1. 歌詞検索UtaTen
  2. 角松敏生
  3. 角松敏生の歌詞一覧

角松敏生の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月25日

181 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

これからもずっと

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:雨の日にも風が吹く夜も あなたを感じていた 変えられない時の行方にも その手を差しのべるように 穏やかな微笑みだけが

THIS IS MY TRUTH

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:あいそつかしの 笑顔のこして 午後の陽射しに 駆けだした君は 気がついてるはず

東京少年少女

角松敏生

作詞:KOUTA..

作曲:角松敏生

歌詞:体に巻きついた鎖 プライドの鎧 偽りの仮面 奥の顔 境界線に

Do You Wanna Dance

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:黄昏に解き放たれた 夜の波 心も隠す 通りには光の渦と溢れる人波 君は虚ろに呟く

Wrist Cutter

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:誰の感情ものみ込んで行くVisionの企みよ 廻る意識の中 まるで囚われた女達よ 僕の目を見て 何が見えるかな

CINDERELLA

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:飛び散る Glass shose 12時すぎのあなたはヒロインじゃない 瞳にさえ

SHE'S MY LADY

角松敏生

作詞:SHERRY MICHAEL

作曲:角松敏生

歌詞:If it was up to

VIEWS

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:空を貫くビルの波 歩道にあふれる影 暮れかかる色染めてゆく 都市を見てる (重なる時間と渦巻く)

さよならを言わせて ~Let me say good-bye~

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:あなたの部屋に 通うこの道 今日でもう忘れるために あなたがいないと 知って来たけど

DISTANCE

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:(Mm…) (ha …) (hri…)

I SEE THE LIGHT~輝く未来~

角松敏生

作詞:GLENN SLATER..

作曲:ALAN MENKEN

歌詞:いつもあこがれてた 一人 塔の中で 外の世界は どんなに素敵か

Always Be With You

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:風が通りすぎる道をそっと振りかえれば 数え切れぬほどの出来事が 僕を見つめている 空がいつもそこにあるように 変わらないでいつも

WE CAN DANCE

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:銀色の月灯り 街を照らすと 帰らない もどれない あの日の二人が見える

Moonlight Tokyo Bay

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:連なる Cloudin' my way 抜けるとすぐに見えてくる

STILL I'M IN LOVE WITH YOU

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:夏が今年も街 包みだす 何もなかったように 何もなかったかのように かなうはずない愛

BEAMS

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:太陽の階に 届くような BEAM が 海を照らすと

UNSTEADY LOVE

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:Twilight ドア・ミラーに映った影に あなたのいつわりを感じた今も Don't Stop

A Widow on the shore

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:波打ち際で君は微睡んでる 彼方の愛をいつも待ちわびてる 二人だけの時を海にとられて それでも"戻ってきたならタオル差し出す" Oh

夜をこえて

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:夜が明けて行く 空の彼方から 金星の光届いたら すぐにも 君の心へ一番大切な事を伝えよう

OKINAWA

角松敏生

作詞:角松敏生..

作曲:角松敏生..

歌詞:閉ざされた夏の熱い陽射しに 微睡み覚まされ 佇む君を見ていた 窓辺にもたれ髪を梳く It's

You're My Only Shinin' Star

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:(Intro.) When the moonlight's shinin'

Reason...

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生..

歌詞:夕闇の通り見つめて あなたの事想い出す 何一つ辛いことなど 今のあなたにはないのに あの日は何故

Get Back to the Love

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:Get back to the Love

THE LIFE ~いのち~

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:その手の中に握り締めた 小さな夢 離さないで 行き交う人々の喜び、悲しみ ありのままの想いで包んでおくれ

浜辺の歌

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:誰もいない砂浜で影を見たんだ 振り向いたらほら君がいた 何か言いたげな顔で瞳そらせば 肩ごしから波がこぼれた 風がさえぎる声をそっと伝えてあげる

I'LL NEVER LET YOU GO

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:暮れる陽射しを浴びながら あなたが立っている あの日別れた時と同じこの場所で 君は"少しだけ背のびをしたいの"と

Tokyo Tower

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:真夜中揺さぶる気紛れな君のCall 今更だけど僕もこらえきれない Oh shine 浮かび上がる街を見下ろしながら

SUMMER MOMENTS

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:波が 光はじく 季節 両手に感じたら 僕は

飴色の街

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:窓から吹き込む 九月の気配に 駆けめぐる記憶 きっと忘れられるはずだから 一言も告げず

Polar

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:北へと向かって飛ぶ翼の上 始まる映画の退屈な Love Story 見る気になれなくて広げた

to be or not to be

角松敏生

作詞:KOUTA..

