1. 歌詞検索UtaTen
  2. 赤飯
  3. 赤飯の歌詞一覧

赤飯の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2019年10月18日

23 曲中 1-23 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ワールズエンド・ダンスホール

赤飯

作詞:wowaka

作曲:wowaka

歌詞:冗談混じりの境界線上 階段のそのまた向こう 全然良いこともないし、ねえ その手を引いてみようか?

木彫り鯰と右肩ゾンビ

赤飯

作詞:シュラ種種種

作曲:hanzo

歌詞:売り声轟く城下町 賑わい見せる船祭 カエルと鯰が同時に跳ねれば おれの右肩うずき出す

ラブソングを殺さないで

赤飯

作詞:ピノキオP

作曲:ピノキオP

歌詞:よいしょ あ それ あ どした

天ノ弱

赤飯

作詞:164

作曲:164

歌詞:僕がずっと前から思ってる事を話そうか 友達に戻れたらこれ以上はもう望まないさ 君がそれでいいなら僕だってそれで構わないさ 嘘つきの僕が吐いた はんたいことばの愛のうた

赤飯

作詞:赤飯

作曲:Vomos

歌詞:繰り返す ただ繰り返す 繰り返すだけ 伝わるはずない声

パンチラドランカー

赤飯

作詞:デッドボールP

作曲:デッドボールP

歌詞:「試合中よそ見するな」って 言われましても 逆らえるわけないじゃない 男の子だもの 「今日こそKO勝ちだ」って

デジタリズムに於ける発狂と輪舞曲

赤飯

作詞:赤飯

作曲:Vomos

歌詞:デコード出来ぬ頭 エンコード試みて レコードされる黒い歴史 ネガティブな初頭効果 何一つ伝わらない

ロストワンの号哭

赤飯

作詞:Neru

作曲:Neru

歌詞:刃渡り数センチの不信感が 挙げ句の果て静脈を刺しちゃって 病弱な愛が飛び出すもんで レスポールさえも凶器に変えてしまいました

magnet

赤飯

作詞:minato

作曲:minato

歌詞:か細い火が 心の端に灯る いつの間にか燃え広がる熱情 私の蝶 不規則に飛び回り

二息歩行

赤飯

作詞:DECO*27

作曲:DECO*27

歌詞:「これは僕の進化の過程の1ページ目です。」 抱きしめたいから 2本足で歩く 一人じゃ寂しいから

宝物

赤飯

作詞:赤飯

作曲:halyosy

歌詞:何気なく過ごしてきた ありふれたジブンだけど いろんな空眺めてきた 真っ暗で何も見えない

plot

赤飯

作詞:KEI

作曲:KEI

歌詞:始まりは覚えていない 終わりなど考えてない あるのは続きだけ 君と僕の物語

letter song

赤飯

作詞:doriko

作曲:doriko

歌詞:好きな人と歩いた場所も その時見た景色も 振り返らず今を駆け抜け 私は何と出会うの

見習いハーデス

赤飯

作詞:鬱P

作曲:鬱P

歌詞:赤黒い月よ 煌々と照らせ 煩悩に溺れてく 僕の醜い顔を 笑えない話さ

おにゃのこ きねんび

赤飯

作詞:前山田健一

作曲:前山田健一

歌詞:クラスのお友達たちが 時々話題にしていた いつかはやってくるのかな ドキドキして待っていたんだ

ブリキのロビー

赤飯

作詞:マチゲリータ

作曲:マチゲリータ

歌詞:「カチカチ。」って音が鳴った、 鉄製の奥深くで。 「素敵ね、錆付かなけりゃ どんなに幸せな事か。」 廻らないねじの裏、油が乾いたように。

Queen

赤飯

作詞:北森耕太郎

作曲:律

歌詞:ひざまずく奴隷たち 孔雀の扇子 振るたびに 嬉々としてかしずいて 禁断の果実探す

屋根裏のベイシー

赤飯

作詞:赤飯

作曲:まふまふ

歌詞:差し込んだ 淡い月明かり ここは屋根裏 クモのアジト 音もなく

シジン葬る世界

赤飯

作詞:Another Infinity

作曲:Another Infinity

歌詞:「揺れる木々の 隙間から零れた 光を集めるような 純粋な日々 散文的に過ぎた時間が

楽園

赤飯

作詞:otetsu

作曲:otetsu

歌詞:ねえ、そんな鎖付けて 何を苦しんでいるのか 少し鎖を緩めておいで 遊びましょう

Sing along, Stand up!!

赤飯

作詞:that

作曲:that

歌詞:とりあえずこの国境はまたいでみよう 古ぼけた Bag 片手に歩き続ける 決まりなきこのダンジョンが

エイは育ち、僕はプロポーズに鉄を曲げる

赤飯

作詞:家の裏でマンボウが死んでるP(タカハシ ヨウ)

作曲:家の裏でマンボウが死んでるP(タカハシ ヨウ)

歌詞:近所の川辺をうろつきながら プロポーズの言葉を考えていた ようやく手に入れたこの指輪が 明日君の手に渡るかな

指先

赤飯

作詞:赤坂

作曲:Vomos

歌詞:顔なんて 知るわけないんだし 気持ちなんて 尚のこと 血なんて