1. 歌詞検索UtaTen
  2. 細川たかし
  3. 細川たかしの歌詞一覧

細川たかしの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2019年10月14日

102 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

北酒場

細川たかし

作詞:なかにし礼

作曲:中村泰士

歌詞:北の酒場通りには 長い髪の女が似合う ちょっとお人よしがいい くどかれ上手な方がいい 今夜の恋は煙草の先に

矢切の渡し

細川たかし

作詞:石本美由起

作曲:船村徹

歌詞:「つれて逃げてよ……」 「ついておいでよ……」 夕ぐれの雨が降る 矢切の渡し 親のこころに

冬嵐

細川たかし

作詞:冬木夏樹

作曲:岡千秋

歌詞:吹雪舞い散る 北の海 今日もしばれて 冬嵐 一の糸・・・

浪花節だよ人生は

細川たかし

作詞:藤田まさと

作曲:四方章人

歌詞:飲めと言われて 素直に飲んだ 肩を抱かれて その気になった 馬鹿な出逢いが

望郷じょんから

細川たかし

作詞:里村龍一

作曲:浜圭介

歌詞:津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達者か 変わりはないか ふる里恋しや

凍れ船

細川たかし

作詞:新條カオル

作曲:岡千秋

歌詞:波のしぶきに 銀鱗が咲いて 度胸一番 北海漁場 海の仕事は

佐渡の恋唄

細川たかし

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:佐渡へ佐渡へと 流れる雲に のせてゆきたい わたしのこころ 離れて四十九里

六つの星

細川たかし

作詞:能丸武..

作曲:中山大三郎

歌詞:汗と涙を流した数で 明日の勝負に賭けてみろ 運命の星はめぐるとも いのち燃やせよ男花 未来をつくる

正調おそ松節(おそ松くん(新) OP)

細川たかし

作詞:秋元康

作曲:見岳章

歌詞:うちの父ちゃんは サラリーマン 満員電車が 我が人生 足も踏まれりゃ

おそ松くん音頭(おそ松くん(新) ED)

細川たかし

作詞:森雪之丞

作曲:中山大三郎

歌詞:おそ松のズボンを カラ松がはいて チョロ松のシューズを 一松 取っ替えて

さよならイエスタデイ

細川たかし

作詞:前田亘輝

作曲:春畑道哉

歌詞:別れ間際には 無傷じゃいられない やるせないお互いに 涙の初恋

櫻の花の散るごとく

細川たかし

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:生者必滅 この世は夢かまぼろしか 櫻の花の 散るごとくなり 山が動く

応援歌、いきます

細川たかし

作詞:糸井重里

作曲:岩崎元是

歌詞:あー あー あー 一、ツイているとか ああいないとか

母恋鴉

細川たかし

作詞:沢島正継

作曲:弦哲也

歌詞:年に一度は 必ず通る 誰がつけたか 母恋鴉 行こか戻ろか

城崎恋歌

細川たかし

作詞:柚木由柚

作曲:弦哲也

歌詞:からくりかるたは もう終わり 手のひらの 先から こぼれて消えました

いのち舟

細川たかし

作詞:石本美由起

作曲:船村徹

歌詞:乗せて下さい この世の川を 渡り切るには 舟がいる えにし結んだ

津軽じょんがら節

細川たかし

作詞:青森県民謡

作曲:青森県民謡

歌詞:ハアー お国自慢の じょんがら節よー 若衆唄えば 主人の囃子

港夜景

細川たかし

作詞:木末野奈

作曲:大野弘也

歌詞:淋しがりやの お前を 一人にさせて 来たくはなかった 気ままなくらしで

心のこり

細川たかし

作詞:なかにし礼

作曲:中村泰士

歌詞:私バカよね おバカさんよね うしろ指 うしろ指 さされても

夜明けの出船

細川たかし

作詞:池田充男

作曲:伊藤雪彦

歌詞:振りむくな 振りむくな みれんになるから 振りむくな 雨の港で

北の尋ね人

細川たかし

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:逢いたい ひとめ逢いたくて はるばると海峡 星と流れて 越えてきた

北緯五十度

細川たかし

作詞:中山大三郎

作曲:望月吾郎

歌詞:涙 黒髪 えりあし おくれ毛 小指

冬の宿

細川たかし

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:わたしひとりの あなたにしたい それはやっぱり むりですね 逢えば指の先までも

カスマプゲ

細川たかし

作詞:鄭斗守..

