1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小室等
  3. 小室等の歌詞一覧

小室等の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年9月21日

53 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

青空に問いかけて

小室等

作詞:谷川俊太郎

作曲:小室等

歌詞:ほとばしる水の冷たさに 今日がかくれている 見えない太陽に向って鳥たちは歌い おどろいたように地平へとはばたく 答を知らぬきみにできるのはただ

比叡おろし

小室等

作詞:松岡正剛

作曲:松岡正剛

歌詞:風は山から降りてくる レタスのかごをかかえて 唇はくびれていちご 遠い夜の街を越えて来たそうな うちは比叡おろしですねん

ぽつねん

小室等

作詞:谷川俊太郎

作曲:武満徹

歌詞:公園の陽だまりに おばあさんひとりぽつねん やがて極楽でも今地獄 膝は痛むし目はかすむ 富士山だって崩れてく

いたずらがき

小室等

作詞:谷川俊太郎

作曲:小室等

歌詞:私はあなたに問いかけた あなたは決して答えなかった そのかわりいつもきれいな笑顔を見せた あなたの残していった思い出は

あの日 輝いていたきみに

小室等

作詞:下島三重子

作曲:小室等

歌詞:時はめぐり 街は変わっても 路地に入れば 思い出すよ 暗くなるのも忘れて

年輪・歯車

小室等

作詞:有馬敲・山之口獏

作曲:高田渡

歌詞:ふとかれに出あって ふとキスされて ふとかれが好きになって ふとすばらしいとおもって

小室等

作詞:白石ありす

作曲:小室等

歌詞:朝が橋をつくる 心ときめくひとときに ゆるやかな流れは 街をへだて始める

小室等

作詞:白石ありす

作曲:小室等

歌詞:風に吹かれた 吹かれたままの姿で 樹は空に燃えている 子供達は散り行き

国境のアゼルバイジャン・コニャック

小室等

作詞:小室等

作曲:小室等

歌詞:まっすぐに どこまでも 凍てついて 続く道 国境のキオスクで

独り立ちの歌

小室等

作詞:田槙道子

作曲:小室等

歌詞:遠い空が晴れた朝には 地平さして 鳥が飛ぶよ ふるい友よ 君にさよなら

フライング

小室等

作詞:田槙道子

作曲:小室等

歌詞:山脈はるか 高原のかなた ひとり旅するところ 古はるか 潮騒のかなた

あげます

小室等

作詞:谷川俊太郎

作曲:小室等

歌詞:もぎたてのりんご かじったこともあるし 海に向かってひとりで 歌ったこともある スパゲッティ食べて

おさみし谷の別れ唄

小室等

作詞:かぜ耕士

作曲:小室等

歌詞:夜にかくれてあの人が 一人で村を出るという お淋し谷のお月様 情があるなら道かくせ 道かくせ

ゆきの季節

小室等

作詞:白石ありす

作曲:小室等

歌詞:凍てついた窓 彼方に 幻のような河 あたたかなココア

かげろうの唄

小室等

作詞:和田夏十

作曲:小室等

歌詞:誰にも叱られず 誰にも知られず 誰にも罰せられず 自分だけのものがほしい

ウォーキング・マンディ・モーニング

小室等

作詞:山元清多

作曲:小室等

歌詞:いつもの路 ウォーキング・マンディ・モーニング 煙草くわえて ウィズこころスモーキン 空は青く

デッドヒート

小室等

作詞:田槙道子

作曲:小室等

歌詞:全体 何が欲しいの 一体 何が欲しいの 街角のごみ箱あさって

一日の終りには

小室等

作詞:白石ありす

作曲:小室等

歌詞:一日の終りには やさしい顔と 日向の匂いの懐かしい そんな部屋がある

今日までそして明日から

小室等

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:わたしは今日まで 生きてみました 時にはだれかの力をかりて 時にはだれかにしがみついて わたしは今日まで

