1. 歌詞検索UtaTen
  2. 研ナオコ
  3. 研ナオコの歌詞一覧

研ナオコの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月15日

65 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ワルツ

研ナオコ

作詞:高橋ジョージ..

作曲:高橋ジョージ

歌詞:涙も枯れ果てて 泣けばもっと みじめになる 気が付けば 強い女に

OFF

研ナオコ

作詞:中川麻衣

作曲:都志見隆

歌詞:春には綺麗な 花が咲き乱れ 小鳥のさえずりさえも 耳をくすぐるの 夏の陽を浴びて

花火

研ナオコ

作詞:高橋ジョージ

作曲:高橋ジョージ

歌詞:誰もいない砂浜 あなたの面影と戯れ 淋しい気持ちになる なぜか懐かしい思い

メリー・ジェーン

研ナオコ

作詞:Christopher Lyn

作曲:Hiro Tsunoda

歌詞:Mary Jane on my mind

夏をあきらめて

研ナオコ

作詞:桑田佳祐

作曲:桑田佳祐

歌詞:波音が響けば 雨雲が近づく 二人で思いきり 遊ぶはずの on

裏窓トワイライト

研ナオコ

作詞:売野雅勇

作曲:福島邦子

歌詞:裏窓…人に言えない愛が 切ない明かりをそっと点す 華やぐ 街の背中につけた 爪跡みたい

LA-LA-LA

研ナオコ

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:La-la-la-la-la La-la-la-la-la La-la-la-la-la-la-la La-la-la La-la-la-la-la

かもめはかもめ

研ナオコ

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:あきらめました あなたのことは もう 電話もかけない あなたの側に誰がいても

愛、どうじゃ。恋、どうじゃ。

研ナオコ

作詞:森雪之丞

作曲:筒美京平

歌詞:この恋 どうじゃ ハラハラしそうじゃ この恋 どうじゃ

名画座

研ナオコ

作詞:大津あきら

作曲:佐藤隆

歌詞:男はいつもフランス映画の 気障で淋しげな主役気取りさ やさしさとずるさあやつって 逃げてくわAiYaYa 起きぬけにサヨナラのラブレター

Half Moon

研ナオコ

作詞:森川ゆう

作曲:若草恵

歌詞:わざと 爪を立てた 貴方の背中を 誰かまたなぞるかしら 一途な恋に賭けた

帰愁

研ナオコ

作詞:松任谷由実

作曲:松任谷由実

歌詞:許してほしかったふざけすぎた私 ひさしぶりのそのまなざし さよならがこわくて 私の名前を呼び捨てにできない 遠くなったあなたがいた

愛をもう一度

研ナオコ

作詞:谷山浩子

作曲:谷山浩子

歌詞:いつでも風は吹いてる 悲しみのあいだすりぬけて くちさきだけの愛なんてやつを 笑いとばして

みにくいあひるの子

研ナオコ

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:冗談だよ 本気で言うはず ないじゃないか 鏡を見ろよと 言われるのがおち

冬のカトレア海岸

研ナオコ

作詞:麻生圭子

作曲:辻畑鉄也

歌詞:そして私たちは窓辺の席で 冬のカトレア海岸を見つめている 去年の今ごろは奇跡を信じ 真珠のピアスをなくすほど抱かれてたけど

壁の向こう

研ナオコ

作詞:中村中

作曲:中村中

歌詞:強くならなくちゃいけないの? お前が聞く 隠しきれない悔しさを はじめて聞く 女手ひとつで育てたから

強がりはよせヨ

研ナオコ

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:強がりはよせよと笑ってよ 移り気な性質よと答えたら それならば唇かみしめて なぜ目をそらすかと問いつめて いつからこんなふうになったのか

銀の針

研ナオコ

作詞:遠藤京子

作曲:遠藤京子

歌詞:恋人があの日くれた 小説を読み返せば 難しい文字にルビを振ってるの いじらしい恋 真面目に恋をして

ひとりぼっちで踊らせて

研ナオコ

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:女がひとりきりで 踊ってると不自然 そんな言葉 もう聞かないわ 今夜から利口になるの

愚図

研ナオコ

作詞:阿木燿子

作曲:宇崎竜童

歌詞:あの娘がアンタを 好きだって こっそりアタシに 打ち明けた時 友達だもの

夢枕

研ナオコ

作詞:杉本真人

作曲:杉本真人

歌詞:あんな男のひとりやふたり どうってことないよ あたしには 浮気がバレて こそこそと

P.S. ポカンポカンと雨が降る

研ナオコ

作詞:桑田佳佑

作曲:桑田佳佑

歌詞:夢を見る ひとときが 思い出に 変わる頃 泣きながら

夜に蒼ざめて

研ナオコ

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:あなたのささやきが その場かぎりと知った時 夜が蒼ざめました 心はつむじ風

なつかしい朝(未来少年コナン ED)