作曲:朴椿石

歌詞:海が二人を 引き離す とても愛しい 人なのに 波止場を出て行く

雪國

細川たかし

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:好きよあなた 今でも今でも 暦はもう少しで 今年も終わりですね 逢いたくて恋しくて

ああ、いい女

細川たかし

作詞:星野哲郎

作曲:叶弦大

歌詞:傘の要らない 恋雨が 胸をつきさす 朝の駅 手枕ゆえに

満天の船歌

細川たかし

作詞:松井由利夫

作曲:大沢浄ニ

歌詞:ドンと舳先で 砕ける波を 被りゃ飛沫が 命の華になる 千島海流

湯けむり情話

細川たかし

作詞:石本美由起

作曲:南郷孝

歌詞:別れられない あなたが好きよ 身体が火となる 湯けむりの宿 どうにもならない

一緒に暮らそう

細川たかし

作詞:いではく

作曲:遠藤実

歌詞:とまどう時に 上目づかいで 爪をかむ くせはなおって ないんだね

おんなの春

細川たかし

作詞:中山大三郎

作曲:八木架寿人

歌詞:あなた教えて 私の行く道を いまのままで ついて行けば 明日が来ますか

屋久島

細川たかし

作詞:おのりく

作曲:井上慎二郎

歌詞:ハァ~ 島の男はヨ~ ホ~ 強く {気高:the

あやいろの恋

細川たかし

作詞:柚木由柚

作曲:弦哲也

歌詞:あやいろ なないろ 恋のいろ 雨はしんしん 泣きぬれて

釜山港へ帰れ

細川たかし

作詞:黄善友..

作曲:黄善友

歌詞:椿咲く 春なのに あなたは帰らない たたずむ釜山港に 涙の雨が降る

北岬

細川たかし

作詞:千家和也

作曲:浜圭介

歌詞:ふところふかく おまえを抱いて なんにも言うなと ふさいだ唇よ 躰をメスで

旭川ブルース

細川たかし

作詞:鳥井実

作曲:浜口庫之助

歌詞:あなたを信じて傷ついた 女心は淋しく悲し 夜毎の夢にまぼろしに 命も泪も凍ってしまう ああ

いつかどこかで

細川たかし

作詞:水島哲

作曲:曽根幸明

歌詞:いつかどこかで おまえと もういちどだけ 逢いたい あの幸せの夜は

人生夢将棋

細川たかし

作詞:仁井谷俊也

作曲:岡千秋

歌詞:浮くも沈むも 小さな駒に 賭けてひとすじ この道を 先手必勝

旭川恋の町

細川たかし

作詞:浜口庫之助

作曲:浜口庫之助

歌詞:旭川に 来た頃は 俺は一人で 淋しかったぜ 冬は冷たく

女ごころ

細川たかし

作詞:松本礼児

作曲:森山慎也

歌詞:あの人を 悪く言わないで 愛し足りない 私が悪い おバカさんねと

遠い灯り

細川たかし

作詞:東海林良

作曲:徳久広司

歌詞:夜汽車にゆられ 深酒してる 何処行くあてない 旅ふたり もうすぐ消えそうな

ほたる草

細川たかし

作詞:池田充男

作曲:森山慎也

歌詞:この手に抱けば 折れそうな 細い体のやつだった 指もふれずに 別れて来たと

ゆきずり

細川たかし

作詞:芦川みづほ

作曲:森山慎也

歌詞:指輪のひとつも やれない俺に 二年もつくして くれた奴 別れの苦しさ

みれん心

細川たかし

作詞:なかにし礼

作曲:中村泰士

歌詞:純な女の ながした泪の数は 夜空の 星より多いと 言ってたあの子

北斗の星

細川たかし

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:風が 風が走る 雪が 雪が舞う 白い大地をふるわせて

男の火祭り

細川たかし

作詞:池田充男

作曲:浜圭介

歌詞:燃える松明 裸でかつぎ 闇の石段 かけのぼる あばれ太鼓の

熱き心に

細川たかし

作詞:阿久悠

作曲:大瀧詠一

歌詞:北国の 旅の空 流れる雲 はるか 時に

夢暦

細川たかし

作詞:里村龍一

作曲:聖川湧

歌詞:冬の夜道を 吹雪の駅を 帰るあてない 夜汽車に乗った 遠い汽笛に

ねぶた

細川たかし

作詞:なかにし礼

作曲:浜圭介

歌詞:津軽平野の短い夏を 惜しむ心が踊らせる 天下無敵の夏祭り ねぶた祭りだよ。 ラッセラー

大鴉~故郷偲んで~

細川たかし

作詞:小島遊鴉美

作曲:弦哲也

歌詞:秋の夜々 月は一夜でまるくなる はらはらりと 大鴉の啼く声が 花梨の三味線

夢のゆめ ~近松恋物語り~

細川たかし

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:夫がいます 子がいます それでもわたしは 女でいたい ゆるしてください

細川 たかし(ほそかわ たかし、本名:細川 貴志、1950年6月15日 - )は、日本の演歌歌手。血液型A型。身長173cm、既婚。三橋美智也に師事。2002年頃まではバーニングプロダクションに所属、その後は新栄プロダクションを経て、エフエンタープライズ系列の細川たかし音楽事務所に所属している。民謡三橋流の名取であり、三橋 美智貴(みはし みちたか)とも名乗る。 wikipedia