1. 歌詞検索UtaTen
  2. 稲葉浩志
  3. 稲葉浩志の歌詞一覧

稲葉浩志の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

羽(名探偵コナン OP)

乾いた冷たい風 針のように Sting シンとした空気の中 春が始まる

Overture(名探偵コナン ED)

やみそうもない雨の滴 窓辺ではでに飛び散って 鳥の声もエンジンの音も 遠く綺麗にぼやける

とどきますように

わかるもんじゃない そうは簡単に 人の気持ちなんて ねぇ? 神様

Tamayura

不細工に揺れる 心が嫌になり 自由を知りたくて 手あたりしだいに やせっぽっちの体傷つけて

O.NO.RE

どうしたらねぇいかした人間になれる? まだまだ奥は深いのう アタマん中で限界値を設定して 型にはまってほっとしてる

横恋慕

首すじを ちろりと 汗が這って落ちる 思わず 見とれてる

Here I am!!

愛もないのに来ないで やさしいフリのフリしないで 目と目があって微笑んでくれたような思わせぶりの妙なそぶり 百戦錬磨の口説く

Soul Station

手を洗わず TVも消し忘れ 浅い眠りに揺られる だれとも口をきかない日はよくあるよ 別にたいしたことじゃない

赤い糸(結界師 ED)

見慣れた町 ゆっくり吹き抜ける風 ふたりして いつものペースで歩いてる

泣きながら

泣きながら 一日が終わってしまうのは やっぱり悲しい せめて目を閉じる前には 優しくおやすみを

なにもないまち

カーテンを閉め忘れ 朝日が僕にたずねる ひとりで眠るベッドは ちょっと広すぎやしないかい パンにかじりつきながら

水路

Long time ago この小径沿いに 水の流れがあったという

Seno de Revolution

信号ばっか見てないで 自分の感覚 磨いてちょうだい 新聞はいつも絶対じゃないぜ やばい添加物有り

BLEED(龍が如く 極 OP)

痛いくらいによくわかっている ほんの少し歪んだハート それをあなたに知ってて欲しい なんていうのは俺の甘え

エデン

なぜここまで僕らは 盛りあがれるの 古着屋でも本屋でも 散歩してるだけでも 別に何も買わなくても

マイミライ

やたらこまめにメールおくらないで 悪さしません 大丈夫 心配してくれるのはアリガト アナタはトテモ

AKATSUKI

涙さえ流れない夜に 煌めく星を見て 気の遠くなるよな距離を想い カーテンを閉めきった

今宵キミト

音もなく ろうそくが燃えているよ その横顔を じっと見ながら たまにはこんなのも

幸福への長い坂道

空へと向かってのびる 長い坂道のぼれば その先に幸せがあるはずと いつか誰かに教わった

眠れないのは 誰のせい

やけに痛いと 思ったら 胃に りっぱな穴が あいてたんだ

Little Flower

夜更けのひとりごと 月も笑って眺めてるよ 今までの僕は ひび割れたグラスだと ぽっかりあいた穴から

CAGE FIGHT

毒がゆるく回るように 気分が重くなる 信号を待ってたらこの街が 檻に見えたよ

この手をとって走り出して

昼間の映画館を出て まぶしさに目を細め 苦笑いする顔 きらいじゃないよ ほんとに

すべての幸せをオアズケに

月曜日の街で聞かれた 今あなたは幸せですか 歩きながら 笑って答えた いいえ

風船

風船が 浮かんでいる 二人の間に 浮かんでいる ちくちく

Symphony #9

止まない symphony 切ない melody 朝な夕な弾けて飛び散る

友よ

日曜日の空港で いつまでも手を振って 見送ってくれた 夕陽のようなその姿

リトルボーイ

「幸せをどうもありがとう。」 あのおばあさんはそう言って 妙ににっこり手をふりながら エレベーター降りていったよ

SAIHATE HOTEL

夕陽に向かい みんな帰りたい でもぎっしりの高速道路 クワガタみたい ヘリは自衛隊

冷血

きみはきみの 思うように 生きろ ぼくはぼくの したいように