子

作詞:市原まい子

作曲:徳久広司

歌詞:幼い頃の夢を 追いかけて ここまで来たの 苦しいことも今は 笑い話になるわ

ほろ酔い酒

真木柚布子

作詞:石本美由起

作曲:市川昭介

歌詞:お前にゃ苦労の かけ通し いまさら なんです 野暮なこと

春が咲く

真木柚布子

歌詞:えにしの糸で結ばれた 二人は野に咲く夫婦花 寒い北風むかい風 心の春は まだ遠い…

紺屋高尾

真木柚布子

作詞:久仁京介

作曲:弦哲也

歌詞:花魁道中で ございます 花の吉原 花魁道中

砂の城

真木柚布子

作詞:田久保真見

作曲:樋口義高

歌詞:夜明けの蒼さに 染められて こころは淋しい 海の色 ふたりは他人に

大阪マンボ

真木柚布子

作詞:建石一

作曲:杉本真人

歌詞:マンボ マンボ 大阪マンボ アハハン 夢まで酔わせて

いのち花

真木柚布子

作詞:石本美由起

作曲:市川昭介

歌詞:愛されすぎたら 別れが恐い 側に死ぬまで あなたといたい 恋はくれない

歌謡芝居 九段の母

真木柚布子

作詞:石松秋二

作曲:能代八郎

歌詞:上野駅から 九段まで かってしらない じれったさ 杖をたよりに

ひとり松江で

真木柚布子

作詞:大里由知

作曲:山崎剛昭

歌詞:一夜泊まりの この旅は 人目を避ける 宍道湖あたり 好きよ好きです

雪の華

真木柚布子

作詞:石本美由起

作曲:桜田誠一

歌詞:ねえ あなた 愛するために 人は逢い ねえ

足羽川雨情

真木柚布子

作詞:片桐哲郎

作曲:佐野文香

歌詞:お酒覚えた この頃は 思い出ばかり めぐりくる 桜舞い散る

夕紅海峡

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:大戸ひろし

歌詞:空よ海よ 潮風よ 忘れさせてよ あの人を 想い出捨てに

夜叉

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:弦哲也

歌詞:燃やす嫉妬の 二文字を 書けば哀しい 女へん 梳かす黒髪

奥入瀬川

真木柚布子

作詞:木下龍太郎

作曲:久保進一

歌詞:出直すつもりの 旅発ちなのに なんで未練が 袖を引く あなた忘れの

宝船

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:西條キロク

歌詞:富士に白波 朝日を浴びて 今日はめでたい 二人の門出 人生海原

黄昏のルンバ

真木柚布子

作詞:仁井谷俊也

作曲:市川昭介

歌詞:硝子の都会を 染める夕暮れ 髪をなでる 風にさえも 貴方感じるの

しのび酒

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:山崎剛昭

歌詞:一度結んだ 絆の糸は 離れていたって ほどけない あなたひとすじ

涙化粧

真木柚布子

作詞:石本美由起

作曲:市川昭介

歌詞:手鏡に涙 隠して 夜の化粧 口紅をさす 口紅をさす

花友禅

真木柚布子

作詞:石本美由起

作曲:市川昭介

歌詞:帯をほどいて あなたにすがりゃ 夢も心も 燃えたのに それが出来ない恋でした

乱れ舞い

真木柚布子

作詞:石本美由起

作曲:市川昭介

歌詞:燃える身体を あなたに預け 生きた月日の 短かさよ 恋は泡沫

港町ひとり

真木柚布子

作詞:石本美由起

作曲:西條キロク

歌詞:行かないで 行かないで 引き止めて いたいのに 情ないね

三十年の歌語り

真木柚布子

作詞:中嶋年張

作曲:弦哲也

歌詞:楽屋暖簾の表と裏で 書かれた文字に色がある 行くな 行くなと止めながら 背中の影を置いて出る

歌謡芝居「ホタルの恋」

真木柚布子

作詞:田久保真見

作曲:弦哲也

歌詞:昭和20年 桜の便りが届く頃 敗戦色濃い日本軍は、未来ある青年たちに、 特攻と言う悲惨な命令を下し、国の運命を託しました。 その若い命では、大きな使命を背負いきれないことも、大切にする家族や

