1. 歌詞検索UtaTen
  2. 香西かおり
  3. 香西かおりの歌詞一覧

香西かおりの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月24日

117 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

一夜宿

香西かおり

作詞:吉幾三

作曲:吉幾三

歌詞:日本海から吹く風が 能登の湾にも 春運ぶ いつかあなたと旅をした 遠い昔の

雨酒場

香西かおり

作詞:里村龍一

作曲:聖川湧

歌詞:おちょこにお酒 つぐたびに 涙が落ちる 音がする 田舎造りの

愛し、恋し

香西かおり

作詞:祇園精舎守

作曲:祇園精舎守

歌詞:愛し、恋し… 薄明かり 目を覚ます 独り寝

無言坂

香西かおり

作詞:市川睦月

作曲:玉置浩二

歌詞:あの窓も この窓も 灯がともり 暖かな しあわせが

居酒屋「敦賀」

香西かおり

作詞:里村龍一

作曲:聖川湧

歌詞:外は雨です 居酒屋「敦賀」 今夜はお茶挽き 誰も来ない となりに座ってお酌をさせて

なみだ発なみだ行き

香西かおり

作詞:松本礼児

作曲:幸耕平

歌詞:窓を打つ雨の雫が こころを濡らして もう二度と帰らない あなた恋しい 悲しみと約束だけを

新湊慕情

香西かおり

作詞:里村龍一

作曲:聖川湧

歌詞:好きで添えない二人なら 何んで逢わせた憎い夜 カモメ波止場の新湊 つらい恋程いとしくて 忘れられない神楽橋

鴎の願い

香西かおり

作詞:石本美由起

作曲:船村徹

歌詞:愛する人に 愛の灯を 捧げて 生きて 行きたいの

恋みれん

香西かおり

作詞:秋浩二

作曲:森山慎也

歌詞:「お前ひとりを 愛していたい」 酒が言わせた 戯言ね うらむ気持ちは

螢の海

香西かおり

作詞:里村龍一

作曲:聖川湧

歌詞:恋の蛍か 漁り火は 闇夜の海を 点します ひとつふたつと

気分を変えて

香西かおり

作詞:山崎ハコ

作曲:山崎ハコ

歌詞:ゆううつな毎日をどうしよう 歌をきいても酒をのんでも直らない いつもの彼のぬくみもほしくない ザーザー雨ふる舗道に一人で泣きたいよ やさしいことばが

氷雪の海

香西かおり

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

歌詞:雪しんしんと 海に落ち 夢ははらはらと 散りゆく いま悲しみが

恋あざみ

香西かおり

作詞:泉淳三

作曲:彩木雅夫

歌詞:愛しあってもどうにもならぬ 今日という日が行き止まり 思い出だけのあなたゆえ 遠くで幸せ祈りましょう あたしは酒場の恋あざみ

流恋草

香西かおり

作詞:里村龍一

作曲:聖川湧

歌詞:流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない 星も見えないこの街で あなたしかない私

酒暦

香西かおり

作詞:池田充男

作曲:森山慎也

歌詞:人の世に うまれて生きて いま幾つ 数えてみましょう 潮の満ちひき

雪列車

香西かおり

作詞:池田充男

作曲:森山慎也

歌詞:わかれられない 男と女 そっと互いに 身を寄せる 忍ぶ仲でも

あなたに

香西かおり

作詞:松井五郎

作曲:玉置浩二

歌詞:Tonight 夜が あなたをとてもやさしくする どんなことばも きこえないほどに

何もいわないで

香西かおり

作詞:安井かずみ

作曲:宮川泰

歌詞:今は何も云わないで だまってそばにいて この小さなしあわせを 抱きしめたい じっとやさしくあなたの目が

ステージ・シンガー

香西かおり

作詞:原真紀

作曲:鈴木キサブロー

歌詞:目をとじてみれば いつも 手をひろげてみれば いつも あつく燃えたライト

酒の河

香西かおり

作詞:たきのえいじ

作曲:あらい玉英

歌詞:いくら好きでも 渡れない 運命という名の この河は 恋しいよ

京の送り火

香西かおり

作詞:秋浩二

作曲:杉本真人

歌詞:死ぬも生きるも あなたとふたり 愛を結んだきぬぎぬの 別れ惜しんで頬沿い 涙が流れて止まらない

せめて乾杯

香西かおり

作詞:たきのえいじ

作曲:八木架壽人

歌詞:おしまい 話はこれで 貸し借りなしよね ふたりの恋は いい事ばかりを並べ

人形

香西かおり

作詞:荒木とよひさ

作曲:浜圭介

歌詞:あなたが愛したのは わたしじゃなくて 淋しい自分を 慰めていただけ 心も身体も

すき

香西かおり

作詞:香西かおり

作曲:玉置浩二

歌詞:見慣れた街角にも 季節はめぐるのに 心は今もあの時もまま 身動き出来ないのよ 逢いたい気持ちだけで

