1. 歌詞検索UtaTen
  2. 辛島美登里
  3. 辛島美登里の歌詞一覧

辛島美登里の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

それは春 生まれた声に 身体全部で母は泣いたよ その名前 書いては消して

サイレント・イヴ

真白な粉雪 人は立ち止まり 心が求める場所を 思いだすの いくつも愛を重ねても

いのちの歌

生きてゆくことの意味 問いかけるそのたびに 胸をよぎる 愛しい人々のあたたかさ この星の片隅で

かぐや姫

ひとつ手に入れる度に ひとつ失ってしまう さよなら…それはあなたが 夢を選んだせい 一人

Smile For You

何を考えてたの? 夕焼けに照らされて 祈るようにみつめた 少年の眼差しを

Welcome To Paradise

生まれたての夏を 体中に浴びて あなたが駆けてゆく coral island

Jealousy

お帰りなさい 私のもとへ 海の底から 光がさして あなたが

くちづけの予感

巡りあう瞬間を 運命と呼ぶの? そばにいる それだけで 胸が痛い

愛を止めないで

「やさしくしないで」君はあれから 新しい別れを恐れている ぼくが君の心の扉を叩いてる 君の心がそっとそっと揺れ始めてる

年下の彼

電話もせず急に 訪ねてきて、ゴメン あなた 仔犬みたいに 瞳を丸くしてる

Half And Half -私自身-

笑ってみたり おこってみたり ときには 涙もでる そんな私を

オリーブの休日

サファイヤの海へ続くバルコニー あなたのいない夏が始まる 片言で話しかけて うちとける町の子供たち que

人魚伝説

聞いてください 人魚の唄を 心を鏡にして 私の声映して

キャンディ

キャンディ アイ・ラブ・ユー 目覚めてよ 窓を越えて ぼくは来た

白いくつ下は似合わない

私の瞳に 映ったあなたが 涙にゆがんで こぼれ落ちてしまう 私の心に

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ

雨の日

お寺の花子さんが 恋の種をまきました 芽がでて ふくらんで 花が咲いて

プレイバック Part2

緑の中を走り抜けてく真紅なポルシェ ひとり旅なの 私気ままにハンドル切るの 交差点では隣りの車がミラーこすったと 怒鳴っているから私もついつい大声になる

瑠璃色の地球

夜明けの来ない夜は無いさ あなたがポツリ言う 燈台の立つ岬で 暗い海を見ていた

誰にも言えない恋だから

I love you, I love

Change

変わってく だんだん明るく あなたを好きになって… 麻のシャツ

いつかきっと微笑みへ

人は誰も 哀しい天使 夢の翼 終わりのない旅をつづける

最後の手紙

久し振りのあなただから 懐かしさに頬を染める これが最後の恋人としての夏休みね 勝手すぎる話ねと 手紙をみて泣いた日々を

一番みじかいKiss

薄墨の雲が ちぎれてゆくわ ため息 埋めつくす夜明け前 争う言葉も

Emerald Dream

風とたわむれるシュロの影 水面に揺らめく金星 夏とバカンスを最後の夜は テラスですごしたい 出会いと同じ唄

melting

何年でも どこにいても すぐあなたとわかるでしょう 乗り継ぐだけの駅が今日は 宝石になる

Next Love

会えないと忘れられそうで 悪い方ばかり考えてしまう 週末の午後に雨が降る いたたまれずに傘をさして出る

忘れはしないよ 時が流れても いたずらなやりとりや 心のトゲさえも 君が笑えばもう

夕映え

やさしかった愛が 知らん顔ですぎる 信じられるのは たぶん自分だと思うけれど 歩道橋の上で

Farewell

傾きかけた冬のグラウンド パーティーの終わりの曲 フォークダンスの輪にあなたの影を 背伸びしてさがすの スピーカーから流れる歌は