1. 歌詞検索UtaTen
  2. 竹原ピストル
  3. 竹原ピストルの歌詞一覧

竹原ピストルの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

よー、そこの若いの(住友生命 1UP)

とかく忘れてしまいがちだけど とかく錯覚してしまいがちだけど 例えば桜やらひまわりやらが 特別あからさまなだけで 季節を報せない花なんてないのさ

隠岐手紙(TVアニメ 中間管理録トネガワ エンディングテーマ)

雨音に微睡み 眠り 雨音に小突かれ目を覚ます 見送られてたまるかで置き手紙 "傘、盗んでくよ。

狼煙

マイクチェックなし 唐突に言葉の雨降らし 辻斬りに明け暮れる暮らし シーンの最底辺でエンターテイメント 野次を声援にひっくり返して

オーバー・ザ・オーバー

昨日よりこれっぽっちでも速く。。 昨日よりこれっぽっちでも強く。。 繰り返して繰り返して 繰り返してきた道のり

それじゃただの大人だろ(グリコ メンタルバランスチョコレート GABA WEBムービー「FIGHT×STRESS」)

取り返しのつかないところまで 突っ走って 突っ走り方を取り返すのさ はじめから道なんてないのに 踏み外すことを恐れて

どーん!とやってこい、ダイスケ!

思い通りにはいかないってことを 知る為にはまず 思った通りにやってみる必要があるんだ どーん!とやってこい、ダイスケ!

Mother

悲しいことがあるたびに あなたの顔が目に浮かぶ いつでも そっと 手を広げ

東京一年生

左手で描いた似顔絵のよう あやふやな旅支度 体のこっち側にかいた汗が薄まっていくような気がして お水がおいしい朝 お水だけがおいしい朝

ぼくは限りない~One for the show~

滲んだ夕焼けを背に ぽんこつギターを背に カラスは街から家路に ぼくは旅路から街に 仕事を終えたあなたに向けて

Here we go!!

空よりも空っぽなポケット 放り込み放題の未来 何番ホームでも大丈夫 きっとたどり着けるはずなんだ 粉雪と桜の境界線またいで

俺のアディダス~人としての志~

俺のアディダス。こいつはここだけの話。 俺のアディダス。こいつはあの人への誓いの証。 俺のアディダス。俺なりの人としての志。 俺のアディダス。俺のアディダス。

名も無き花

昨日も眠ってない 今日も眠れない 一体 いつになったら疲れるのか ぼくは元気にしています

ルート トゥ ルーツ

一歩 二歩 三歩 ってふえていく分 三歩

ドライブトライブ~初代機材車,二郎号に捧ぐ~

君が苦しそうに肩で息をしている 傷だらけの両手両足をふるわせながら 泥まみれの横顔 輝きのあせた瞳 今まで無茶させてごめんな

Amazing Grace

ミジンコくらいにちいさくなって あなたの頭の上を探検したい こっそりとこっそりとあなたの白髪を 勝手に黒く染めてあげたい

ママさんそう言った Hokkaido days

日、月、火、水、木、金、土、きーぽん、来る日も来る日も結び直すくつひも 数打って全弾命中させる理論、 ギターしょいこんで向かうススキノ 胡散臭げなビルの

じゅうじか

残ったものはくたびれた約束と 歪んだ足跡といつかのあの歌 忘れるためなのか覚えておくためなのか 夕べは夕べでこれまた必要以上に飲んだ

オールドルーキー

散々好き勝手に 叫び散らして生きてきたから すっかりうってつけの声になってしまったよ 君にラブソングを歌って聴かせるには うってつけの情けない声になってしまったよ

狼煙朗読 ~Live at京都大作戦 2017~

マイクチェックなし 唐突に言葉の雨降らし 辻斬りに明け暮れる暮らし シーンの最底辺でエンターテイメント 野次を声援にひっくり返して

ゴミ箱から、ブルース(ドラマ バイプレイヤーズ エンディングテーマ)

はじめから何も持ってなかったのに 失くしたも何もないだろうによ やたらとポケットをほじくる癖がなおらないうちは 猫背もなおらないさ

高千穂峠のこいのぼり~ワルフザケガスギルMIX ~

風よふけ もっとふけ そうそうその調子 もっとふけ

本庄のド根性

重量戦車達の仁義なき宴 国体アマチュアボクシング競技 青年の部ライトミドル級トーナメント いよいよ決勝の時が来たようだぜ 一発勝負

いくぜ!いくか!いこうよ!

遥かの街に夕日を放り投げて ふと見上げた瞬きは さて 何番星くらい?

Forever Young(ドラマ バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜 エンディングテーマ)

何をどうしても 眠れない夜は 何が何でも 眠っちゃいけない夜さ

辞世の句

結局 全てが中途半端になろうとも 半端じゃなく楽しめたのなら 結局 それが全てだろ

高円寺

台風のくるくるが季節を早送りしたんだろうか。 さすがにまだ暑いな、と思いつつもカッコつけで着ていた革ジャン。 陽が落ちるなりのこの寒気をまるで予言していたかのように、 結果的にはちょうどいい塩梅にあったかいな。

へっちゃらさ、ベイビー

バイクに乗る夢をみたんだ。 だから目が覚めたらすごくバイクが欲しくなってた。 バイクが欲しいなぁって、目をこすったんだ。 トンネルを抜けた先には、きっとただトンネルを抜けた先があるだけだよ。

3センチの歌

3センチ 雲が動いて 3センチ お日様が顔を出した 3センチ

わたしのしごと

どうせころがり落ちるなら はじめから床で眠るさ 甘い夢を見たいなら きっとそれが賢明さ

俺たちはまた旅に出た

勝たなきゃ先に進めないのがトーナメント表。 勝たなくても先に進めるのがあみだくじ。 どちらにもエントリーすることができなかった俺たちが 千鳥足で進むのがこの細く入り組んだ路地裏だよ。