1. 歌詞検索UtaTen
  2. 菅原洋一
  3. 菅原洋一の歌詞一覧

菅原洋一の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月11日

119 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ここに幸あり

菅原洋一

作詞:高橋掬太郎

作曲:飯田三郎

歌詞:嵐も吹けば 雨も降る 女の道よ なぜ険し 君をたよりに

港が見える丘

菅原洋一

作詞:東辰三

作曲:東辰三

歌詞:あなたと二人で 来た丘は 港が見える丘 色あせた桜 唯一つ

雨やどり

菅原洋一

作詞:阿久悠

作曲:小林亜星

歌詞:傘は あなたが さしかけて 私がさせば ぬれるから

小樽運河

菅原洋一

作詞:吉岡治

作曲:弦哲也

歌詞:精進おとしの 酒をのみ 別の生き方 あったねと… 四十路半ばの

星影の小径

菅原洋一

作詞:矢野亮

作曲:利根一郎

歌詞:静かに 静かに 手をとり 手をとり あなたの

長崎の鐘

菅原洋一

作詞:サトウハチロー

作曲:古関裕而

歌詞:こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ うねりの波の

赤い靴のタンゴ

菅原洋一

作詞:西條八十

作曲:古賀政男

歌詞:誰がはかせた 赤い靴よ 涙知らない 乙女なのに はいた夜から

白樺の小径

菅原洋一

作詞:佐伯孝夫

作曲:佐々木俊一

歌詞:白樺の この径は 想い出の 寂し径 雨に濡れ

懐しのブルース

菅原洋一

作詞:藤浦洸

作曲:万城目正

歌詞:古い日記の 頁には 涙のあとも そのままに かえらぬ夢の

君待てども

菅原洋一

作詞:東辰三

作曲:東辰三

歌詞:君待てども 君待てども まだ来ぬ宵 わびしき宵 窓辺の花

巴里の夜

菅原洋一

作詞:藤浦洸

作曲:原六朗

歌詞:水と情けは 流れてゆれて 末はどこかで 消えるものなの ボンソワ

喫茶店の片隅で

菅原洋一

作詞:矢野亮

作曲:中野忠晴

歌詞:アカシヤ並木の 黄昏は 淡い灯がつく 喫茶店 いつもあなたと

遠くへ行きたい

菅原洋一

作詞:永六輔

作曲:中村八大

歌詞:知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい 知らない海を

おもいで

菅原洋一

作詞:水島哲

作曲:平尾昌晃

歌詞:あなたと歩いた あの道に 夜霧が冷たく 流れてた 何にも言わずに

星に祈りを

菅原洋一

作詞:佐々木勉

作曲:佐々木勉

歌詞:夜空の星に 祈りをささぐ その娘の やさしい 瞳の中に

夜霧よ今夜も有難う

菅原洋一

作詞:浜口庫之助

作曲:浜口庫之助

歌詞:しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える

空よ

菅原洋一

作詞:難波寛臣

作曲:難波寛臣

歌詞:空よ 水色の空よ 雲の上に 夢をのせて 空よ

この広い野原いっぱい

菅原洋一

作詞:小薗江圭子

作曲:森山良子

歌詞:この広い野原いっぱい 咲く花を ひとつ残らず あなたにあげる 赤い

あいつ

菅原洋一

作詞:平岡精二

作曲:平岡精二

歌詞:ゆうべあいつに聞いたけど あれから君は独りきり 悪かったのは僕だけど 君のためだとあきらめた だからあいつに言ったんだ

青春時代

菅原洋一

作詞:阿久悠

作曲:森田公一

歌詞:卒業までの 半年で 答えを出すと 言うけれど 二人がくらした

白いブランコ

菅原洋一

作詞:小平なほみ

作曲:菅原進

歌詞:君はおぼえて いるかしら あの白い ブランコ

菅原洋一

作詞:北山修

作曲:端田宣彦

歌詞:人は誰も ただ一人旅に出て 人は誰も ふるさとを振りかえる ちょっぴりさみしくて振りかえっても

ウナ・セラ・ディ東京

菅原洋一

作詞:岩谷時子

作曲:宮川泰

歌詞:哀しいことも ないのになぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 ム…

別れの朝

菅原洋一

作詞:JUERGENS UDO..