苦業

小室等

作詞:黒田三郎

作曲:小室等

歌詞:螺旋階段をのぼる 石壁にかこまれた 暗い けわしい 石の階段をのぼる

ラブソング

小室等

作詞:白石ありす

作曲:小室等

歌詞:今はおまえと別れようと こころに決めて 見送るはずの細い肩先 そっとふれたとき 忘れようとしたすべてが

雨のベラルーシ

小室等

作詞:小室等

作曲:小室等

歌詞:思い出の街ベラルーシ きみと過ごしたベラルーシ リンゴの花をきみの 髪に飾ったあの日 まるで昨日のことのようだね

ごあいさつ

小室等

作詞:谷川俊太郎

作曲:高田渡

歌詞:どうもどうもいやどうも いつぞやいろいろこのたびはまた まあまひとつまあひとつ そんなわけでなにぶんよろしく なにのほうはいずれなにして

雨が空から降れば

小室等

作詞:別役実

作曲:小室等

歌詞:雨が空から降れば オモイデは 地面にしみこむ 雨がシトシト降れば オモイデは

雨は燃えている

小室等

作詞:白石ありす

作曲:小室等

歌詞:激しい夏に まばたきもせず 疲れた服 脱ぎ捨てれば

今夜きみ

小室等

作詞:吉増剛造

作曲:小室等

歌詞:今夜 きみ スポーツカーにのって 流星を正面から 顔に刺青できるか

三途川ロック

小室等

作詞:高橋陸郎

作曲:小室等

歌詞:ここは地獄の一丁目 三途の河の舟の上 彼は誰どきを振り返る 死出の山道 その果ての

のみくらべ

小室等

作詞:白石ありす

作曲:小室等

歌詞:サアサア皆さん集まって 飲み較べをしようじゃないか 飲み較べをしようじゃないか そこの酒場でやつぎばや 外は早足長雨地雨

バラはあこがれ

小室等

作詞:早川清至

作曲:ジルベール・ベコ―

歌詞:永遠の誓いにそむいた心が 君を捨ててゆくときも 隠しきれない悩みを誰にも 打ち明けられないときも バラはあこがれバラはあこがれ

流星花火

小室等

作詞:及川恒平

作曲:小室等

歌詞:「下町は田舎みたいだ」って 車に乗り合わせた女の子が言う 下町育ちの小室さんは 「成程……」 と、うなずく

朝八時

小室等

作詞:谷川俊太郎

作曲:小室等

歌詞:朝八時 歩道にそれぞれの影をひいて 人々は急ぎ足 ドルと円とフランとポンドが渦巻く 退屈で騒がしい一日の始まり

ぼくたちのラストダンス

小室等

作詞:小室等

作曲:小室等

歌詞:もうなにも 話すことはないと きみの瞳が語ってる 取り返しのつかない 時が流れて

三条へ行かなくちゃ

小室等

作詞:高田渡

作曲:高田渡

歌詞:三条へ行かなくちゃ 三条堺町のイノダっていう コーヒー屋へね あの娘に逢いに なに好きなコーヒーを

お早うの朝

小室等

作詞:谷川俊太郎

作曲:小室等

歌詞:ゆうべ見た夢の中で ぼくは石になっていた 見知らぬ町で人に踏まれ 声を限りに叫んでた 夜の心のくらやみから

アルカディア

小室等

作詞:かぜ耕士

作曲:小室等

歌詞:Oh! God! こいつに幸せくれるなら 俺の願いは 全部全部

おまえがいれば

小室等

作詞:白石ありす

作曲:小室等

歌詞:生活かい まずまずだよ たまにはこんなふうに 酒も飲るし 休みの日は相変らずさ

賞状

小室等

作詞:滝沢耕平

作曲:小室等

歌詞:勤続十年の賞状を はげた頭の 会長とやらから 頭上高く 差し上げられた時

12階建てのバス

小室等

作詞:小島武

作曲:小室等

歌詞:どこからやってくるのだろう 約束のように バスがやってくる 12階建てのバスがバスがやってくる あれは昨晩おそく

12月のうた

小室等

作詞:茨木のり子

作曲:小室等

歌詞:熊は もう 眠りました 栗鼠も うつら

東京

小室等

作詞:白石ありす

作曲:小室等

歌詞:君ならどこへ行っても きっとうまくよれると そう 信じてるよ そして

逃亡の河

小室等

作詞:田槙道子

作曲:小室等

歌詞:高いあの山への道 通い道 愛、愛 遠いふるさとの河 氾濫河

都会の朝

小室等

作詞:白石ありす

作曲:小室等

歌詞:厚いガラスのむこうに 白い河のような高速道路 音を刻まない街のかなたに 今日がただ急ぐよ 心のままに愛して

守らずにいられない

小室等

作詞:谷川俊太郎

作曲:小室等

歌詞:おまえをみつめていると 私は男らしさをとりもどす おまえの手はひびがきれ おまえのくちびるのわきには 小さなしわがきざまれている

無題

小室等

作詞:小室等

作曲:小室等

歌詞:いつも いつも ぼくが きみを 見ててあげるから

ユイ・コムロ

小室等

作詞:白石ありす

作曲:小室等

歌詞:この子のすること 見てごらん もう 自分が女だってこと 知ってるような

夢のまた夢

小室等

作詞:北村魚・及川恒平

作曲:及川恒平

歌詞:夢のまた夢なんの夢 あの街この街日が暮れて 赤いぞうりの緒が切れた 夢のまた夢なんの夢

私は月には行かないだろう

小室等

作詞:大岡信

作曲:小室等

歌詞:私は月にはいかないだろう わたしは領土をもたないだろう わたしは唄をもつだろう 飛び魚になり

赤いクーペ

小室等

作詞:谷川俊太郎

作曲:小室等

歌詞:火の山の広がる裾野 ゆるやかにほどける道を モーツアルトが歌ってくれる どこまでも走ってゆきたい サンルーフを開けて君だけをのせて

OVER THE RAINBOW

小室等

作詞:E.Y.HARBURG

作曲:HAROLD ARLEN

歌詞:Somewhere Over The Rainbow way

小室等

作詞:武満徹

作曲:武満徹

歌詞:風よ雲よ光よ 夢をはこぶ翼 遥かなる空に描く 希望という字を

小室 等(こむろ ひとし、1943年11月23日 - )は、日本のフォークシンガーで、PPMフォロワーズ、六文銭のリーダー。フォーライフ・レコード初代社長。オフィス・キーズ所属。娘は歌手のこむろゆい。 wikipedia