夜明けのチャチャチャ

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:樋口義高

歌詞:懲りないものね 男の人は すぐに大空 飛びたがるの チャチャチャ

しぐれ坂

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:南郷孝

歌詞:飲んで忘れる 恋ではないわ 泣いて憎める 人じゃない この髪

どこに咲いても花は花

真木柚布子

作詞:もず唱平

作曲:北川朗久

歌詞:ひとは みな花 どこに咲いても 花は花 荒地に咲いても

はっぴーサンバ

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:弦哲也

歌詞:オーレオーレ サンバサンバ オーレオーレ サンバサンバ いつも心に

大阪ブギウギ

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:弦哲也

歌詞:あんな男は くれてやる うちは泣かへん 負けへんで 七色ネオンが

越佐海峡~恋情話

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:弦哲也

歌詞:女恋すりゃ 千里も一里 逢いに行きたや 今すぐに 死ぬも生きるも

雨の思案橋

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:弦哲也

歌詞:夜の丸山 紅い灯ゆれて おんな泣かせの 雨が降る 手摺りにもたれて

さくら月夜

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:弦哲也

歌詞:あの人 吉野の 千本桜 姿よけれど チョイト

花びらひとつ

真木柚布子

作詞:花岡優平

作曲:花岡優平

歌詞:川面に浮かんだ 花びらひとつ 私の哀しみ はこんでおくれ 恋した

紫のマンボ

真木柚布子

作詞:田久保真見

作曲:花岡優平

歌詞:眠れないから 踊りましょう 夜明けが来れば お別れなの こわれた夢の

しあわせ一輪

真木柚布子

作詞:たきのえいじ

作曲:叶弦大

歌詞:思い通りに いくのなら 苦労はしません ねぇあなた 涙

あかね空

真木柚布子

作詞:たきのえいじ

作曲:叶弦大

歌詞:まぶた閉じれば ふるさとが おもいで連れて 見えてくる 春は桜の

夢追い舟唄

真木柚布子

作詞:たきのえいじ

作曲:叶弦大

歌詞:お酒呑むたび 酔うたびに 過ぎたあの日が 近くなる 二度も三度も

ふられ上手

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:樋口義高

歌詞:壊れたヒール ぶらさげて 追いかけるよな がらじゃない 本気にさせて

紅吹雪

真木柚布子

作詞:下地亜記子

作曲:樋口義高

歌詞:たとえば阿修羅の 明日でも たとえば離れて 生きようと あなたは私の

別離の雨

真木柚布子

作詞:三浦康照

作曲:徳久広司

歌詞:あなたと暮らした この部屋で 思い出グラスに ついだワインを ひとり飲むのよ

酒とバラ

真木柚布子

作詞:上田紅葉

作曲:花岡優平

歌詞:赤いルージュを 吐息で濡らし ひとり飲む酒 苦い酒 来ない誰かを

ここは日本海 浜坂の駅

真木柚布子

作詞:堂園なを子

作曲:徳久広司

歌詞:大阪発の はまかぜで 私ひとりの旅に出る 優しい面影 恋しくて

入道崎

真木柚布子

作詞:関口義明

作曲:山木ゆたか

歌詞:人のうわさを 逃がれる旅の こころは冬の 空つづき さよなら…あなた

えにし川

真木柚布子

作詞:たきのえいじ

作曲:叶弦大

歌詞:情ほしさに 涙をしぼる しぼる涙が 又からむ 心束ねた

大阪ドドンパ

真木柚布子

作詞:荒木とよひさ

作曲:弦哲也

歌詞:惚れて 本気で 惚れて 泣いて 朝まで