岬宿

香西かおり

作詞:星野哲郎

作曲:叶弦大

歌詞:いつのまにやら チラチラと 点る灯りが つつんでくれる 旅の町

君がいないから

香西かおり

作詞:玉置浩二

作曲:玉置浩二

歌詞:生れて来た時 僕らは 泣くことしかできずに みつめることも 歩くことも

酒のやど

香西かおり

作詞:池田充男

作曲:森山慎也

歌詞:おんなは翳ある 横顔みせて 西から流れて きたという 問わず語りの

春陽炎

香西かおり

作詞:いではく

作曲:鈴木淳

歌詞:桜吹雪が舞う頃 ふたり出会った この町 恋は不思議 いつのまにか

放浪歌

香西かおり

作詞:里村龍一

作曲:聖川湧

歌詞:螢おまえは しあわせか 生きて七日の 一生で 私もおなじよ

楽しい人が好き

香西かおり

作詞:中山大三郎

作曲:中山大三郎

歌詞:星それぞれに語りかけるでしょう 星それぞれの個性もあるわ 祈りを捧げる願い星叶い星 涙に別れのキラリ星夢見星 恋する星ときめき星

浮寝草

香西かおり

作詞:石本美由起

作曲:船村徹

歌詞:好きになるのは 悲しいことと 知った 女の 泣きぼくろ

恋のなきがら

香西かおり

作詞:友利歩未

作曲:幸耕平

歌詞:凍える指の先に ああ痛みが走る 遠い夢の夢の破片 疼いてる 思い出の棲む部屋には

春の雪

香西かおり

作詞:里村龍一

作曲:聖川湧

歌詞:背負う宿命の ひと枝を 折れば世間の 棘が刺す 許されぬ

ごむたいな

香西かおり

作詞:秋元康

作曲:後藤次利

歌詞:昨日の夢は月のように 夜が明ければ 消える 残った愛しさは いつになれば

夢吹雪

香西かおり

作詞:里村龍一

作曲:聖川湧

歌詞:純な女は 可愛いけれど 純じゃ渡れぬ 橋がある 憂き世裏街

アカシアの雨がやむとき

香西かおり

作詞:水木かおる

作曲:藤原秀行

歌詞:アカシアの雨にうたれて このまゝ死んでしまいたい 夜が明ける 日がのぼる 朝の光りのその中で

秋田長持唄

香西かおり

作詞:日本民謡

作曲:日本民謡

歌詞:蝶よナーヨー 花よとヨー 育てた娘 今日はナーヨー他人のヨー オヤ

契り酒

香西かおり

歌詞公開をリクエスト!

口紅模様

香西かおり

作詞:麻こよみ

作曲:都志見隆

歌詞:捨てずじまいの 古い口紅 鏡をのぞいて 引いてみる 真っ赤な色が

絆唄~キズナウタ~

香西かおり

作詞:冬弓ちひろ

作曲:都志見隆

歌詞:人は 生まれる時 ぎゅっと この手の中 糸を

悲しみにさよなら

香西かおり

作詞:松井五郎

作曲:玉置浩二

歌詞:泣かないでひとりで ほゝえんでみつめて あなたのそばにいるから 夢にまで涙があふれるくらい

嘲笑

香西かおり

作詞:北野武

作曲:玉置浩二

歌詞:星を見るのが好きだ 夜空をみて 考えるのが 何より楽しい 百年前の人

標ない道

香西かおり

作詞:香西かおり

作曲:玉置浩二

歌詞:「今夜もまた泣いているの」 止まない雨に打たれながら 突然旅立つあの人 見送った日の記憶 離れても愛しさは尽きない

あゝ人恋し~30周年ヴァージョン~

香西かおり

作詞:市川睦月

作曲:玉置浩二

歌詞:こんな夕暮れは いつも思い出す さざんかの咲く道で 独りで遊んだあの頃を 赤い夕日の

わすれ花

香西かおり

作詞:喜多條忠

作曲:弦哲也

歌詞:ひとりになった 淋しさは たとえば冬の桜花 想い出だけが 風に鳴り

やっかいもの

香西かおり

作詞:喜多條忠

作曲:弦哲也

歌詞:あいつの生まれは 深川あたり 隅田川行く ポンポン蒸気 アサリぶっかけ

秋恋歌

香西かおり

作詞:原文彦

作曲:叶弦大

歌詞:盆もそろそろ 十日を過ぎて 女ごころに 秋の風 酔えばこんなに

花は泣かない

香西かおり

作詞:原文彦

作曲:叶弦大

歌詞:諦めましょうと 心に決めて みんな忘れた 振りしても 未練ぎりぎり

とまり木夢灯り

香西かおり

作詞:レーモンド松屋

作曲:レーモンド松屋

歌詞:貴方の夢に 虹をかけたい 一緒に渡ると 決めていたのに 涙で別れてもう二年

くちなし悲歌

香西かおり

作詞:小谷夏

作曲:三木たかし

歌詞:忘れていた 夢を見たのよ あなたに まだそんな 気持ちになれる

香西 かおり(こうざい かおり、1963年8月28日 - )は日本の演歌歌手。本名は香西 香(こうざい かおり)。大阪市港区出身、在住。大阪市立東商業高等学校卒業。2015年現在の所属事務所はプロダクションオーロラ、レコード会社はユニバーサル ミュージック(Prime Music Music)。 wikipedia