1. 歌詞検索UtaTen
  2. 音速ライン
  3. 音速ラインの歌詞一覧

音速ラインの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

打ち上げ花火

いつか忘れてしまうのかな? 君にもらったこんな景色も いつか忘れてしまうのだろう 君と笑ったこんな瞬間も

世界の終わり

どしゃ降りの雨 忘れない時 身体の底で揺れた夜 君はいつかの思い出の色 心のざわめきの音

マーチ

あなたは待っていた 私を待っていた 随分待たせたね 私も待っていた

木枯らしに抱かれて

出逢いは風の中 恋に落ちたあの日から 気づかぬうちに心は あなたを求めてた

サンデーモーニング

ずっと会いたかった人 懐しい夢の中で見た ずっと会いたかった人 あなたは私の夢の色

相合傘

水溜りをはじく 車の車輪には 昨日やり残してた事が回ってる 傘もささずに歩く

心のままに

大きな悲しみに 涙が出そうな時 あの頃の僕らが見てた 青い空を思い出そう どんなに困難で

C/T/Y

くだらないプライドを捨てたら 止まらない涙が溢れてきたりして 戸惑ったこころが痛むけど 忘れない

ポラリスの涙(テレパシー少女 蘭 ED)

抑えきれない胸が痛む 抱えきれない夢の果てに 君が今踏み出した世界は 瞬きのたびに色を変えて

半分花

どこまでも どこまでも 君と変わらず生きたいな 喜びも悲しみも 君と半分ずつ

恋人よ

繋いだココロの欠片も 歩いた空の碧色も 離れて溶けた君の声も いつか忘れてしまうかな?

逢瀬川

アスファルト 濡らす雨音 途切れない 人波に消える 川の流れは

ゆうれい

動き出したハートの奥 名も知れない僕らの音 街をちょっと横目にすり抜けて 舞い上がったら それでお終い

Lost

それぞれの物語を 切なくて儚い物語を あなたの温もりが 私の心の中で暴れ出した

ありがとうの唄

季節は流れ からからと 身体の中を駆け巡って あの人どこへ? 褪せた想いは

ラリー

汗まみれ 白いシャツ 働くよ 夕暮れにはまだ帰れない 朝も夜も通勤ラッシュアワー

思い出して

忘れないで思い出して 僕が今消える前に 昨日言いそびれたことをきり出せないまんまでいる 何から話そうか迷ってるうちに眠ってしまったようです

カフカ

言葉がココロの邪魔をして 感情に逆らっていつかの 懐かしい夏の夢の中で 弾けていなくなったんだ さよなら適当な僕らの

恋の魔法

凍りつく夜の闇を 切り裂くような夢の終わりには 振り返らず 手を振った あなたの後ろ姿が消えるよ

ナツメ

僕らは何も知らないままに 大人になっていく 色褪せない物 僕らは探しながら

素晴らしい世界

昨日起こった出来事で 心にぽっかり穴が空き 身体のど真ん中に風が吹いて 自分の弱さを知りました

テンダー

諦める事に 慣れすぎて ぼやけたまま 少しずつ そう

雨待ち

雨降り 待ちぼうけ いつもの 店の前 通りすがりの女の子

冬の空

夏の思い出さらさらと 音もたてずに色褪せて 君に贈った花模様 答えもせずに空回る

逢いたい

涙の理由も聞かずに あとほんの少しで僕はこの町を出て行くよ さみしくなるけど… 久々かけた電話の声

ありがとね

今が 一番つらいと 君が ぽつんと言った ほんとはもう

1980

交差点の向こう側に 忘れていた夢が回る さよならさえ言えなかった 青すぎる空の欠片と

原動力

遠くの方で揺れている 僕らが描く残像に 夏が終わりを告げたのは きっと君のせいだった 二人ぶらりと街の方へ

青い空

コーヒーの中 歪んだ顔で 待ちわびた空 明日は晴れだ 赤く染められた街

Paint[]

週末には早すぎて 引き返すには遅すぎた 待ちわびすぎた瞬間に 目の前の壁 崩れ落ちた