1. 歌詞検索UtaTen
  2. 森山直太朗
  3. 森山直太朗の歌詞一覧

森山直太朗の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月6日

170 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

さくら (独唱)

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗

歌詞:僕らは きっと待ってる 君とまた会える日々を さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ

生きてることが辛いなら

森山直太朗

作詞:御徒町凧

作曲:森山直太朗

歌詞:生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい 恋人と親は悲しむが 三日と経てば元通り 気が付きゃみんな年取って

最悪な春

森山直太朗

作詞:御徒町凧

作曲:森山直太朗

歌詞:絵に描いたような空と 空に描いたような絵があって どっちの方がステキと 驚くような日の光 見つけた頃に忘れちゃう

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:広がる空に 僕は今 思い馳せ 肌の温もりと 汚れたスニーカー

うんこ

森山直太朗

作詞:森山直太朗

作曲:森山直太朗

歌詞:さっきまで体の中にいたのに 出てきた途端 いきなり嫌われるなんて

夏の終わり

森山直太朗

作詞:御徒町凧..

作曲:森山直太朗

歌詞:水芭蕉揺れる畦道 肩並べ夢を紡いだ 流れゆく時に 笹舟を浮かべ 焼け落ちた夏の恋唄

今が人生~飛翔編~

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗

歌詞:(今が人生) 晴れ後 曇り 時々雨 風また晴れ

愛し君へ

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗

歌詞:いっそ 抱きしめて 抱きしめて 離さないよ このまま

若者たち(フジテレビ開局55周年記念ドラマ「若者たち 2014」主題歌)

森山直太朗

作詞:藤田敏雄

作曲:佐藤勝

歌詞:君の行く道は 果てしなく遠い だのになぜ 歯をくいしばり 君は行くのか

どこもかしこも駐車場

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:別れ話の帰り道 悲しくなんてなかったよ フラれた方は僕なのに 泣いていたのは君の方

生きとし生ける物へ

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗

歌詞:やがて涙は渇くとて 風に吹かれちゃいられない 僕は君が思うような人間じゃない そうさそんな人間じゃない

群青

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:澄み渡る空を見てると 自分が小さくなったみたいで それは全然悪いことでは ないと思うよたぶん絶対

紫陽花と雨の狂想曲

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗

歌詞:風に揺れた紫陽花のハーモニー 胸の奥がキュンとくるのさ 君と初めて出会った日から 僕の時計は壊れているのさ

花の名前

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:僕と君が出会ったのは ドーナツ池のそのほとり ねぇ遊ぼうって言う前に 君は微笑んだ

時代は変わる

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:ああだこうだと屁理屈並べて のらりくらりでどこまで行くのか 西から東へ地球は廻る そうさこうしてむすんでひらいて

スキヤキ

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗

歌詞:一人はいつも寂しいものさ イグアナと戯れても癒されはしない 占いのページ読み返しては 曖昧な明日に賭けてるんだ 別に敢えて言うほどのことじゃないが

マリア

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗

歌詞:さよならマリア 絡め合った小指と カラメル色した日溜りの午後 今さら「ごめんね」なんて謝ってみても 君は許してくれないよね

人間の森

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:流れた涙が 星になって 星になってから 闇に消えてった

日々

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:ありふれた日々の中で 君は眠っていた 暗闇に影を潜めながら 明日を待ちわびていた

愛の比喩

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:どれだけ君と 話しただろう 見つめるだけで 幸せなのに

すぐそこにNEW DAYS

森山直太朗

作詞:御徒町凧

作曲:森山直太朗

歌詞:loneliness 近くならないか しげない 路地裏の隅で 辺りを包んだ

アンジョリーナ

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:かったりーな今日も外に出るの なんか膝痛いし どんよりな空を眺めてても やっぱ腹は減るんだね 徐々に減るんだね

「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」のテーマ

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗

歌詞:あの日のように 大空に歌おう Let's sing a

土曜日の嘘

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗

歌詞:さよなら さよなら また会う日まで 悲しい思いは 置いて行けよ

風唄

森山直太朗

作詞:御徒町凧..

