1. 歌詞検索UtaTen
  2. 陰陽座
  3. 陰陽座の歌詞一覧

陰陽座の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

甲賀忍法帖(バジリスク~甲賀忍法帖~ OP)

下弦の月が 朧に揺れる 夜を 包む叢雲 磔られた

桜花忍法帖

眼指しで 殺したい 絡む闇に 諍う 念い

蛟龍の巫女

嗚呼 渾てを 愁いて 天へ昇り行く 龍の面影は

愛する者よ、死に候え

殺るのは 細工も 刃も 要らぬ 瞳子の

癲狂院狂人廓

炎天の強者 悦楽の亡者 肝胆の闇を嘗め尽くす 暗澹の聖者 雀躍の狂者

龍の雲を得る如し

冥雲を 切り裂いて 霹靂が 山池を撃ち抜く 穿たれた

陰陽師

「東海の神、名は阿明 西海の神、名は祝良 南海の神、名は巨乗 北海の神、名は禺強 四海の大神、全知全霊の力を持ち

式を駆る者

荒ぶる闇の蠢き 其れは時媚鬼の所作り 近付く謀りの蟲毒 彼は醜き驕り

化外忍法帖

嗚呼 骨が哭く 谿谷に独り佇み 風が告げる 仇討ちの愚かな末路

組曲「黒塚」~安達ヶ原

風の音の遠き 古の咎よ 今は結ぼほる の玉か

紺碧の双刃

不破野の 空を 東より浪速へと 飛ぶ 鳥の影

覇王

「立て」 我は 刻を 告げる 限外

組曲「鬼子母神」~径

皆に 祈り 託し 巫女は 定に

上身の煌めきよ 鞘なる心よ 審神者の 付喪に 宿れ

一本蹈鞴

砂を 噛むなら 翫味と 為る 禄を

がいながてや

おぉいちにぃの、さんよいどぉ… おぉとろっしゃぁ どげながぞ がいながてや

百々目鬼

烟景の霞の嶺 玉響に心襲う 魔の刺したる間隙 千篇が一律皆 悉く余人の功

覇邪の封印

俄に 湧いた 黒い 何かに 跳ねることを

腐蝕の王

深い 此の 涅の 底で 腐爛せし

魔王

産まれ落ちた 鬼子は 遙か遠く 宙を睨める 有智に雑じる

組曲「鬼子母神」~紅涙

遅くなると 約した 男は 動もせば 抑

挽歌

行き過ぐ 亡き身の 群を 帷が 漆黒に

雲は龍に舞い、風は鳳に歌う

岨 駈ける 時も 聢と 眼を

青天の三日月

仮初の 従 かなぐり 別るは 戦乱の

酒呑童子

赤るも 倫護り 私慝を 咎められど 等閑

組曲「義経」~夢魔炎上

剥き出しの骨を 爪で つと掻き裂く 虚ろなる病みの 睡り醒ます様に

鉄鼠の黶

末期に 堕つる 闇 深く 欺罔の

神風

散りぬれど 咲かぬよりは 好まし 取り縋る 枷は

鎮魂の歌

足音響かせて 叢立は勇む いざや鬼殿へ その首を討たんと

飯綱落とし

其処に 在るなら 取りも 敢えず 行き立つ