1. 歌詞検索UtaTen
  2. 米津玄師
  3. 米津玄師の歌詞一覧

米津玄師の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2019年12月8日

82 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

Lemon(ドラマ 「アンナチュラル」 主題歌) 人気!

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:夢ならばどれほどよかったでしょう 未だにあなたのことを夢にみる 忘れた物を取りに帰るように 古びた思い出の埃を払う

LOSER

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:いつもどおりの通り独りこんな日々もはや懲り懲り もうどこにも行けやしないのに夢見ておやすみ いつでも僕らはこんな風に ぼんくらな夜に飽き飽き また踊り踊り出す明日に出会うためにさよなら

リビングデッド・ユース

米津玄師

作詞:Kenshi Yonezu

作曲:Kenshi Yonezu

歌詞:さあ 目を閉じたまま歩き疲れた この廃墟をまたどこへ行こう そう 僕らは未だ大人になれず

ララバイさよなら

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:痛みも孤独も全て お前になんかやるもんか もったいなくて笑けた帰り道 学芸会でもあるまいに

ゆめくいしょうじょ

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:ブーゲンビリアの花が咲いた 給水塔の上で 迷い星を探している 皺枯れの空まで

メランコリーキッチン

米津玄師

作詞:Kenshi Yonezu

作曲:Kenshi Yonezu

歌詞:あなたの横顔や髪の色が 静かな机に並んで見えた 少し薄味のポテトの中 塩っけ多すぎたパスタの中

メトロノーム

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:初めから僕ら出会うと決まってたならば どうだろうな そしたらこんな日がくることも 同じように決まっていたのかな

ミラージュソング

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:いつだって僕は 君の髪の毛を撫でたいと思った その声はいつか消えてしまうからさ 明日の世界がまた少し近づくたびに僕は 残された今日を感じ

MAD HEAD LOVE

米津玄師

作詞:Kenshi Yonezu

作曲:Kenshi Yonezu

歌詞:ああ 煮えたぎる喉の奥 どんどろりんと言葉が溶けていく もう愛から愛へ愛されて愛まで 脳みそ全部そんな感じ

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:街の真ん中で 息を吸った 魚が泣いた 全て変わってしまった 砂が落ちた

ポッピンアパシー

米津玄師

作詞:Kenshi Yonezu

作曲:Kenshi Yonezu

歌詞:簡単なことすらもう覚えてない 今どうしようもないほど間違いでいっぱい 頭の中ペンキ溢してしまったのさ 明確な意志もなかったなら 今感情もなにもが信用にならん

ホラ吹き猫野郎

米津玄師

作詞:Kenshi Yonezu

作曲:Kenshi Yonezu

歌詞:そんなこんな言う間に日が落ちて スチャラカどこ行く帰り道 恋は水色 鳴く蛙 豆腐のラッパ

ホープランド

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:誰かが歪であることを 誰もが許せない場所で 君は今どこにも行けないで 息を殺していたんでしょう

ペトリコール

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:これは夢かもしれない 深く霧の立ちこめた場所で 一人歩き続けた 何処へ向かうのかわからないまま 今何の当てもなく意味も見つからず迷いだす

Black Sheep

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:素晴らしい一日 始まる頃には夜に暮れる 過ぎ行く毎日 手を振ることすら忘れたまま いつか注いだ水が腐っていったんだ

フローライト

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:君が街を発つ前の日に 僕にくれたお守り それが今も輝いたまま 君は旅に出ていった 今は何処で何をしているかな

Flamingo(SONY 完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」CMソング)

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:宵闇に 爪弾き 悲しみに雨曝し 花曇り 枯れた街

笛吹けども踊らず

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:でもなんでこうなったんだ ここで今何してんだ ギラギラの目の人たちにあらぬ疑いをかけられて 沢山の流言飛語が 息巻いて飛び交う部屋に

ピースサイン(アニメ 僕のヒーローアカデミア オープニング テーマ)

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:いつか僕らの上をスレスレに 通り過ぎていったあの飛行機を 不思議なくらいに憶えてる 意味もないのに なぜか

vivi

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:悲しくて飲み込んだ言葉 ずっと後についてきた 苛立って投げ出した言葉 きっともう帰ることはない

百鬼夜行

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:ちゃんちゃらおかしな出で立ちで また酒呑み呷れど日は暮れず つまらん顔して街を行く ほらあれこれ言うては酔い散らす いや

翡翠の狼

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:孤独の寂しさ噛み砕いて 沸き立つ思いに耳を傾けて 泥濘踏みつけ歩いていけ 嵐の中涙流しながら 翡翠の狼はまた嘆く

乾涸びたバスひとつ

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:小さなバスで暮らしている 少女はいつでも待っている ひとり 呆けた色に変わっている 緑の木目と蛍光灯

飛燕

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:翼さえあればと 灰を前に嘆いていた 鳥のように飛んでいく あの雲に憧れて

パプリカ(東京2020公認プログラム NHK 2020 応援ソング プロジェクト)

