1. 歌詞検索UtaTen
  2. 稲垣潤一
  3. 稲垣潤一の歌詞一覧

稲垣潤一の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

遅れてきたプロローグ

たとえば 君でなきゃ どうして いただろう 光の中

rhymelight

それはやさしく包み込むような twilight ふたりの距離が近づいていく tonight むじゃきにはしゃぐ悪戯な目に

時の岸辺

時の岸辺 僕は1人立ちながら 愛の背中を 見送っていたよ

終着駅

いつもの街が いつもと違う 僕たちの角度が 離れた分だけ

愛のスーパーマジック

どこにいても、何してても 君のことを 忘れたことはない だから 安心して

誰より好きなのに Duet with 柴咲コウ

「君には何でも話せるよ」と笑う顔が淋しかった あの夜 重ねたくちびるさえ忘れようとしてるみたい もう一度出会った頃に戻れたなら もっと上手に伝えられるのに

夏のクラクション

海沿いのカーブを 君の白いクーペ 曲がれば夏も終る・・・ 悪いのは僕だよ 優しすぎる女に

007のテーマ~ロシアより愛をこめて

From Russia with love 逢いたい

追憶のバラード

空の 何処かで 星に 帰った君が 守ってる

Mr.サマータイム Duet with 辛島美登里

ミスター・サマータイム さがさないで あの頃の私を ミスター・サマータイムあの夏の日 つぐなえる何かが欲しい

さらば愛しき人よ

埠頭横切る風に 錆びついた時刻表 乗り継ぐバスが見える どうして出逢ったのか

唇を動かさないで

2人の話はもう これで終わりにしよう 君が少しずつ 遠い人に 思えて来るから

男と女

シーツを巻いている おまえの細い躰 濡れた髪を 指で梳いて おしまいねと

オーシャン・ブルー

迷い込んだよ 不思議な時刻に 眠いきみにくちづけ テラスに出てみる 遠いハイウェイ

夕焼けは、君のキャンバス

キミは欲ばりlady 夕焼けを浴びながら 「虹が見たい」なんて くちびるとがらせてさ 黄昏bay

いちばん近い他人

夜のタクシー 電話で呼んで あと10分が 僕たちの残り時間 部屋に来たのは初めてじゃないけれど

クリスマスキャロルの頃には

クリスマスキャロルが 流れる頃には 君と僕の答えも きっと 出ているだろう

ロング・バージョン

約束しないと責めて 泣き疲れた姿勢のままに いつか軽い 寝息の君は 急にあどけない顔して

ONandON

いろんなこと変わったね テレビは薄くなって メールやネットや 電気のクルマも

1・2・3

行き場を失って 迷路にまよいこむ 僕だけじゃないはず よくある事

花は咲く Duet with 森麻季

真っ白な 雪道に 春風香る わたしは なつかしい

真夜中のドア~Stay With Me Duet with GILLE

To you… yes, my love

愛を急がない

欅通りの途中の オープンカフェの端 先に来ていた 君の横顔 僕は眺めてた

恋するカレン

キャンドルを暗くして スローな曲がかかると 君が彼の背中に 手をまわし 踊るのを

UP TO YOU

窓の遠い時計台 文字盤が見えれば もうすぐ夜明けだ 君はからっぽのチェスト ひじで

あなたがすべて

初めて逢ったあの日から 僕の心を虜にした 今までの恋じゃない どこかが特別さ 最後の女だろう

ドラマティック・レイン

今夜のおまえは ふいに 長い髪 ほどいて 光るアスファルト

上手な恋の終わり方

君が決めなよ それで構わないよ 借りていた恋を 今夜返すから

哀しみのAngel

なぜか心の奥が少し痛みだす こんな時に限り 澄んでいる空 もしもあのときに

リンダ Duet with NORA

Hey Linda 泣いてばかりの 恋はもう終わったの さあ