1. 歌詞検索UtaTen
  2. 鏡五郎
  3. 鏡五郎の歌詞一覧

鏡五郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月25日

86 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

男の風雪

鏡五郎

歌詞:逆ろうな さだめ受けとめ 旅ゆけば 佐渡も弥彦も 風と雪

長良川舟唄

鏡五郎

作詞:久仁京介

作曲:山崎剛昭

歌詞:流れゆく 川の水面に 降っては消える 細雪 夏の鵜飼いの

男ごころ

鏡五郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:山崎剛昭

歌詞:おまえの笑顔を 見ているだけで こんなに安らぐ 男のこころ 逢えてよかった

しぐれ傘

鏡五郎

作詞:もず唱平

作曲:山崎剛昭

歌詞:今夜で終りの恋ですか 運命に泣いてる しぐれ傘 秋の深さにひきづられ 切るに切れない

惚れて道づれ

鏡五郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:山崎剛昭

歌詞:おまえと歩いた 人生は 晴れの日ばかりじゃ なかったな 苦労つづきの

雪桜

鏡五郎

作詞:水木れいじ

作曲:四方章人

歌詞:情けの糸は むすべても たぐれば切れる 縁の糸よ 好きで添えない

戸田の渡し

鏡五郎

歌詞:日本橋から 中山道を 下ればそこは 荒川土手に 江戸の未練を

酒しぐれ

鏡五郎

作詞:関口義明

作曲:宮下健治

歌詞:いくら惚れても 尽くしても 所詮結べぬ えにし糸 酔えば未練が

清水の次郎長

鏡五郎

作詞:古川ゆう子

作曲:今澤雅一

歌詞:富士を背にして 清水を起てば ひとり残した お蝶に詫びる 三保の松原

道頓堀人情

鏡五郎

作詞:若山かほる

作曲:山田年秋

歌詞:ふられたぐらいで 泣くのはあほや 呑んで忘れろ 雨の夜は 負けたらあかん

赤垣源蔵・徳利の別れ

鏡五郎

作詞:木下龍太郎

作曲:保田幸司郎

歌詞:一升徳利を 手土産に 雪降る中を 饅頭笠 これが今生の

残り雪

鏡五郎

作詞:水木れいじ

作曲:桜田誠一

歌詞:ひとつ枕に 身をよせながら なぜに結べぬ さだめの糸よ 人目しのんだ

天野屋利兵衛

鏡五郎

作詞:木下龍太郎

作曲:保田幸司郎

歌詞:男同士の 約束ごとは 髪に書かずに 腹に書く ご恩ある身の

これから小唄

鏡五郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:山崎剛昭

歌詞:花の昭和に 産声あげて 一生懸命 生きてきた 若い者には

瞼の母

鏡五郎

作詞:坂口ふみ緒

作曲:沢しげと

歌詞:軒下三寸 借りうけまして 申しあげます おっ母さん たった一言

保津川下り

鏡五郎

作詞:森口冨士夫

作曲:山崎剛昭

歌詞:彩づく紅葉 砕けるしぶき 保津川下り 嵐山 あの日と同じ

五郎の人生百年桜

鏡五郎

作詞:夢ユメ子

作曲:山崎剛昭

歌詞:若いあの日が 過ぎたって すべて終わりと 嘆かない 今は人生

みれん船

鏡五郎

作詞:久仁京介

作曲:山崎剛昭

歌詞:汽笛ひびけば 波の瀬を こえてゆくのか おまえはひとり 女ごころに

竜になれ

鏡五郎

作詞:鈴木信子

作曲:ロイ白川

歌詞:空へ伸びずに 地面を這って 風に耐えてる 松もある 生きる凛凛しさ

片恋しぐれ

鏡五郎

作詞:久仁京介

作曲:山崎剛昭

歌詞:くじけちゃ駄目だと やさしく抱いた あの日のあなたが わたしの命 見てはいけない

まよい舟

鏡五郎

作詞:岡崎ふくみ

作曲:徳久広司

歌詞:めぐり逢うのが さだめなら なぜに添えない 忍ぶ宿 月に一度が

刃傷松の廊下

鏡五郎

作詞:藤間哲郎

作曲:桜田誠一

歌詞:勅使下向の 春弥生 いかに果さん 勤めなん 身は饗応の

なぁ…お前

鏡五郎

作詞:長内譲

作曲:山崎剛昭

歌詞:お前がいたから ここまで来れた 運命の星に 生まれて育ち 俺の宝に

俺は浪花の暴れん坊

鏡五郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:山崎剛昭

歌詞:水の都で 産声あげた 昔かたぎの 勇み肌 いつかなるんや

津軽夫婦節

鏡五郎

作詞:鈴木信子

作曲:山崎剛昭

歌詞:苦労くの字も おまえといれば ぴんと伸びるさ 一の字に お岩木山まで

冬牡丹

鏡五郎

作詞:塚口けんじ

作曲:宮下健治

歌詞:噛んだくちびる 血をにじませて 俺に抱かれて 泣いている 素顔のおまえは

水たまり

鏡五郎

作詞:海老原秀元

作曲:桜田誠一

歌詞:いっそ泣けたら どんなにいいか 泣けぬ辛さの 水たまり 風の路地裏

御陣乗太鼓

鏡五郎

作詞:鈴木信子

作曲:山崎剛昭

歌詞:波が牙むく 能登の海 山を背負った 名舟町 夢の厳しさ

日本列島おとこ旅

鏡五郎

作詞:多華あきら..

