1. 歌詞検索UtaTen
  2. 鳥羽一郎
  3. 鳥羽一郎の歌詞一覧

鳥羽一郎の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

儚な宿

雪をいじめる 湯煙りを よけて 積もればいいものを つかのまの

千島桜

遥かなシベリアへ 飛び立つ白鳥の わかれの鳴き声 見送る風蓮湖 千島桜よ

人生ど真ん中

辛い時代の ど真ん中 逆風にもまれて 思い出すのさ 南十字のふるさとを

藤勝歌

花咲く蔭に 散るもよし 花散る蔭に 咲くもよし 勝負に賭けた

手のひら

やれやれ一日 終わったと 風呂から上がって 汗を拭く 女房自慢の

兄弟船

波の谷間に 命の花が ふたつ並んで 咲いている 兄弟船は

宝来船祭り

御船屋吉兵衛 音頭取り 天にひと声 宝来と掛けりゃ 待ってましたと

人生花暦

人の情けに 情けに泣いた 泣いて覚えた この世の道よ 負けて逃げるな

男はつらいよ

[台詞] 私生まれも育ちも葛飾柴又です 帝釈天でうぶ湯を使い 姓は車 名は寅次郎

昔の名前で出ています

京都にいるときゃ 忍と呼ばれたの 神戸じゃ渚と 名乗ったの 横浜の酒場に

男の決心

世間が許さぬ 男と女 きっとお前は 辛かろう 石のつぶてを

下北漁港

生まれたときから 吹いていた 山背の風だ 荒くれだ ここは下北

別れの宿

しら しら しらと 雨がふる そぼ

親子船

親父が船長で 伜のおれが 網をあずかる 漁労長 そら引け

熊野灘

波と岩との 喧嘩場岬 本州南端 潮岬よ 男だったら

北海夫婦唄

風・・・襟裳の・・・ 風がヨー 天日干しした 日高の昆布 ヒュルーリ

あんたのバラード

あんたにあげた 愛の日々を 今さら返せとは 言わないわ 酔いどれ男と

鯱って奴は 自分より でっかい獲物に 喰らいつく そんな男に

海賊の舟唄

今ゆけ 海賊 英虞湾駈けて 伊勢志摩あおぎ 夢を

旅路の酒

旅路の果ての 居酒屋に 一輪ゆれる 赤い花 きびしい冬に

夜明けの停車場

夜明けの停車場に ふる雨はつめたい 涙をかみしめて さよなら告げる きらいでもないのに

縄のれん

ひょろりよろける お前の肩を しっかりしろよと 抱き上げりゃ すまぬすまぬと

夜霧のブルース

青い夜霧に 灯影が紅い どうせ俺らは ひとりもの 夢の四馬路か

肩車

でっかな親父の肩車 前に広がる海を見て これが男の道しるべ 男同士の話した

来島海峡

嘘も誠も 飲み込んで 潮は流れる 青々と のせられた

飛騨の龍

飛騨の匠と 言われる日まで 二度と木曽路の 地は踏まぬ 広い世間を

男の港

板子一枚 生命をはった 男度胸の 海が呼ぶ 競う船出を

海の匂いのお母さん

海の匂いが しみこんだ 太い毛糸の チャンチャンコ 背なかをまるめて

男の火祭り

紅い紅い炎の 大松明が 燃えて南部の 夜空を焦がす おやじ見てくれ

中仙道

旅の空日暮れて 街道に 湯煙りが流れる 宿場町 遠く離れりゃ