作曲:角松敏生

歌詞:いつも時計を見ていた チョークの音が時を刻む 隣のあの子が泣いている ノートに滲んだ涙、眺めていた

Still I’m In Love With You

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:夏が今年も 街 包みだす 何もなかったように 何もなかったのように

See You Again

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:静かな夜のCapeに抱かれ 眠る君の横顔見ていた 明日もきっといい日だよねと そっと胸に手をあて 鼓動を聴いてた

SINGLE GIRL

角松敏生

作詞:康珍化

作曲:林哲司

歌詞:遅い電車の ドアにもたれて 逃げる街の灯り見つめてた がんばりすぎよ 仕事仲間の

もう一度…and then

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:まだ明けきらない空 淡い月が沈んで 浮かび上がるRunway もうすぐ都会が動き出すと 一番早い翼が僕を連れて行く

波をこえて~Over the Wave~

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:寄せては返すさざ波の岸辺に浮かぶ船に乗せて 君といた夏が遠くへ漂い流れて行くよ 見送ればもう彼方へ移り行くもの それでも僕はまだ 波をこえて行こう

風車

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:見知らぬ街翳にしゃがみこむ 翼もないままで何処へ行けるの わずかに残された陽だまりの中で いつまで待てばいいの 渇く心に届く

I must change my life & love for me(NINETEEN 19 OP)

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:待ち合わせの時間に 遅れた時でもあなたは 微笑むだけで おこりもしない人ね そんな事をうらやむ

I CAN GIVE YOU MY LOVE

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:いつもの通りに 見慣れた朝が来る 疲れてる BUSINESS MAN

生足の駝鳥

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:飛べない鳥の目をしていた 何かにいつも怯えている せめて逃げ足だけは早く 夕暮れの街を駆けていた Oh

煩悩 Rolling Stone

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:でたらめの時間に佇んでいた僕は いけないことしても知らない顔 君を見るだけで 止まらない 君の上で死にたいと思ってる僕は

AIRPORT LADY

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:栗色の髪をゆらして 君は僕の前を過ぎて行く 南へと向かう翼に ときめきだけが もどかしいね

RAMP IN

角松敏生

作詞:TOSHIKI KADOMATSU

作曲:TOSHIKI KADOMATSU

歌詞:いつも通りの エアポート・ライト 見おろしながら今 あなたとの旅を 終らせるため

ドアの向こう

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:だから最後に Kiss Me Girl 何も言わずに

I NEED YOU

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:今街も そっと眠る やっと二人だけになれた "もうはなさない"今夜こそ言えるようで ふるえる君の肩を

君たちへ…~BONとYUKARIのBALLAD~

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:仕方がないと言いきかせても 今でも終れない愛に 何故君たちは顔をそむけたままで 生きてゆけるの もう一度思いだして君たちが

時の挽歌

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:声も届かないほど冷えた心の 君に何も伝えることはできない 幸せに巡り会えたの 悲しい事だね まやかしの恋人たちよ

サンタが泣いた日

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:浅野祥之

歌詞:もうあの日からとぎれたままの 愛を今宵つなぎとめたくて ただ一人君の部屋へ この想い届けに来たよ

花瓶

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:さよなら一言だけでいい あなた背を向けたまま この部屋をあとにする私 見送らないで あてどない夢の中に

Knock My Door

角松敏生

作詞:角松敏生

作曲:角松敏生

歌詞:翳りゆく午後に 跳ね上がる雨が 肩を濡らしても もう手を差しのべずに さよならも

角松 敏生(かどまつ としき、1960年8月12日 - )は、シンガーソングライター、ミュージシャン、音楽プロデューサー。 東京都渋谷区代々木出身。身長169cm。血液型A型。日本大学鶴ヶ丘高等学校、日本大学文理学部卒業。 wikipedia