1. 歌詞検索UtaTen
  2. 陰陽座
  3. 陰陽座の歌詞一覧

陰陽座の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

甲賀忍法帖(バジリスク~甲賀忍法帖~ OP)

下弦の月が 朧に揺れる 夜を 包む叢雲 磔られた

桜花忍法帖

眼指しで 殺したい 絡む闇に 諍う 念い

蛟龍の巫女

嗚呼 渾てを 愁いて 天へ昇り行く 龍の面影は

愛する者よ、死に候え

殺るのは 細工も 刃も 要らぬ 瞳子の

覇王

「立て」 我は 刻を 告げる 限外

覇邪の封印

俄に 湧いた 黒い 何かに 跳ねることを

人魚の檻

忘れないで 水に泳ぐ 此の髪を 憶えていて 眠りを断つ

紅葉

然様 捜しける 鬼女は 現在の 憂き名

組曲「義経」~夢魔炎上

剥き出しの骨を 爪で つと掻き裂く 虚ろなる病みの 睡り醒ます様に

無礼講

発程 己に 遠慮を するなよ てんで

一本蹈鞴

砂を 噛むなら 翫味と 為る 禄を

飯綱落とし

其処に 在るなら 取りも 敢えず 行き立つ

鉄鼠の黶

末期に 堕つる 闇 深く 欺罔の

上身の煌めきよ 鞘なる心よ 審神者の 付喪に 宿れ

奇子

鮮やかな暗闇に独り 嗤い尽る白い徒花 幾重もの秘め事に揉まれ 生まれ出たことも消されて

神風

散りぬれど 咲かぬよりは 好まし 取り縋る 枷は

隷 脆性 闌干で 獺祭

組曲「鬼子母神」~径

皆に 祈り 託し 巫女は 定に

面影

皆紅の衣を濡らした 別れ路の狭霧 手向けの花は白き山査子 冥き途を逝く 今も忘れぬ

紺碧の双刃

不破野の 空を 東より浪速へと 飛ぶ 鳥の影

酒呑童子

赤るも 倫護り 私慝を 咎められど 等閑

黒衣の天女

爛る灰土に独り 落つる涕 涸れて 何時の間にか 復らぬ

以津真天

絶島の 産んだ 白露が 珠と 初める

氷牙忍法帖

謀 蠢く 懐に 生まれ 息差も

一目連

藁で囲った 牢獄に 囚わる程に 耄碌せぬ ぶらり

八百比丘尼

時間は 穏やかに 留み 揺らめく 何処かで

慟哭(犬神家の一族 ED)

せめて あと一度 最期に 顔を見せて 別離を告げる台詞は彼岸に

組曲「義経」~悪忌判官

賽の河原に 打ち捨てる 誓いを染める 白旗 裂ける血汐

陰陽師

「東海の神、名は阿明 西海の神、名は祝良 南海の神、名は巨乗 北海の神、名は禺強 四海の大神、全知全霊の力を持ち

鳳翼天翔

朝に醒めた顰む征野の白き乙女 瑞の小佩堅く結びて撓に立つ 浅葱褪めた澱む 遠夜の藍に沈む