1. 歌詞検索UtaTen
  2. 若山かずさ
  3. 若山かずさの歌詞一覧

若山かずさの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月25日

48 曲中 1-48 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

春の蝉

若山かずさ

作詞:菅麻貴子

作曲:水森英夫

歌詞:逢えない歳月の 永さに耐えて 痩せてゆくのね 三日月は 別れ決めたら

二人三脚渡し舟

若山かずさ

作詞:たきのえいじ

作曲:市川昭介

歌詞:川の流れと人の世を 漕いで行くには棹がいる 明日と云う名の向こう岸 渡り切りましょねぇあなた 夢を両手に水入らず

花びらの雨

若山かずさ

作詞:三浦康照

作曲:叶弦大

歌詞:風が泣く 山が騒ぐ 烈しい愛の 名残りのように 誰にもあなたを

なさけ雨

若山かずさ

作詞:仁井谷俊也

作曲:市川昭介

歌詞:雨に濡れるよと 肩を抱き寄せる あなたのやさしさ こころに泌みてゆく 今日からは

恋しずく

若山かずさ

作詞:三浦康照

作曲:大谷明裕

歌詞:傘を持つ手に しずくがひとつ 肩を濡らして またひとつ しのび逢う夜の

紅型みれん

若山かずさ

作詞:一城えり

作曲:みちあゆむ

歌詞:旅で出逢った この恋なのに 窓の首里城 涙で濡れる 「きっと似合う」と

女の岬

若山かずさ

作詞:さいとう大三

作曲:四方章人

歌詞:ここまで来たら 帰れない 明日はこの海 越えるだけ 愛してくれた人もいた

おんなの酒

若山かずさ

作詞:さいとう大三

作曲:叶弦大

歌詞:風に揺れてる 赤い灯が 今夜も誰かを 待っている あの人

夕月の宿

若山かずさ

作詞:三浦康照

作曲:叶弦大

歌詞:冷たく澄んだ 湖に この身を投げて 沈めたら 愛の苦しみ

あじさいの宿

若山かずさ

作詞:仁井谷俊也

作曲:叶弦大

歌詞:ひと雨ごとに 色彩をます 花はおんなの 未練でしょうか あゝ今も

幸せとんぼ

若山かずさ

作詞:木下龍太郎

作曲:叶弦大

歌詞:捜し続けた やすらぎを 分けて呉れそう あの人は とんぼ

酔い惚れて

若山かずさ

作詞:さいとう大三

作曲:市川昭介

歌詞:静かにお酒を 飲む人は 女のこころを 暖める 涙で暮らした

終着駅の女

若山かずさ

作詞:荒木とよひさ

作曲:幸耕平

歌詞:遠い昔は 連絡船が 凍る 海峡 渡ってた

花、散る

若山かずさ

作詞:八島義郎

作曲:江口浩司

歌詞:楠の枯葉が散りしきる中に 今満開の 桜花 (さくらばな) 思わずもらす溜め息に

居酒屋「かずさ」

若山かずさ

作詞:堀内和香

作曲:みちあゆむ

歌詞:みなと横丁 八丁目 角を曲がって 三軒目 小さな

冬燕

若山かずさ

作詞:城岡れい

作曲:水森英夫

歌詞:ぷつりと千切れた 絆の糸の 先からしたたる 女の涙 過ぎ逝く人の

俄か雨

若山かずさ

作詞:菅麻貴子

作曲:田尾将実

歌詞:雨に打たれて 誰かのもとへ 消えたあなたを 憎めない ばかよね

月に綴りし…恋日記

若山かずさ

作詞:堀内和香

作曲:みちあゆむ

歌詞:舞い飛ぶ蛍 夏の夜の 川のほとりの 舟の中 夜明けも待てぬ

蛍火の恋

若山かずさ

作詞:菅麻貴子

作曲:田尾将実

歌詞:逢えて嬉しい 枕を照らす 蛍みたいな 雪を見る 今がしあわせ

さざんか月夜

若山かずさ

作詞:中村要子

作曲:みちあゆむ

歌詞:解けば悲しい 帯なのに 抱かれてかなわぬ 夢を見た 愛しても

女のみれん

若山かずさ

作詞:高畠じゅん子

作曲:叶弦大

歌詞:笹の葉ゆれる 湯舟の窓に しとしとそぼふる こぬか雨 わたしが泣いて

花菖蒲

若山かずさ

作詞:高畠じゅん子

作曲:叶弦大

歌詞:上手に生きてる つもりでいても 人生晴れのち 曇りです 紫の

夫婦恋唄

若山かずさ

作詞:岡田冨美子

作曲:市川昭介

歌詞:指先つないだら絆がしみる うららかな春景色 うしろを見れば あなたと越えてきた 苦労の坂に桜が吹雪く

山百合の駅

若山かずさ

