1. 歌詞検索UtaTen
  2. 酒井法子
  3. 酒井法子の歌詞一覧

酒井法子の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

碧いうさぎ

あとどれくらい 切なくなれば あなたの声が 聴こえるかしら なにげない言葉を

鏡のドレス

突然泣き出して あなたを困らせた 抱いてくれるのに おびえていた ショーウィンドーの中の

碧いうさぎ[2007 Version]

あとどれくらい 切なくなれば あなたの声が聴こえるかしら なにげない言葉を瞳合わせて

うれし涙(電影少女 VIDEO GIRL AI OP)

日曜日は 一人の日 ピーチパイを焼いたあと 洗濯物干すように 深呼吸で寝そべった

夢冒険(アニメ三銃士 アラミスの冒険 ED)

心に冒険を 夢を抱きしめたくて そんな君の傍 見守ってたい 枯れた芝生

すすめ!はっくしょんベイビー

は、は、は はっくしょんベイビー! きんちょうすると は、は、は くしゃみがでるんだ

接吻しないで

接吻しないで 唇が覚えてしまう 誰よりあなたのこと 愛していると…

微笑みを見つけた

にわか雨飛び込む 電話BOXから 見えるよ はるか西の空は夕陽 髪を短くして

Truth~飛べない鳥よ~

やわらかな風のにおい やさしさに似てる木漏れ日たち 淋しさを選んだのは これ以上 傷つかないように

雨の気持ち

冬の雨がしずかにおもく 降りつづいてる 雪の朝なら 心もはしゃぐのに ユーウツ色の空

All Right

ねぇ、聞いてよ うまく行かない事が あると 少年みたいに 肩を抱いて

Here I am ~泣きたい時は泣けばいい~

あなたの頬に こぼれ落ちる 涙を拭かせて 私の腕の中 誰にも邪魔させない

レモンの涙

木漏れ日揺れる午後に 香り放つアールグレイ 窓の外ふと目をとめると カラフルなショーウィンドウ ちょうど去年あの場所で

世界中の誰よりきっと

まぶしい季節が 黄金色に街を染めて 君の横顔 そっと包んでた まためぐり逢えたのも

永遠の朝

まぶしい光の中 あなたと誓い合う "永遠…"その声に 涙がつたい落ちた

くちびるに、ね

素敵なスーツよりも 電話ばかりが 私の瞳に映るの 今夜もあなたからの MESSAGEはない

GUANBARE

甘い風に 紛れ込んだ 絵具の微粒子 カーディガンや 桜並木

さよならを過ぎて

突然のスコールが いちめんに駆け抜けた あなたが かすんで 渚を探したわ

PRIDE

私は今 南の一つ星を 見上げて誓った どんな時も 微笑みを絶やさずに

時の流れに身をまかせ

もしも あなたと逢えずにいたら わたしは何を してたでしょうか 平凡だけど

横顔

あなたは生まれたての 赤ん坊のよう その手は今 何かをつかもうとする 泣くだけ泣いて

涙色

未来へと進むため 人はきずついたり きずつけたり 平凡な幸せは とても特別に

哀しきモナムール

"他に誰か捜せばいい"と 雨の街角を 駆け出した "勝手にしろ"と貴方の声に 恋がにくらしく

26時のジェラシー

賑わふ Cafeの隅で 何時まで待たすの あなた ひと足

頬杖をつく夜

真夜中のファミレスは 淋しがりが集まるよ まだまた 眠れなくて お代りするコーヒー

あなただけ

つないだ手のひらの大きさや 左からの横顔 大好き あなたが それ以上?

あなたが満ちてゆく

夢を見てるあなたの 腕を抜け出して そっと出かける 月曜日の朝 寝顔のそばに

信じているよ

信じているよ あなたの夢を 笑顔でいつか 話を聞かせてね 輝いている

SECOND FRAME

ひとつだけのテーブル フランネルのカーテン 小さな窓にときめきが見えてる きっかけはいつだって 自分の気持ち次第

ダイヤモンド☆ブルー

あの角を曲がると 貴方に会える 街は小さな夏が見え隠れ そっと歩みを 止めてみたら心に