1. 歌詞検索UtaTen
  2. 石原裕次郎
  3. 石原裕次郎の歌詞一覧

石原裕次郎の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

想い出はアカシア

きれいになったね あのころよりも 幸せなんだろ あいつとふたり めぐり逢えたら

赤いハンカチ

アカシヤの 花の下で あの娘が窃っと 瞼を拭いた 赤いハンカチよ

ゆうすげの花

誰にも知られずに 日暮れに咲き 夜明け待たずに 散って行く 私は悲しい

北の旅人

たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを

王将・夫婦駒

あばれ香車なら どろんこ桂馬 乱れ角行なら むかい飛車 坂田三吉

勇者たち

雨が上がれば 虹が立つ 嵐すぎれば 鳥が舞う それが人生の

夜霧よ今夜も有難う

しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える

嘆きのメロディー

淋しい背中を たとえ丸めても ひきずるその影は 消せはしない 過去を話せば

ブランデーグラス

これでおよしよ そんなに強くないのに 酔えば酔うほど 淋しくなってしまう 涙ぐんで

サヨナラ横浜

別れの夜を 残り火の 恋の炎で 飾ろうか サヨナラ横浜

倖せはここに

秋の夜は更けて すだく虫の音に 疲れた心いやす 吾家の窓辺 静かにほのぼのと

思い出さがし

久し振りねと うしろから ぽんと背中を 叩いた人がいる 振り向けばなつかしい

ささやき

静かな雨に 濡れて来たから 君はマロニエの 香りがするよ 今夜は歌も

こぼれ花

紅い 野薔薇が ただひとつ 荒野の隅に 咲いている

夜霧の慕情

愛しても 愛しても 愛しきれない 君だった 夜霧の中に

泣かせるぜ

離さない もう離さない すがりつく あの娘の 長いまつげが

小樽のひとよ

逢いたい気持が ままならぬ 北国の街は つめたく遠い 粉雪まいちる

錆びたナイフ

砂山の砂を 指で掘ってたら まっかに錆びた ジャックナイフが 出て来たよ

おれの小樽

夕陽とかした 海に染められて 子ども二人が 家路を駈けて行く かえらぬ昔の

パパとあるこう

空行く雲が お前にみえた 五月の町は バラの香りさ そうさ

雪国の町

川の澱みに 石を投げる 何という寂しい 水の音か 思い出は

勝負道

なんぼ阿呆でも 生命はあるで そんじょそこらの 生命やないで 勝負の道は

狂った果実

夏の陽を 浴びて 潮風に揺れる 花々よ 草蔭に結び

波浮の港

磯の鵜の鳥ゃ 日暮れにゃかえる 波浮の港にゃ 夕やけ小やけ あすの日和は

クロスオーバー・ラブ

夏がまだ 終らないのに 秋がもうしのびよる クロスオーバー クロスオーバー

東京ラプソディー

花咲き花散る宵も 銀座の柳の下で 待つは君ひとり 君ひとり 逢えば行く

白い花の咲く頃

白い花が咲いてた ふるさとの とおい夢の日 さよなら と云ったら

港町 涙町 別れ町

港町 別れ町 未練に けむる町 明日は離れて

上海ブルース

涙ぐんでる 上海の 夢の四馬路の 街の灯 リラの花散る

夜の足音

足音が 聞こえてくるぜ 真夜中の 俺の心に 裏町の