作曲:森山直太朗

歌詞:欲望の波に夕蕩う 一輪の花 紅の地平に燃ゆる 一片の詩 絶望の果てに射し入る

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:形あるものすべて 色褪せてゆくけれど あなたの作る笑顔は 今日も新しい

出世しちゃったみたいだね

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:どうしたんだ ヘヘイ ブラザー 出世しちゃったみたいだね

やがて

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:扨は地平に響く歌 殊更にあおる永遠の中で 絡まってる 果てはこの手にしたい物

電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:いつぞや雨が降り出して 電車の中は蒸し暑い 選んだ仕事は消去法 思ってたより長続き 恋人はまぁいないけど

こんなにも何かを伝えたいのに

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:一年は三百六十五日 十年は三千と六百五十 と二日 それは それは

人のことなんて

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:人のことなんて もうどうだって いいじゃないか

運命の人

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:昨日撮った君の写真が 懐かしく思えた あんなにも楽しかった 日々は泡沫のこと

触ってごらん

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:触ってごらん 命だよ この温かい 塊が

ラクダのラッパ

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:カレンダーに印を付けて 伏し目で何を見てるんだ 目の前にいる大切な人さえ 守ることさえできやしないのに アクセサリーで飾り立て

時の行方~序・春の空~

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:春の空ふと見上げて思った私の小ささを 今日も在るがまま為すがまま赴くまま この胸、 風に添えて

フューズ

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗

歌詞:誰もいない部屋に 花が一つ咲いたら 君は戻ってくるだろう 作り笑いでいい

手紙

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗

歌詞:新しいこの街にも 少しずつ慣れてきたよ 昨日から降り続く雨に 布団はびしょ濡れだけど

星屑のセレナーデ

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗

歌詞:暗転のステージに差し込んだ一筋のライト 気まぐれな天使が目の前に舞い降りた まさに電光石火 恋のキラメキ 空前絶後

ありがとうはこっちの言葉

森山直太朗

作詞:御徒町凧

作曲:森山直太朗

歌詞:なんなんだろう この胸のもやもやは 洗い立てのタオルに 顔を埋めるような

傘がある

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:降り出した雨に カレーが食べたくて ふらり入った カウンターの店

高校3年生~リミックス~

森山直太朗

作詞:直太朗

作曲:直太朗

歌詞:授業中気が付くと 君の背中いつも見ていた 二人して怒られて 立たされてたこともあったね

速魚

森山直太朗

歌詞:命の炎が今 消え去ろうとしている 速魚 鏡の中のお前が頷いている

どのみち

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:どのみち行けども行き止まり 泣けど喚けどレスはなし はぁ今日も結局一日何もせずにいました 言わんこっちゃない 言わんこっちゃない

たぶん今頃

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:なだらかに空は広がり その空の向こうの下に まだ見たことのない世界が作られている たぶん今頃

花鳥風月

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:行く雲に乱れし心 吐く息は仄かに白く 喜怒哀楽を幾重に纏い 人は今 何処を歩む

小さな恋の夕間暮れ

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:南へと向かう 背中丸めた飛行船 見上げた横顔 いつもと同じ交差点

伝説

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:通りの向こう側に 四角いビルが又建った 窓に映る雲の流れは 速くて

あの街が見える丘で~雲バージョン~

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗..

歌詞:どうせいつかは土に還ると 出鱈目ばかりの人間様が宣った 塞ぎ込んだこの目が零れ落ちた どうにもこうにもならないことが

例えば友よ

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗

歌詞:呼ぶ声がする 彼方大地の静寂から たぶん何かの間違いだけれど 野花と僕は苛々していた

秋桜

森山直太朗

作詞:森山直太朗..

作曲:森山直太朗

歌詞:狂ったように叫ぶ 野良猫の鳴き声に目を覚ました 消し忘れたテレビの中から 嘘っぽいニュースが聞こえる

森山 直太朗(もりやま なおたろう、1976年4月23日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。名前の由来は素「直」で「太」く「朗」らかから。セツナインターナショナル所属。 身長170cm。 東京都渋谷区出身。成城学園高等学校、成城大学卒。大学在学中から、吉祥寺の井の頭公園などでギターを抱えて歌うようになる。作詞はほとんどの楽曲を御徒町凧と共作している。2005年からは作曲も共作となっている。妻はピアニストの平井真美子。実母は森山良子。実父はジェームス滝。異父姉はマネージャーの森山奈歩。また、義兄に姉の夫・小木博明がいる。血液型はB型。 wikipedia