1. 歌詞検索UtaTen
  2. 野口五郎
  3. 野口五郎の歌詞一覧

野口五郎の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

コーラス・ライン

くよくよしていたって しあわせは来ないさ だれだって迷ってる 僕も同じさ

歌がある限り

たとえ涙が 流れる日でも 歌があるから 生きてゆける もしも悲しみ

ダイヤル177

お前が別れたいと 言うのなら いいだろ そうするしかないだろな

針葉樹

あなたのかなしみは 雪で出来ている 僕を凍らせる 白いためいきだ まっすぐ行くがいい

少女よ(5等になりたい)

少女よ 野に咲く花を剥くな指先で そっと手折れば心が散るよ 少女よ 生きているから血が通うから

横須賀ストーリー

これっきり これっきり もうこれっきですか これっきり これっきり

若き獅子たち

太陽に向い歩いてるかぎり 影を踏むことはないそう信じて生きている あなたにもそれを わからせたいけど 今は何にも告げず

風の駅

僕の帰りを暗い駅のベンチで 君は待ってた 赤いサンダル 紙の袋にこぼれそうなミカンを 大事そうに抱きしめて

愛よ甦れ

君のいらだちを 感じながらも 愛が甦る季節を ぼくは待っていた ブティックのウィンドウが

私鉄沿線

改札口で君のこと いつも待ったものでした 電車の中から 降りて来る 君を探すのが好きでした

めぐり逢う青春

愛は謎のように ぼくに問いかける 昨日の悲しみが 喜びに変わるとき きみがはじめての

甘い生活

あなたと揃いの モーニング・カップは このまま誰かにあげよか 二人で暮すと はがきで通知を

博多みれん

恋を拾って また捨てて いつも泣くのは 女だけ 夜の博多の

真夏の夜の夢

その時 あなたは バラになり その時 ぼくは

女友達

君に電話を かけても今では どこに越したか 行方は知れない なぜかうつろで

19:00の街

霧雨降る ガラス越しに 19:00の街 低い雲 たち込めて

グッド・ラック

この腕の中を 泳ぎ疲れて お前は眠る 何も知らずに ブラインド降ろし

告白

何をためらうの 僕を前にして 愛のあやまちは 誰にもあることさ 細い指先を

オレンジの雨

そんなこと どうでもいいじゃない いつだって 愛してるじゃない オレンジの雨の中

箱舟の帰還

一枚のオリーブを くわえて鳩は舞い戻る 洪水は終わったと 翼を白く はためかす

きらめき

ここの街へとあなたと僕は これまで行く度 訪ねたろ二人 店の名も街の角も 今はどれも馴染み

風になった彼女

わかっているさ だらしないことは 今夜は見ないふりで ほっといてくれよ にがい酒

青春の一冊

ここに一冊の本がある 君に借りたまま 返せない本がある 苦い想い出の文字がある

むさし野詩人

繁華街から静かな道へ あなたの涙たどって行くよ 灯りの浮かぶ公衆電話 今はあなたの影も見えない むさし野公園ひとりきり

夕立ちのあとで

夕立ちのあとの街は きれいに洗われたようで 緑の匂いが よみがえります 忘れようと

私鉄沿線02

改札口で君のこと いつも待ったものでした 電車の中から降りて来る 君を探すのが好きでした 悲しみに心とざしていたら

青いリンゴ

心 こころをしばりあい 二人 ふたりで傷ついた あれは

僕をまだ愛せるなら

風を受け落ちた葉は もう同じ枝に戻れないのに さみしさを埋めたがる ふたりで繋いだ思い出ばかり

また逢う日まで

また逢う日まで 逢える時まで 別れのそのわけは 話したくない なぜかさみしいだけ

感情曲線

あなたの吐息は 仕掛けられた罠だよ 知ってて落ちこむ あわれなこの歓び 夜明けになる音