1. 歌詞検索UtaTen
  2. 鳥羽一郎
  3. 鳥羽一郎の歌詞一覧

鳥羽一郎の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

千島桜

遥かなシベリアへ 飛び立つ白鳥の わかれの鳴き声 見送る風蓮湖 千島桜よ

儚な宿

雪をいじめる 湯煙りを よけて 積もればいいものを つかのまの

男の港

板子一枚 生命をはった 男度胸の 海が呼ぶ 競う船出を

だんじり

冷酒を一ぱい 一気に干して パッと清めの 塩をふる 行くぞだんじり

龍神

五円札にヨ 火をつけて 廓帰りの 下駄をさがした 名代の漁師が

カサブランカ・グッバイ

私はいつも あなたに言った 別れ話は みっともないわ ただ黙って

来島海峡

嘘も誠も 飲み込んで 潮は流れる 青々と のせられた

国府宮はだか祭

尾張の空から 天下にひびけと 勇壮絵巻は 追儺の厄まつり 一生一度の

王手

男一代将棋の駒に 懸けた王将 三吉さんが みせた浪花のこころ意気 王手

別れの宿

しら しら しらと 雨がふる そぼ

宝来船祭り

御船屋吉兵衛 音頭取り 天にひと声 宝来と掛けりゃ 待ってましたと

漁火港

ずい分遠くまで来たナァ… ひと休みして行こうか お袋みたいに温ったかい 漁火ゆれる

人生花暦

人の情けに 情けに泣いた 泣いて覚えた この世の道よ 負けて逃げるな

兄弟船

波の谷間に 命の花が ふたつ並んで 咲いている 兄弟船は

紀州街道

北から東へ 旅から旅へ 数えりゃ十年 ちぎれ雲 ちぎれ雲

海峡の春

酒は熱かん 佐田岬 肴はきんめの 一夜干し あとは何にも

海賊の舟唄

今ゆけ 海賊 英虞湾駈けて 伊勢志摩あおぎ 夢を

港の挽歌

海が恋しい 船乗りたちには 消えて淋しい 港の灯り 昔ここらじゃ

男酒

夢ものぞみも 故郷も 今じゃ演歌の 中だけか 想いだすなぁ

志摩半島

焼いたアワビに からくち地酒 酔えば聞こえる 荒波太鼓 和具の大島

さらば海峡

心を引き裂く 別れのドラに 霧も泣いてる 港駅 もうあの店も

野郎酒

ひとりしみじみ 飲む酒さみし 腹の底まで じんと しみてくる

男の決心

世間が許さぬ 男と女 きっとお前は 辛かろう 石のつぶてを

裏町

誰にでもあるだろう 小さな過ちは 儘よお前は 背中を向けた 訳も知らない

山陽道

それじゃ行くぜと 背を向けりゃ 露地を小走り 後追い泣いた 雨に追われて

愛をみんなで

ひとは誰でも しあわせを 求めさがして 旅をする だけどどこかで

ねぶた恋歌

(ラッセラー ラッセラーラッセーラッセーラッセラー…) 俺が死ぬ程ヨ好きだと泣いたあの娘達者でヨいるだろか

飛騨の龍

飛騨の匠と 言われる日まで 二度と木曽路の 地は踏まぬ 広い世間を

海の祈り

果てしなき 海の彼方に 水色の やすらぎを 求めた友は

親子船

親父が船長で 伜のおれが 網をあずかる 漁労長 そら引け