1. 歌詞検索UtaTen
  2. 陰陽座
  3. 陰陽座の歌詞一覧

陰陽座の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

甲賀忍法帖(バジリスク~甲賀忍法帖~ OP)

下弦の月が 朧に揺れる 夜を 包む叢雲 磔られた

桜花忍法帖

眼指しで 殺したい 絡む闇に 諍う 念い

蛟龍の巫女

嗚呼 渾てを 愁いて 天へ昇り行く 龍の面影は

愛する者よ、死に候え

殺るのは 細工も 刃も 要らぬ 瞳子の

組曲「鬼子母神」~径

皆に 祈り 託し 巫女は 定に

陰陽師

「東海の神、名は阿明 西海の神、名は祝良 南海の神、名は巨乗 北海の神、名は禺強 四海の大神、全知全霊の力を持ち

亥の子唄

ここもひとつ いわいましょ いちでたら ふんまいて にで

悪路王

踏んじがるは土蜘蛛の がったり頭の鬼の倅 勿体振ったり待ったり狩ったりせぬ 時化た ちょんがれ朝廷にゃ服わぬ

孔雀忍法帖

何処かで 山風の唄 響く 其れでは 果たせまいよと

小袖の手

闇も見えぬ 無明の 淵から 添うこともなく 散りぬる

道成寺蛇ノ獄

限ない 闇を 擦りて 仄白い 雨が降る

化外忍法帖

嗚呼 骨が哭く 谿谷に独り佇み 風が告げる 仇討ちの愚かな末路

癲狂院狂人廓

炎天の強者 悦楽の亡者 肝胆の闇を嘗め尽くす 暗澹の聖者 雀躍の狂者

神風

散りぬれど 咲かぬよりは 好まし 取り縋る 枷は

春爛漫に式の舞う也

言えないこと 言わないこと 沢山あるのは 仕様がないとしても 呼び合うこと

紅葉

然様 捜しける 鬼女は 現在の 憂き名

邪魅の抱擁

思う 燻べる 黒は 恣に 蹂み

妖花忍法帖

咲き乱れる爛漫の 沁み返る香は 罌粟の花 密園に蠢く眩暈誘う四肢は

氷牙忍法帖

謀 蠢く 懐に 生まれ 息差も

紺碧の双刃

不破野の 空を 東より浪速へと 飛ぶ 鳥の影

蒼き独眼

戯れに 縺れし 糸に 箍 抄い取られ

黒衣の天女

爛る灰土に独り 落つる涕 涸れて 何時の間にか 復らぬ

雷神

天空が 暗み 沈む 帳に 雲

青天の三日月

仮初の 従 かなぐり 別るは 戦乱の

鎮魂の歌

足音響かせて 叢立は勇む いざや鬼殿へ その首を討たんと

龍の雲を得る如し

冥雲を 切り裂いて 霹靂が 山池を撃ち抜く 穿たれた

面影

皆紅の衣を濡らした 別れ路の狭霧 手向けの花は白き山査子 冥き途を逝く 今も忘れぬ

舞いあがる

寄辺無い時も 遣る瀬無い時も あんたが望むがやったら 二度と無い刻に 悔い残さんように

百々目鬼

烟景の霞の嶺 玉響に心襲う 魔の刺したる間隙 千篇が一律皆 悉く余人の功

素戔嗚

奪わる 母の 心 言祝ぎ 亡くした