作曲:久保進一

歌詞:握るハンドル トラック野郎 丹波街道 後にして 日本列島

雪の桜田門~あゝ井伊大老

鏡五郎

作詞:山北由希夫

作曲:吉田矢健治

歌詞:黒船前にして 江戸城は 攘夷開国 揺れ動く たとえ刺客に

天翔の舞

鏡五郎

作詞:浜大介

作曲:山中博

歌詞:天に羽ばたけ 星雲越えて 芸にいのちを 賭けて翔べ 夢は雄おおしく

いで湯の宿

鏡五郎

作詞:木下龍太郎

作曲:久保進一

歌詞:湯舟に浮かぶ 三日月を 手桶で掬い 湯を浴びる きれいな肌で

恋女房

鏡五郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:影山時則

歌詞:昔かたぎの 気ままな俺に 愚痴もこぼさず 尽くしてくれた そんな女は

大前田英五郎

鏡五郎

作詞:木下龍太郎

作曲:宮下健治

歌詞:馬鹿な片意地 互いに張って なんで大事な 命を捨てる 野暮な喧嘩を

大阪箕面しのび恋

鏡五郎

作詞:森口冨士夫

作曲:山崎剛昭

歌詞:小川のせせらぎ 静けさは 沈んだ心も いやされる 新緑が芽を吹く

はなびらの雪

鏡五郎

作詞:久仁京介

作曲:山崎剛昭

歌詞:羽織った角巻 寒かろと 雪をはらって 迎えてくれた しのぶ恋路の

夫婦桜

鏡五郎

作詞:下地亜記子

作曲:山崎剛昭

歌詞:大寒小寒の 冬の日も 暦の先には 春がある 負けたり泣いたり

千鳥の舞

鏡五郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:山崎剛昭

歌詞:瀬戸は引き潮 夕浪しぐれ あれも夢です これも夢 せめて逢いたや

織田信長

鏡五郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:山崎剛昭

歌詞:国は乱れし 戦国に あれが尾張の うつけ者 時が移れぱ

おまえの涙

鏡五郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:山崎剛昭

歌詞:まわり道して つまずく路地で しっかりしてよと 泣いたやつ おまえの涙を

宇奈月の雨

鏡五郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:山崎剛昭

歌詞:深山しぐれか 川霧か 濡れて滲んだ 湯の町あかり 来ないあなたを

日本一じゃ惚れてみろ

鏡五郎

作詞:もず唱平

作曲:船村徹

歌詞:銭が仇というたかて 無いもん取れんぞ そやないか 逆さにしたかて鼻血も出ない スッテンテンの空っ穴

花火師かたぎ

鏡五郎

作詞:もず唱平

作曲:船村徹

歌詞:ドカーンと弾けた 夜空を見上げ 為になったら うれしいね 人生一度は命をかけて

あじさいの宿

鏡五郎

作詞:ロイ白川

作曲:山崎剛昭

歌詞:ふたり歩いた 縁坂 今は想い出 胸に抱き ひとり淋しく

鏡川

鏡五郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:山崎剛昭

歌詞:流れる水は 逆らわず 草木は風に ただなびく 濁った川も

なみだ月

鏡五郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:宮下健治

歌詞:こころの寒さに 熱燗注げば おとこ未練が 目を覚ます あんないい娘を

土佐のかつお船

鏡五郎

作詞:加茂笙子

作曲:宮下健治

歌詞:千尋の海原 押し分けて 見ろよ黒潮 かつおが来たぞ よさこい土佐沖

修善寺の宿

鏡五郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:山崎剛昭

歌詞:伊豆は湯の里 湯けむりに 人眼をしのんだ 恋の道 あなたに一夜

あばれ天竜

鏡五郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:山崎剛昭

歌詞:あばれ天竜 飛沫に濡れて 旅に行くのも 男のさだめ 泣くな深山の

黒髪しぐれ

鏡五郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:山中孝真

歌詞:忍ぶ恋でも 情炎が燃えりゃ 蛇の目を斜めに 隠れ茶屋 おんな…切なや

鏡 五郎(かがみ ごろう、本名:山中 詔二、1944年6月8日 - )は、日本の演歌歌手。大阪府豊中市出身。大阪府立園芸高等学校卒業。 作曲家の山中孝真は長男。 wikipedia