1. 歌詞検索UtaTen
  2. 鳥羽一郎
  3. 鳥羽一郎の歌詞一覧

鳥羽一郎の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

儚な宿

雪をいじめる 湯煙りを よけて 積もればいいものを つかのまの

千島桜

遥かなシベリアへ 飛び立つ白鳥の わかれの鳴き声 見送る風蓮湖 千島桜よ

天下布武

鎧かぶとに生命をあずけ 戦にかけた 天下布武 眼下に望む びわの湖

手のひら

やれやれ一日 終わったと 風呂から上がって 汗を拭く 女房自慢の

だんじり

冷酒を一ぱい 一気に干して パッと清めの 塩をふる 行くぞだんじり

人生花暦

人の情けに 情けに泣いた 泣いて覚えた この世の道よ 負けて逃げるな

兄弟船

波の谷間に 命の花が ふたつ並んで 咲いている 兄弟船は

飛騨の龍

飛騨の匠と 言われる日まで 二度と木曽路の 地は踏まぬ 広い世間を

来島海峡

嘘も誠も 飲み込んで 潮は流れる 青々と のせられた

カサブランカ・グッバイ

私はいつも あなたに言った 別れ話は みっともないわ ただ黙って

母から海に

神戸へ寄るのは いつですか 今度はひと目 逢えますか 時化たときには

志摩半島

焼いたアワビに からくち地酒 酔えば聞こえる 荒波太鼓 和具の大島

男の決心

世間が許さぬ 男と女 きっとお前は 辛かろう 石のつぶてを

鯱って奴は 自分より でっかい獲物に 喰らいつく そんな男に

人生ど真ん中

辛い時代の ど真ん中 逆風にもまれて 思い出すのさ 南十字のふるさとを

宝来船祭り

御船屋吉兵衛 音頭取り 天にひと声 宝来と掛けりゃ 待ってましたと

故郷の山が見える

いちど東京へ 行くと言いながら いつも口だけで ひとり野良仕事 老けたおふくろの

山陽道

それじゃ行くぜと 背を向けりゃ 露地を小走り 後追い泣いた 雨に追われて

悠々と…

たとえば俺が 死んだなら いのちのすべてを 灰にして 北の空から

博多純情

意地の締め込み 度胸の法被 これがわしらの 勲章たい 博多山笠

熊野灘

波と岩との 喧嘩場岬 本州南端 潮岬よ 男だったら

中仙道

旅の空日暮れて 街道に 湯煙りが流れる 宿場町 遠く離れりゃ

海の匂いのお母さん

海の匂いが しみこんだ 太い毛糸の チャンチャンコ 背なかをまるめて

男振り

ガキの頃から わんぱく坊主 ぎこちないほど 舌足らず 愚痴も無ければ

男の港

板子一枚 生命をはった 男度胸の 海が呼ぶ 競う船出を

北の鴎唄

山背が吠えれば こころも時化る 今夜はお前と 朝まで酒づかり 荒くれ海にはョー船もなく

ステーション

そんな駅がある 男には 心が帰る そんな駅がある 酔えば

別れの宿

しら しら しらと 雨がふる そぼ

サハリンの船歌

雪は斜めに みぞれは横に 皮のヤッケを 刺しとおす サハリン通よいの

河内遊侠伝

ばかながきほど かわゆてならぬ 親ばか河内の 親かぼちゃ ぽんとふみつけ