研ナオコ

作詞:谷山浩子

作曲:谷山浩子

歌詞:なんにも言わない海よ おまえはいつも見ていた 人の世界の争いごとを 流した涙のことを

材木座あたり

研ナオコ

作詞:高橋睦子

作曲:渡辺真知子

歌詞:何が哀しい 訳でもないのに 誰が恋しい 訳でもないのに 恋の唄うたったり

Tokyo見返り美人

研ナオコ

作詞:阿木燿子

作曲:宇崎竜童

歌詞:シートベルトを外して 車を飛びだしたらば 外は雨 こぬか雨 舗道が濡れてる

弥生

研ナオコ

作詞:阿木耀子

作曲:宇崎竜童

歌詞:三月生まれのはずだから 仮の名前で弥生と付けた 男か女か知らぬまま ふと閃めいて そう付けた

雨の日の映画館

研ナオコ

作詞:秋元康

作曲:鈴木キサブロー

歌詞:雨の日の映画館はしめった傘の匂いがする 雨の日の映画館はしめった恋がよくにあう 金曜日の午後 恋人と別れた その足で硬いシートに身体を埋めた

ワインレッドの心

研ナオコ

作詞:井上陽水

作曲:玉置浩二

歌詞:もっと勝手に恋したり もっとKissを楽しんだり 忘れそうな想い出を そっと抱いているより 忘れてしまえば

ふられた気分

研ナオコ

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:ふられた気分がわかるなら やさしい言葉はすてとくれ ばかだわ ばかだとくり返し わたしをしかりつけて

ちっちゃな時から

研ナオコ

作詞:浅川マキ

作曲:むつひろし

歌詞:ちっちゃな時から 浮気なお前で いつもはらはらする おいらはピエロさ さよなら

ひとり遊び

研ナオコ

作詞:荒木とよひさ

作曲:都志見隆

歌詞:ひとり遊びじゃなくて 泣いてしまうほど 誰かを好きでいれば それでいいじゃないの 寂しさが見えてきた

P.S.話がちがうじゃない

研ナオコ

作詞:SHIRO SEINO..

作曲:NORA

歌詞:口ぐせは 生命にかけて 守ってやるさ おまえのためなら 満月も

迷子

研ナオコ

作詞:高橋睦子

作曲:都志見隆

歌詞:見えすいた嘘をついたら あんたはあきれて 私を捨てるだろうか 男と女 きれいな別れじゃ

『いちご白書』をもう一度

研ナオコ

作詞:荒井由実

作曲:荒井由実

歌詞:いつか君といった 映画がまた来る 授業を抜け出して 二人で出かけた

旅の宿

研ナオコ

作詞:岡本おさみ

作曲:吉田拓郎

歌詞:浴衣のきみは 尾花の簪 熱燗徳利の首 つまんで もういっぱいいかがなんて

私は泣いています

研ナオコ

作詞:りりィ

作曲:りりィ

歌詞:私は泣いています ベッドの上で 私は泣いています ベッドの上で あなたに逢えて

ひとりぽっちで踊らせて

研ナオコ

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:女がひとりきりで 踊ってると不自然 そんな言葉 もう聞かないわ 今夜から利口になるの

窓ガラス

研ナオコ

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:あの人の友達が すまなそうに話す あいつから見せられた 彼女というのが つまらない女でと

あばよ

研ナオコ

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:何もあの人だけが 世界中でいちばん やさしい人だと かぎるわけじゃ あるまいし

雨の物語

研ナオコ

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

歌詞:化粧する君の その背中がとても 小さく見えて しかたないから 僕はまだ君を

愛の喝采

研ナオコ

作詞:阿久悠

作曲:都倉俊一

歌詞:今日からの私が 生きるもほろぶも ただあなたの言葉に賭けていた 二人といえば生きるし 一人といえばほろぶし

帰らざる日々

研ナオコ

作詞:谷村新司

作曲:谷村新司

歌詞:最後の電話を握りしめて 何も話せずただじっと 貴方の声を聞けば何もいらない いのちを飲みほして目を閉じる

ダンスはうまく踊れない

研ナオコ

作詞:井上陽水

作曲:井上陽水

歌詞:ダンスは うまく 踊れない あまり 夢中に

どうぞこのまま

研ナオコ

作詞:丸山圭子

作曲:丸山圭子

歌詞:この 確かな時間だけが 今の二人に 与えられた 唯一の

メランコリー

研ナオコ

作詞:喜多條忠

作曲:吉田拓郎

歌詞:緑のインクで 手紙を書けば それは さよならの 合図になると

アカシアの雨がやむとき

研ナオコ

作詞:水木かおる

作曲:藤原秀行

歌詞:アカシアの雨にうたれて このまま死んでしまいたい 夜が明ける 日がのぼる 朝の光りのその中で

研ナオコ

作詞:中島みゆき

作曲:中島みゆき

歌詞:なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ

舟唄

研ナオコ

作詞:阿久悠

作曲:浜圭介

歌詞:お酒はぬるめの 燗がいい 肴はあぶった イカでいい 女は無口な

街の灯り

研ナオコ

作詞:阿久悠

作曲:浜圭介

歌詞:そばに誰かいないと 沈みそうなこの胸 まるで潮が ひいたあとの 暗い海のように

研 ナオコ(けん ナオコ、本名:野口 なを子(旧姓:浅田)、1953年7月7日 - )は、日本の歌手、タレント、コメディエンヌである。所属事務所は田辺エージェンシー。 身長162cm、体重51.5kg、血液型A型。一男一女の母。娘は歌手・タレントで、Bro.KONEの長女・近藤麗奈と田代まさしの長女・田代小夏と組んでいた小夏・ひとみ・レイナのひとみ(本名:野口ひとみ)。 静岡県田方郡天城湯ヶ島町(現・伊豆市)出身。静岡県立三島南高等学校中退。「ナオコ節」とも称される独特のアンニュイな歌声と歌唱法で、1970年代中盤から1980年代中盤にかけて数々のヒット曲を世に送り出した。代表曲には『あばよ』『かもめはかもめ』『夏をあきらめて』(オリコンチャートシングル売上・ベスト3)などが挙げられる。 wikipedia