1. 歌詞検索UtaTen
  2. EPO
  3. EPOの歌詞一覧

EPOの歌詞一覧

公開日:2015年11月16日 更新日:2020年9月21日

68 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

三番目の幸せ

EPO

歌詞:ひとりぼっちは自由でいいわ ひとりぼっちになれるとしたら いつでも気ままに恋したり パシャマで一日音楽聴いたり 頬づえをつきながら

セクシー・バス・ストップ

EPO

歌詞:いつものジューク・Boxかけても あなたはいないのね 消えゆく街の灯を数えて 涙ぐむ私よ BUS.STOP.I.Remember

渚のモニュメント

EPO

歌詞:毎日生まれの私 そっと抱きしめて 君だけひとりに しないと誓った 遥かなメモリー

ねぇ、こんなこと考えたことある

EPO

歌詞:ねぇ、こんなこと考えたことある? 宇宙は誰かの お腹の中で 地球は緑の細胞で それはないわ!わからないわ!

百年の孤独

EPO

歌詞:生まれた時に消されてしまう 記憶はどこの海に 沈んでいるの Nobody knows

私の気持ちが何故わかる?

EPO

歌詞:日がな一日 眠っているのに 何も困らないのは どうして 哲学の路

いろんな国で暮したい

EPO

歌詞:何だか中途半端な気持ち 気持ちはどこを歩いてる 素足になろう 素足になったら ここがどこだかよくわかる

うさぎがはねた

EPO

歌詞:丸いお月様の中に 昔しうさぎが 住んでいた 歴史にないことが 私は好き

Everybody knows

EPO

歌詞:遊びのように とても短い 手紙の中で 隠しきれない

Everybody knows(English version)

EPO

歌詞:Spend your time in mystery

Super Natural

EPO

歌詞:柱時計 午前0時 未来でもなく 昔でもない

Seven little hours

EPO

歌詞:Pulled out a broken mirror

チクタク

EPO

歌詞:生き急ぐ街 東京は疲れきっている かたわらにある幸福も見過ごしてしまう はりきり過ぎたと

夏の約束

EPO

歌詞:お天気がいい日は 少しがまんをして 瞳をひらいて あなたを惑わせる 真夏の出来事に

Never alone

EPO

歌詞:I feel your presence around

母の言い分

EPO

歌詞:けんかは続いているの 家にも帰ってない 世代の違う女同士には 触ると痛い場所がいつもある

Why

EPO

歌詞:You know I love you

本当の色

EPO

歌詞:本当の空ってどんな色 本当の愛ってどんなもの 答えは君の中 気づいた胸の中

矛盾の中で生きてる

EPO

歌詞:正しい人が傷ついたり 優しい嘘に救われたり 不思議ね 様子を見ながら 安心する

私について

EPO

歌詞:15の私に手紙を書いたら 幸福だったと 返事が来たから 思い出の中 さまよう私を

遠い窓近い窓

EPO

歌詞:天井裏に住んでる 気まぐれな神様は 夢のような願い事を聞いてくれたわ 誰も知らないけれど 声も聞こえないけど

あなたを奪えない

EPO

歌詞:シャツの一枚も 歯ブラシさえも ここには ひとつも 置いていないから

Would You Dance With Me?

