1. 歌詞検索UtaTen
  2. 陰陽座
  3. 陰陽座の歌詞一覧

陰陽座の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

甲賀忍法帖(バジリスク~甲賀忍法帖~ OP)

下弦の月が 朧に揺れる 夜を 包む叢雲 磔られた

桜花忍法帖

眼指しで 殺したい 絡む闇に 諍う 念い

愛する者よ、死に候え

殺るのは 細工も 刃も 要らぬ 瞳子の

蛟龍の巫女

嗚呼 渾てを 愁いて 天へ昇り行く 龍の面影は

組曲「鬼子母神」~徨

何処かで 声が捻れる 誰かの 嘆きを告げる 風が

黒衣の天女

爛る灰土に独り 落つる涕 涸れて 何時の間にか 復らぬ

組曲「義経」~来世邂逅

咲き後れた 白い花が 薄紅に染まる 帰ることのない誰かを 待ち焦がるように

陰陽師

「東海の神、名は阿明 西海の神、名は祝良 南海の神、名は巨乗 北海の神、名は禺強 四海の大神、全知全霊の力を持ち

浸食輪廻

蓮華台に座り うつらうつら念う 我の朽ちた後は 灰と塵の吹き飛ぶのみか (廼

氷の楔

いつか結ぶ運命の糸は 遠く彼岸の旅路と成りて… 愛しき人の骸を横たえて 血も通わぬ此の腕を齧る

孔雀忍法帖

何処かで 山風の唄 響く 其れでは 果たせまいよと

組曲「黒塚」~安達ヶ原

風の音の遠き 古の咎よ 今は結ぼほる の玉か

覇邪の封印

俄に 湧いた 黒い 何かに 跳ねることを

飯綱落とし

其処に 在るなら 取りも 敢えず 行き立つ

組曲「義経」~悪忌判官

賽の河原に 打ち捨てる 誓いを染める 白旗 裂ける血汐

以津真天

絶島の 産んだ 白露が 珠と 初める

魔王

産まれ落ちた 鬼子は 遙か遠く 宙を睨める 有智に雑じる

組曲「義経」~夢魔炎上

剥き出しの骨を 爪で つと掻き裂く 虚ろなる病みの 睡り醒ます様に

狸囃子

狭い此の世で犇めきて 同じ頭を愛でたり貶したり 餅屋が描く枕絵 絵師が搗く黍餅 掛け違えた看板

鳳翼天翔

朝に醒めた顰む征野の白き乙女 瑞の小佩堅く結びて撓に立つ 浅葱褪めた澱む 遠夜の藍に沈む

殻芥の如く散る 救いも 誇りも 終焉に残るは 似非笑い

化外忍法帖

嗚呼 骨が哭く 谿谷に独り佇み 風が告げる 仇討ちの愚かな末路

紺碧の双刃

不破野の 空を 東より浪速へと 飛ぶ 鳥の影

癲狂院狂人廓

炎天の強者 悦楽の亡者 肝胆の闇を嘗め尽くす 暗澹の聖者 雀躍の狂者

歪む月

冷たい水の底で 死を待つように横たわる 幾年数えたのか この身は朽ちてゆくばかり 見上げる水に揺れる白い月

組曲「黒塚」~鬼哭啾々

血潮垂る刃の如き 心は瞋恚に燻びて 哀れなるは業に ただ呻きすめく鬼よ

上身の煌めきよ 鞘なる心よ 審神者の 付喪に 宿れ

酒呑童子

赤るも 倫護り 私慝を 咎められど 等閑

月花

風に烟る月の 光に揺らめく 姿を化す花は 水鏡に映ろう

悪路王

踏んじがるは土蜘蛛の がったり頭の鬼の倅 勿体振ったり待ったり狩ったりせぬ 時化た ちょんがれ朝廷にゃ服わぬ