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る 遊び回り 日差しの街

花に嵐

米津玄師

作詞:Kenshi Yonezu

作曲:Kenshi Yonezu

歌詞:雨と風の吹く 嵐の途中で 駅は水面に浮かんでいる 轍が続いて遠い靄の向こう ひとりで眺めて歌っては

灰色と青 ( + 菅田将暉)

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:袖丈が覚束ない夏の終わり 明け方の電車に揺られて思い出した 懐かしいあの風景 たくさんの遠回りを繰り返して 同じような街並みがただ通り過ぎた

ナンバーナイン(ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 〜漫画、9 番⽬の芸術〜」 公式イメージソング)

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:歩いていたのは 砂漠の中 遠くに見えた 東京タワー 君の抱いていた

ドーナツホール (COVER)

米津玄師

作詞:HACHI

作曲:HACHI

歌詞:いつからこんなに大きな 思い出せない記憶があったか どうにも憶えてないのを ひとつ確かに憶えてるんだな もう一回何回やったって

鳥にでもなりたい

米津玄師

作詞:Kenshi Yonezu

作曲:Kenshi Yonezu

歌詞:あなたが愛してくれないなら あたしは生きてる意味なんてないわ 今更どこへもいけないなら きれいな鳥にでもなりたいわ

TOXIC BOY

米津玄師

作詞:Kenshi Yonezu

作曲:Kenshi Yonezu

歌詞:大変だ 心溶け出して辛い ねえ、あんたの持ってる錠剤頂戴 ドキドキワクワク飛び出してみたい もう、どうにも体を止められやしない

トイパトリオット

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:僕は君の友達 君の愛を守るパトリオット ずっと遠くの斜陽から 君の姿を見つけたよ

でしょましょ

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:如何でしょ あたしのダンスダンスダンス ねえどうでしょ? それなりでしょ? 一人きり

ディスコバルーン

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:嫌いだ嫌いだ あなたが嫌いだ 何処かへ消えてしまえばいい 嫌いなあなたは 風船みたいだ

駄菓子屋商売

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:さあさ始まる新時代までの 声もなくなった幾千年 とうに廃れた知識なんてほら 全部全部全部置いて行け

旅人電燈

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:ぼくは古い電燈砂漠の真ん中でひとり 空に穴が開いてあかりが漏れる夜 凍えた砂の上 墓標の立ち並ぶ場所で

砂の惑星 (+初音ミク)

米津玄師

作詞:ハチ

作曲:ハチ

歌詞:何もない砂場飛び交う雷鳴 しょうもない音で掠れた生命 今後千年草も生えない 砂の惑星さ こんな具合でまだ磨り減る運命

シンデレラグレイ

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:ねえどうして、そうやってあたしのこと馬鹿にして 優しさとか慰めとか与えようとするの? その度々に惨めな思いが湧いてきて どうしようもない気持ちになるってわかってないの?

心像放映

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:心像放映 私に心を見せてくれ 心像放映 火星の果てから声がする

抄本

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:この街は この街は 生まれてきたままで 意味もなく 愛されたい

春雷

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:現れたそれは春の真っ最中 えも言えぬまま輝いていた どんな言葉もどんな手振りも足りやしないみたいだ その日から僕の胸には嵐が 住み着いたまま離れないんだ

しとど晴天大迷惑

米津玄師

作詞:Kenshi Yonezu

作曲:Kenshi Yonezu

歌詞:超弩級 火を吐く猿 天からお目覚め大迷惑 街という街を潰し 誰彼々も大わらわ

懺悔の街

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:いつの日か気がついたら 作り笑いが上手くなりました 街の角を曲がりくねって 繰り返してここまで来ました どの角でどの往来で間違えたんだ

サンタマリア

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:掌をふたつ 重ねたあいだ 一枚の硝子で隔てられていた ここは面会室 あなたと僕は

再上映

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:ここは劇場街 いくつもの映画を 只ひたすら映しだす 退屈な街 光ばかり目立つ

ごめんね

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:バカみたいな夢を 笑わないで聞いてほしい 日が暮れる前に 話しておきたい

ゴーゴー幽霊船

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:ちょっと病弱なセブンティーン 枯れたインクとペンで絵を描いて 継いで接いでまたマザーグース 夜は何度も泣いてまた明日

こころにくだもの

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:泣きたいときは歌うのさ 美味しいくだもの言葉に乗せて そしたら不思議なくらいにさ 気持ちが安らぐんだ

恋と病熱

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:好きなことが 少なくなり 嫌いなことが 沢山増えた 窓に滲む雲を見ていた

クランベリーとパンケーキ

米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

歌詞:不意に見かけたブロンズの女神の お臍に煙草擦り付けて笑う 思い返せば馬鹿げている 大体そんな毎日 その日限りの甘い夜を抜け

米津 玄師(よねづ けんし、Kenshi Yonezu、1991年3月10日 - )は、日本出身のシンガーソングライター、イラストレーター、映像作家である。徳島県出身。本名同じ。所属レーベルはソニー・ミュージックレコーズ。身長188cm。血液型はO型。 wikipedia