1. 歌詞検索UtaTen
  2. 若原一郎
  3. 若原一郎の歌詞一覧

若原一郎の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

山蔭の道

白樺そよぐ 山かげの 丘の細道 どこまでつづく ああ君恋し

おーい中村君

おーい 中村君 ちょいとまちたまえ いかに新婚 ほやほやだとて

とんび平に歌がわく

君と僕とは 街角で 出逢った不思議な 縁なんだ 雲に誘われ

ハンドル人生

バック・ミラーに 映った月が 泣くのおよしと 揺れている 運ちゃん

吹けば飛ぶよな

おおい どしたい元気かい ネオンまたたく 街角は うれし涙の

アイヨ何だい三郎君

"オーイ 中村君" アイヨ何だい 三郎君 僕と君との

風の小六

風の小六は 泣かぬぞえ 泣いたとて 泣いたとて 明日の

つばくろ笠

男わらじを 涙ではけば またもひと吹き 小夜あらし 仇な仁義に

東京ナイト

銀座は雨も 虹の色 溶けたネオンを 踏んで行こ 小さい傘が

裏町のピエロ

涙かくした 三角帽子 そっとのぞくは プラタナス 町のピエロの

丘にのぼりて

丘にのぼりて 黄昏の 山に向かえば ふるさと恋し ああ

少女

だまってそばに いるだけで 花の匂いの するひとよ 前髪風に

アカシヤ列車

今日かぎり 泣いた日に さよならしたら 愛という 大切な

風の吹きよで

風の吹きよで 生まれた恋が 風の吹きよで 消えたとて それが浮世と

恋の藤十郎

役者頭巾の 濃むらさきに そっと隠した 男の涙 どうせこの世が

ながれ雲

赤く咲いても 涙の花は 日昏れの丘の 曼珠沙華 誰れも知らない

港のおりくさん

縞のお召に 西陣しめて 枠じゃないかえ おりくさん 徳利片手に

寅さん音頭

ハァー 花の葛飾 柴又生まれ 味も自慢の 草だんご