稲葉浩志の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

羽(名探偵コナン OP)

乾いた冷たい風 針のように Sting シンとした空気の中 春が始まる

Overture(名探偵コナン ED)

やみそうもない雨の滴 窓辺ではでに飛び散って 鳥の声もエンジンの音も 遠く綺麗にぼやける

BLEED(龍が如く 極 OP)

痛いくらいによくわかっている ほんの少し歪んだハート それをあなたに知ってて欲しい なんていうのは俺の甘え

遠くまで

歩こう 肩をよせて どんより滲む空の下 二人 呼んでくれ

AKATSUKI

涙さえ流れない夜に 煌めく星を見て 気の遠くなるよな距離を想い カーテンを閉めきった

赤い糸(結界師 ED)

見慣れた町 ゆっくり吹き抜ける風 ふたりして いつものペースで歩いてる

主人公

選ばれた人でありたい あるはずだと くいさがってきたけど でもどうやら ボクはまったくフツーらしい

幸福への長い坂道

空へと向かってのびる 長い坂道のぼれば その先に幸せがあるはずと いつか誰かに教わった

Bicycle Girl

自転車のきみが僕を追い越す さらりとした かろやかな朝 肩にかかった髪 舞い

photograph

手帳にいつも隠してある あの人の写真 少しも色褪せることはない 石垣のある公園の桜の下 晴れているけど

この手をとって走り出して

昼間の映画館を出て まぶしさに目を細め 苦笑いする顔 きらいじゃないよ ほんとに

イタイケな太陽

ああ 初めて君を見てから 何年何ヵ月何日だろう ああ 燦然たる笑顔見せられて

マイミライ

やたらこまめにメールおくらないで 悪さしません 大丈夫 心配してくれるのはアリガト アナタはトテモ

SAIHATE HOTEL

夕陽に向かい みんな帰りたい でもぎっしりの高速道路 クワガタみたい ヘリは自衛隊

孤独のススメ

みんながいるなら ひとまずは安心と ぞろぞろ渡ってしまった赤信号 右も左も見ることなく流れに身を任す 妙な連帯感

Tamayura

不細工に揺れる 心が嫌になり 自由を知りたくて 手あたりしだいに やせっぽっちの体傷つけて

あの命この命

あの命この命 どちらがどれだけ重いんでしょう 何もかも 消えてゆく せめてあのぬくもりよ永遠に

GO

何をそんなにふるえる? 時計ばかりを気にして 誰も追ってこないよ 髪は風になびいて行く先を教えてる 後戻りなんてないよ

水路

Long time ago この小径沿いに 水の流れがあったという

ルート53

南北に走る車のタイミング見て 一斉に駆け抜ける 渡っちまえばそこには 高架下 秘密を持ち寄った小さな宇宙

The Morning Call

朝もやを切りさくように 黄金色に海が輝いたよ 神さまでもいそうな 気配がして思わず

Okay

感動的な足どりで 坂を上ってゆくのはアナタ とりとめのないことで 友と心の底から はしゃいでいる

横恋慕

首すじを ちろりと 汗が這って落ちる 思わず 見とれてる

透明人間

透明人間みたいに どこでもゆける うらやましいだろ 教室の中でも 廊下を走っても

JEALOUS DOG

もっとボクに 優しく笑いかけてほしい なるべくボク一人だけに あいつのつまらない ジョークに

くちびる

Woman 目と目を 合わせられない 僕を見て Oh,

Cross Creek

文句無く綺麗な姿で ペリカンたちが飛んで行って 波の打ち寄せる河口沿い 小さな教会で 誰か静かに結婚してる

Golden Road

不思議な匂い漂う金色のトンネル 朽ち輝く銀杏がくるくるまわる 見えてるつもりの出口は なかなか近づいてきやしない

友よ

日曜日の空港で いつまでも手を振って 見送ってくれた 夕陽のようなその姿

エデン

なぜここまで僕らは 盛りあがれるの 古着屋でも本屋でも 散歩してるだけでも 別に何も買わなくても