作曲:JUERGENS UDO

歌詞:別れの朝 ふたりは さめた紅茶 のみほし さようならの

希望

菅原洋一

作詞:藤田敏雄

作曲:いずみたく

歌詞:希望という名の あなたをたずねて 遠い国へと また汽車にのる あなたは昔の

夜明けのうた

菅原洋一

作詞:岩谷時子

作曲:いずみたく

歌詞:夜明けの うたよ 私の 心の きのうの

赤とんぼ

菅原洋一

作詞:三木露風

作曲:山田耕筰

歌詞:夕焼小焼の 赤とんぼ おわれて見たのは いつの日か

知床旅情

菅原洋一

作詞:森繁久弥

作曲:森繁久弥

歌詞:知床の岬に はまなすの 咲くころ 思い出しておくれ 俺たちのことを

琵琶湖周航の歌

菅原洋一

作詞:小口太郎

作曲:吉田ちわき

歌詞:我は湖の子 放浪の 旅にしあれば しみじみと 昇る狭霧や

かあさんの歌

菅原洋一

作詞:窪田 聡

作曲:窪田 聡

歌詞:かあさんは 夜なべをして 手袋 あんでくれた 木枯らし吹いちゃ

雪の降る街を

菅原洋一

作詞:内村直也

作曲:中田喜直

歌詞:雪の降る街を 雪の降る街を 思い出だけが通りすぎてゆく 雪の降る街を 遠い国から落ちてくる

夏の思い出

菅原洋一

作詞:江間章子

作曲:中田喜直

歌詞:夏がくれば 思い出す はるかな尾瀬 遠い空 霧のなかに

みかんの花咲く丘

菅原洋一

作詞:加藤省吾

作曲:海沼 実

歌詞:みかんの花が 咲いている 思い出の道 丘の道 はるかに見える

さくら貝の歌

菅原洋一

作詞:土屋花情

作曲:八洲秀章

歌詞:うるわしき 桜貝ひとつ 去りゆける 君に捧げむ この貝は

故郷の廃家

菅原洋一

作詞:William Shakespeare Hays..

作曲:William Shakespeare Hays

歌詞:幾年ふるさと 来てみれば 咲く花 鳴く鳥 そよぐ風

朧月夜

菅原洋一

作詞:髙野辰之

作曲:岡野貞一

歌詞:菜の花畠に 入日薄れ 見渡す山の端 霞深し 春風そよ吹く

この道

菅原洋一

作詞:北原白秋

作曲:山田耕筰

歌詞:この道は いつか来た道 ああ そうだよ あかしやの花が

月の沙漠

菅原洋一

作詞:加藤まさを

作曲:佐々木すぐる

歌詞:月の沙漠を はるばると 旅のらくだが 行きました 金と銀との

叱られて

菅原洋一

作詞:清水かつら

作曲:弘田龍太郎

歌詞:叱られて 叱られて あの子は町まで お使いに この子は坊やを

ペチカ

菅原洋一

作詞:北原白秋

作曲:山田耕筰

歌詞:雪の降る夜は 楽しいペチカ ペチカ燃えろよ お話しましょ 昔

かなりや

菅原洋一

作詞:西条八十

作曲:成田爲三

歌詞:唄を忘れた 金絲雀は 後の山に 棄てましょか いえいえそれは

白い花の咲く頃

菅原洋一

作詞:寺尾智沙

作曲:田村しげる

歌詞:白い花が 咲いてた ふるさとの 遠い夢の日 さよならと

今日の日はさようなら

菅原洋一

作詞:金子詔一

作曲:金子詔一

歌詞:いつまでも 絶えることなく 友達でいよう 明日の日を 夢見て

学生時代

菅原洋一

作詞:平岡精二

作曲:平岡精二

歌詞:つたのからまるチャペルで 祈りを捧げた日 夢多かりしあの頃の 思い出をたどれば なつかしい友の顔が

La Novia

菅原洋一

作詞:Joaquin Prieto..

作曲:Joaquin Prieto

歌詞:白く輝く 花嫁衣裳に 心をかくした 美しいその姿 その目にあふれる

さよなら

菅原洋一

作詞:Jean Michel Franck Rivat..

作曲:Jacques Revaux

歌詞:今は涙 止まらなくて ほほを伝い 流れておちてく 誰もみんな

アメイジング・グレイス

菅原洋一

作詞:JOHN NEWTON..

作曲:JAMES P CARRELL..

歌詞:Amazing grace how sweet the

ふるさと

菅原洋一

作詞:高野辰之

作曲:岡野貞一

歌詞:兎追いし かの山 小鮒釣りし かの川 夢は今も

酒と泪と男と女

菅原洋一

作詞:河島英五

作曲:河島英五

歌詞:忘れてしまいたい事や どうしようもない寂しさに 包まれた時に男は 酒を飲むのでしょう 飲んで飲んで

この街で

菅原洋一

作詞:新井 満

作曲:三宮麻由子..

歌詞:この街で生まれ この街で育ち この街で出会いました あなたと この街で

菅原 洋一(すがわら よういち、1933年(昭和8年8月21日 - )は日本の歌手。兵庫県加古川市出身。兵庫県立加古川東高等学校卒業。国立音楽大学大学院修了。徳間ジャパンコミュニケーションズ所属。所属事務所はミュージック・オフィス合田、個人事務所はスガワラ企画。 wikipedia