長渕剛の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

しあわせになろうよ

出会った頃の二人に も一度 戻ってみよう そして二人で手をつなぎ しあわせになろうよ

とんぼ

hu hu hu… コツコツと アスファルトに刻む

RUN

賽銭箱に100円玉投げたら つり銭出てくる 人生がいいと 両手を合わせ 願えば願うほど

気張いやんせ

どげんしてん やらんと いかん事がよ 俺にも お前にも

激愛

舌を噛み切った からみ合う口唇の中 二人はよじれ合い 激しく揺れていた 震える

乾杯

かたいきずなに 想いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき

友よ

もしも貴方に してあげられる ことといったら いっしょに泣いてあげる ことくらい

素顔

夜の顔を鏡で写せば なんて悲しい顔なの 強がりばかりで 素直になれない なんて悲しい顔なの

カラス

執念深い貧乏症が 情ねえほど しみついてる ボロ着を丸めた 枕で眠った

マジヤベエ!

度胸もねえのにヤクザな女に いかれちまった 純情一途の真っ赤なバラには ガガ…マジヤベエ マジヤベエ!

西新宿の親父の唄

続けざまに苦しそうなせきばらいをしてた 西新宿の飲み屋の親父が昨日死んだ 「俺の命もそろそろかな」って吸っちゃいけねえタバコふかし 「日本も今じゃクラゲになっちまった」と笑ってた

ひとつ

ひとりぼっちに させてごめんね もう二度と 離さない 離れない

嘆きのコーヒーサイフォン

コーヒー飲みたいな 時間におくれそう 気分が悪いな Ah… 徹夜になるほどの

しょっぱい三日月の夜

(wow wow wow wow wow

決心

君は僕よりひとつ上で とてもとても優しかった 何をやっても 何を言っても すべて

巡恋歌

好きです 好きです 心から愛していますよと 甘い言葉の裏には 一人暮しの

僕だけのメリークリスマス

100cmのもみの木に 背が届いた年の冬 ママとふたりのこの家にあのひとはやって来た 肩に積もった粉雪を はらう手はその次に

12色のクレパス

あなたがそばにいるだけで 私の心は安らぐんです あなたが私を見ていてくれるから 何にも恐くないのです

かあちゃんの歌

18 半ばで故郷をすて こんな田舎は嫌だよと でっかい男になるんだと かあちゃん見送る汽車の窓

交差点

君の胸の痛みが 僕にわかるといいね 無理に笑顔で別れた 涙色の悲しい交差点

JEEP

ワークブーツにはきかえ 赤いジャンバーひっかけ 夜明け前の湾岸道路を 俺は西へと走らせ 背中に東京が遠ざかり

恋人時代

モノクロの君がほら 僕に笑いかけている 僕に笑いかけている 恋人時代 いつも君を待ってた

カントリー・ワルツ

カントリーシャツの 袖をまくりあげ ポップコーン 口に ほおばりながら

愛こそすべて

傷つくことばかり だったね 命の灯さえ 消えかけた そんな時でも

指切りげんまん

君も僕も淋しさに 耐えきれなかったから あの時寄り添い二人で 空を見たんじゃないか 二人になったらなおさら

ひまわり

北へ南へ 東へ西へ 人は流れ 流れて河川を下る 北へ南へ

ろくなもんじゃねえ

ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい ぴいぴいぴい

HOLD YOUR LAST CHANCE

傷つき 打ちのめされても はいあがる力が欲しい 人は皆 弱虫を

ヒロイン

今宵あなたと 楽しく踊ろう 風吹く街で レモンスライスを グラスに浮かべて

STAY DREAM

死んじまいたいほどの 苦しみ悲しみ そんなものの ひとつやふたつ 誰もがここあそこに