1. 歌詞検索UtaTen
  2. 長渕剛
  3. 長渕剛の歌詞一覧

長渕剛の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

しあわせになろうよ

出会った頃の二人に も一度 戻ってみよう そして二人で手をつなぎ しあわせになろうよ

しょっぱい三日月の夜

(wow wow wow wow wow

乾杯

かたいきずなに 想いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき

RUN

賽銭箱に100円玉投げたら つり銭出てくる 人生がいいと 両手を合わせ 願えば願うほど

とんぼ

hu hu hu… コツコツと アスファルトに刻む

巡恋歌

好きです 好きです 心から愛していますよと 甘い言葉の裏には 一人暮しの

しゃぼん玉

ひりひりと 傷口にしみて 眠れなかったよ 泣きっ面に しょんべん

祈り

お前が去ってくその前に なぜに電話くれなかったか やさしすぎるお前のことだから それが思いやりのつもりだったのか 俺たちいつでもひとつなんだと

シェリー

揺れている ふたつのからだが 海の底深く 透きとおる肌の まんまで

ヒロイン

今宵あなたと 楽しく踊ろう 風吹く街で レモンスライスを グラスに浮かべて

素顔

夜の顔を鏡で写せば なんて悲しい顔なの 強がりばかりで 素直になれない なんて悲しい顔なの

12色のクレパス

あなたがそばにいるだけで 私の心は安らぐんです あなたが私を見ていてくれるから 何にも恐くないのです

夏の恋人

長い黒髪を 風になびかせている 浜辺に君 小麦色 遠くから僕は

気張いやんせ

どげんしてん やらんと いかん事がよ 俺にも お前にも

勇次

嫌になっちまった 腹が立っちまった 理由もなく 家を出たんだ 公衆電話から

僕のギターにはいつもHEAVY GAUGE

僕は今 東北ツアーを終え 東京行きの列車の中 走り出す駅のこわれたベンチ ネコをだきしめる老人を見た

順子

離れない 離さない 離したくない君 いろんな言葉で君に 愛を告げてきたけれども

二人歩記

住み慣れた部屋を 今日限りひきはらい また次の場所へ 行こうと思うんだ 最後の荷物を

友よ

もしも貴方に してあげられる ことといったら いっしょに泣いてあげる ことくらい

いつかの少年

俺にとってKAGOSHIMAはいつも泣いてた ひ弱で不親切で 邪険な街だった 親父とお袋は泥にまみれ銭をうらやみ そのド真中で俺は打ち震えていた

風は南から

僕の家の屋根は 高く空を切り 窓辺から下に家並みを見おろす 朝露にぬれた桜の葉が 朝の光にキラキラ輝いている

ひとつ

ひとりぼっちに させてごめんね もう二度と 離さない 離れない

ほんまにうち寂しかったんよ

なんであんたあん時死なんかったんや たのむからうちの前に現われんといて うちが女やさかい殺せんかったんと違う ほんまにほんまに嫌になってしもうたんよ

愛してるのに

ひとつだけ 聞いてもいいかい 君が眠るその前に 最後の夜を 迎えるというのに

酔待草

緑の地図を指でたどって 君の家までバスに揺られた 暗い路地裏で煙草に火をつけ コートの衿から二階を見あげた

Run for Tomorrow ~明日の為に~

oh…. oh…. 何千何百通りの生き方がある 人それぞれに大切なものがある お前と俺とは確かに違うけれど

夏祭り

夏もそろそろ終わりねと 君が言う ゆかた姿で せんこう花火 きれいだよ

ひまわり

北へ南へ 東へ西へ 人は流れ 流れて河川を下る 北へ南へ

人間

そうだ 俺たちは 人間だもの 二人の からだには

激愛

舌を噛み切った からみ合う口唇の中 二人はよじれ合い 激しく揺れていた 震える