作詞:三浦康照

作曲:叶弦大

歌詞:汽車が着くたびに 改札口で 今夜もあなたの 姿をさがす もいちど逢って

湯の町みれん

若山かずさ

作詞:三浦康照

作曲:叶弦大

歌詞:ついて来るかい 行きますと 天城を越えた あの夜は還らぬ まぼろしか

夢灯籠

若山かずさ

作詞:三浦康照

作曲:叶弦大

歌詞:木漏れ日淡い 石段を あなたとのぼる 秋の暮れ ふたりの幸せ

雪どけの宿

若山かずさ

作詞:三浦康照

作曲:叶弦大

歌詞:ひとつ浮雲 あかね雲 梢を渡る 風の冷たさ あなたを訪ねて

海鳴りの酒場

若山かずさ

作詞:三浦康照

作曲:叶弦大

歌詞:小雨まじりの つめたい風が 縄ののれんに からみつく ここはさい果て

吉備路の女

若山かずさ

作詞:水木れいじ

作曲:叶弦大

歌詞:船が着くたび 港へ走る 裾に舞い散る 月見草 信じても…

伊良湖悲曲

若山かずさ

作詞:水木れいじ

作曲:叶弦大

歌詞:あんな ちいさな連絡船が 命あずけた恋を 恋を 恋を乗せてく

ふたりづれ

若山かずさ

作詞:たきのえいじ

作曲:叶弦大

歌詞:路地に隠れて 咲く花に どこか似てると 肩を抱く めぐり逢わせの

恋をんな

若山かずさ

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:あなたの色に 染められて 着物が似合う 女になりました 涙を隠して

花桔梗

若山かずさ

作詞:坂口照幸

作曲:藤竜之介

歌詞:女は終わって しまった恋は 胸深く しまい込む 「一月一日

花紬

若山かずさ

作詞:たきのえいじ

作曲:市川昭介

歌詞:何から何まで 捨ててもいいと 云わせりゃ私の 罪になる あなたいいのね

海峡無情

若山かずさ

作詞:きたのえいじ

作曲:市川昭介

歌詞:忘れてしまえと 山背がうなる カモメはもがいて 身を削る あなた行かないで

二度目の女房

若山かずさ

作詞:さいとう大三

作曲:市川昭介

歌詞:あなたが愛した その人の かわりになんか なれないけれど 私でいいなら

嵯峨野しぐれて

若山かずさ

作詞:池田充男

作曲:伊藤雪彦

歌詞:宿の便箋かりて 書いてます 季節はずれの 京都はみぞれです くるしみました

女の生きがい

若山かずさ

作詞:岡田冨美子

作曲:四方章人

歌詞:泣くのがイヤなら愛さない つらい恋ほど背伸びすりゃ しあわせが見える 傘がなければ濡れてもいいの しのび逢う日のうれしい気持

水暦

若山かずさ

作詞:坂口照幸

作曲:幸斉修也

歌詞:男が沈めば 女も沈む ましてあなたは 寂しがり いいのよ何にも

みれん恋唄

若山かずさ

作詞:坂口照幸

作曲:幸斉修也

歌詞:どんなに待っても 波止場には いつも他人の 入船出航 分っていたのよ

幸せふたりづれ

若山かずさ

作詞:鳥井実

作曲:岡千秋

歌詞:遊びでお前に 惚れたりしない 俺の命と 云うあなた なにも云わずに

別れ愛

若山かずさ

作詞:荒川利夫

作曲:三木たかし

歌詞:こんなに惚れても さよならね あなたが涙に またゆれる 別れても

恋雨

若山かずさ

作詞:たかたかし

作曲:市川昭介

歌詞:胸にほくろがある女は 情けがふかいと 抱いたひと すがりたいのに すがれない

恋宿

若山かずさ

作詞:松井由利夫

作曲:市川昭介

歌詞:声を殺して 小指を噛んで 恋の恋のいたみを こらえて泣いた 霧に抱かれた

しのび傘

若山かずさ

作詞:三浦康照

作曲:市川昭介

歌詞:あなたの背中に 身を寄せながら 雨をさけるの しのび傘 今夜だけでも

白牡丹

若山かずさ

作詞:池田充男

作曲:四方章人

歌詞:たしかなひとを たしかな心で 愛しなさいと 言われた母に 背くけど

春雨の宿

若山かずさ

作詞:三浦康照

作曲:市川昭介

歌詞:命ひとつをあなたの愛に 賭けて悔いない女のこころ 夢で瀬音を 聞きながら 強く抱れたふたりの夜が

ゆきずりの花

若山かずさ

作詞:三浦康照

作曲:市川昭介

歌詞:あなたに逢えない 淋しさを ひとりでまぎらす 想い酒 好きよ好きです