EPO

歌詞:すいたフロアー 雨の木曜日 最後のチークで 抱き合えば

かなしいともだち

EPO

歌詞:浮気な春の夜風に 体が冷えぬ様に そっと くるんであげたい ふるえる肩を

BYE BYE BABY

EPO

歌詞:Bye bye baby baby good

PAY DAY

EPO

歌詞:ハンドルにぎりながら 流れずの交差点 道行く彼女達に もう目移りしてる

朝のドライブ

EPO

歌詞:朝のドライブ 環七沿いを トラックに囲まれて 行けば

雨のケンネル通り

EPO

歌詞:手荷物小わきにかかえ 子犬達のたわむれを ウィンドウ越しに ながめる人は 優しい目をしてる

雨のめぐり逢い

EPO

歌詞:アーケードから つたうしずくが 人待ち顔で佇む人の 肩や腕に舞い降りてく そっと……

語愛

EPO

歌詞:閉じたまぶたに焼きついて 離れない記憶のもどかしさ あこがれを書きつけた ページに触れた指

土曜の夜はパラダイス

EPO

歌詞:恋のパラダイス 夢のパラダイス ロマンティックな夜はふけて 踊ろうパラダイス 唄おうパラダイス

日曜はベルが鳴る前に

EPO

歌詞:日曜はベルが鳴る前に 起きてしまう 子供の頃のそんな癖が 今もなおらない

PARK Ave. 1981

EPO

歌詞:金色の日ざしはじかせ 駆けて 行くわ パーク・アベニュー過ぎれば あなたの

身代わりのバディー

EPO

歌詞:知っていたのよ 彼女がいたこと 手造りのボード・ケースしてから 日影のカフェで

無言のジェラシー

EPO

歌詞:明かりを少し落とした シェードの下で このままいけば楽しい 夜がきたのに ふたりの口づけを

Harmony

EPO

歌詞:ハーモニー 届けてあげたいの 胸に手を置いて 思い出しましよう

VITAMIN E・P・O

EPO

歌詞:毎日に追われて どことなく 疲れ顔をしてる あのひとが

愛を

EPO

作詞:EPO

作曲:EPO

歌詞:愛する人は 君だけだよと あなたの嘘を 信じ続けていた けれど今日から

明かりのつかない部屋

EPO

作詞:EPO

作曲:EPO

歌詞:明かりのつかない部屋がいくつもあるの 私の痛みはそこに隠れているの 嫌いじゃなけりゃそれでいいの 私の愛が

明るい方へ風は吹いてゆく

EPO

作詞:EPO

作曲:EPO

歌詞:仲良いふりは ちょっぴり苦手よ 変わりものかしら? みんなが言うように 気持ちがいいな

ある朝、風に吹かれて

EPO

作詞:EPO

作曲:EPO

歌詞:幸せに幸せに 入り口を尋ねたら 「君はもう知ってる」と 遠くから手を振った

アレイ・キャッツ

EPO

作詞:EPO

作曲:EPO

歌詞:「今から帰るよ」と鳴り続けてる電話に 「私はいません」とひとこと言って切ったの 枕許で微笑む彼の写真に ぬいだシャツを被せ

う・ふ・ふ・ふ

EPO

作詞:EPO

作曲:EPO

歌詞:うららかすぎる 日ざしのまやかしで 街中何だか いきづいている まばゆい春の

うわさになりたい

EPO

作詞:EPO

作曲:EPO

歌詞:こんな遊びは 久しぶりよ それぞれが自慢の パートナーをのせて

エンドレス・バレンタイン

EPO

作詞:EPO

作曲:EPO

歌詞:Endless Valentine Endless Valentine 抱きしめたいバレンタイン

乙女座宮

EPO

作詞:阿木燿子

作曲:宇崎竜童

歌詞:私 ついてゆくわ(ホント) とうに 決めているの(どこへ)

音楽のような風

EPO

作詞:EPO

作曲:EPO

歌詞:去り行く夏の日差し パラソルでよけながら ひとりぼっちのカフェで お茶を飲むのが好きよ

風のそらみみ(風の少女エミリー ED)

EPO

作詞:EPO

作曲:EPO

歌詞:心が旅をするのよ 時の船に 揺られて 明日 そよぐ風が

きっと

EPO

作詞:EPO

作曲:EPO

歌詞:後ろに投げた石ころで 明日は 決められないから 誰かの振った旗を見て 私の色と違ってもね

きゅんと

EPO

作詞:EPO

作曲:EPO

歌詞:目ざめたばかりの ふとんの中で あなたが 好きだと 思ったら

EPO(エポ、本名:宮川 榮子(みやがわ えいこ)、旧名および出生名:佐藤 永子、1960年5月12日 - )は、日本のシンガーソングライター、セラピスト。東京都出身。代表曲として「う、ふ、ふ、ふ、」があり、提供曲としては高見知佳「くちびるヌード」、香坂みゆき「ニュアンスしましょ」が知られている。デビュー当時から昭和歌謡とも洋楽とも言い切れない音楽性で活動しており、J-POPの前史を創った1人であると見做されている。 wikipedia