1. 歌詞検索UtaTen
  2. BORO
  3. BOROの歌詞一覧

BOROの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年6月6日

47 曲中 1-47 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

大阪で生まれた女・18

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:放課後のグランドで 待ち合わせて帰る 二人を西陽がつつんでいる 生徒手帳の中の写真が 愛を教えていた

見返り美人

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:やがて夜の中で 女は語り出す 心にとげとげしく刺さる 別れの言葉 許せるはずもないけれど

大阪で生まれた女 19

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:構想で騒がしい上六あたりを 娘の家族と歩いていた この娘がまだ若い頃に 夢を語って歩いた道 大阪で生まれた女やさかい

大阪で生まれた女

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:踊り疲れた ディスコの帰り これで青春も 終わりかなと つぶやいて

大阪で生まれた男

BORO

作詞:BORO..

作曲:BORO

歌詞:騒ぎ疲れた甲子園の帰り これで今年も終わりかなとつぶやいて 絡んだ蔦を ながめながら 背中を向けたら

Hey! ミスターボーン

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:Hey!ミスターボーン あの子の事はあきらめるんだね Hey!ミスターボーン お前がいくら仕事をしても 朝から晩まで働きづめで

運もなく…

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:Oh ジミー あんたは 運もなく

逢いに行くよ

BORO

歌詞:静かな夜更けに一人いると 君のことが思い浮かぶ ささいな はずみで あの日の出来事

やさしく愛して…

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:もっと もっと やさしく愛して やさしく愛してと 女は言う

ティティア・ティア

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:ママはダメだと言うけれど 私は出て行く 喧嘩好きがたまにキズ だけど私はついて行く

スタンディング・アローン ~STANDING ALONE~

BORO

歌詞:遠い思い出はグランドで撮った記念写真 五月の風に咲き始める 花が香っていた 青く透きとおる窓に 映る空の色

トヤレ

BORO

歌詞:トヤレ・トヤレ・ガーガーガ・ゴーゴーゴ トヤレ・トヤレ・ガーガーガ・ゴーゴーゴ トヤレと言えば 力が入る

ネグレスコ・ホテル

BORO

作詞:BORO

作曲:井上大輔

歌詞:ネグレスコ・ホテルにたどりつくまで あと50マイル 南へ走ろう 右に陽が 傾くまでに

SCENARIO

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:ボクが書いたシナリオ シナリオの無い ドラマといわれた でもこの人生

天国に行けば何が見えるの

BORO

歌詞:まるで謎解きをする様な人生 シャーロックでも難しいパズル 経験だけでも解らない お金にあふれても 天国に行けば何が見えるの

B級映画

BORO

歌詞:人生とはB級の 映画を作っているようだ 間違いだらけのセリフの数々 ハリボテで出来た街を歩けば エキストラたちがそれぞれの役

不思議な恋

BORO

歌詞:朝の木漏れ日の中 目覚めた時 鴬たちの 恋の 歌が聞こえ

やっぱ好きやねん

BORO

作詞:鹿紋太郎

作曲:鹿紋太郎

歌詞:もう一度やり直そうて 平気な顔して いまさら さしずめ振られたんやね あんた

六甲おろし with 川藤幸三・オール巨人・渋谷天外 feat.はたけ

BORO

作詞:佐藤惣之助

作曲:古関裕而

歌詞:六甲颪しに 颯爽と 蒼天翔ける 日輪の 青春の覇気

酒にひたってメリーは死んだ

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:Mary I need you Mary

走る階級

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:おやじはあの朝 アルミの弁当箱をのせて 自転車で町工場へと向かった 朝の8時になればサイレンがせかす人の暮らしを 母親は子供たちを外へ追い出した

テレフォンナンバー -電話番号-

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:嘘と涙が 頬を濡らす夜は 聞こえるふりして眠ろう 電話のベルも 書きかけの手紙の文字は

王子エンリケ(海の雄者)

BORO

歌詞:エメラルド色の恋人は 海と呼ばれて称えられ それに恋した 王子エンリケ

風と女

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:麦畑の香りのする風を 指にからませる 女の頬に 小さな汗のしずくが光る それはまるで真珠玉のようだ

三太黒田

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:疲れ果ててる身体 昨日のベットに横たわり ラジオの天気予報を聞いている 今日は空から三太さん 降りますよなんて言っている

ジュディーは出ていった

BORO

歌詞:ビルの街で逢い アパートに連れて そして名前を 僕はつけたのさ 抱いて眠る

飛び立つ鳥

BORO

歌詞:静かに沈んでいく 夕陽のその中 飛び立つ鳥 南の空へと 苦しさをみせない鳥が

日本で生まれて

BORO

歌詞:俺は日本で生まれ 日本で育ち 青春の中で揺れ動く 季節を見つめてきた 溢れでる思いを抱いて

薔薇と女

BORO

歌詞:情熱の花が 咲きほこる野原 一人の女が まつ毛のちょうちょを 薔薇の花びらに遊ばせていた

モリソンに言ったんだ

BORO

歌詞:宇宙の彼方から 吹きこむ調べは 仏がつまびく 12弦ギター

朝日のあたる家

BORO

歌詞:ニューオリンズの片隅 盛り場は あわれな娘らが 身を崩す 朝日のあたる家と

CAST

BORO

歌詞:突然起こった 悲しい知らせ 戸惑う心が 扉を叩く 私の人生の

しあわせのおくりもの

BORO

歌詞:届かないものが あるの のろまで おチビなせい? 気まぐれな雨に打たれて

春夏秋冬抱きしめて

BORO

歌詞:春夏秋冬抱きしめて あなたを 抱きしめて 相撲を見せてあげたいね

世界中の母の嘆きに捧ぐ

BORO

歌詞:透き通る様な瞳で 少年は見ていた 星を見つめて安らぎ覚え吹き抜けて行く風に笑った それを阻む 鋼鉄の虎

Song Song Song-砂時計-

BORO

歌詞:澄みきった 青い空の上から 舞い降りる綺麗な Song Song

魂の旋律

BORO

歌詞:あなたのことばかり考える 雨の空を見ても 思い出す あの日から 変わらずに

小さな拳銃

BORO

歌詞:ボクは小さな拳銃を 大空に向け撃ちまくる 本物の優しさに 命中するまで撃ちまくる!

ワインレッドの心

BORO

作詞:井上陽水

作曲:玉置浩二

歌詞:もっと勝手に恋したり もっとKissを楽しんだり 忘れそうな想い出を そっと抱いているより 忘れてしまえば

都会千夜一夜

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:気づかう言葉も忘れて 乾いた唇見つめて トランプ占いうんざり 途切れた時間を二人の 心の隙間をあざ笑う

家へ帰ろうか

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:お前が欲しいから 全てを投げ出した みんなはろくでなしと いまだに悪く言う だけど今はお前一人

軽蔑

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:一から百まで 数えて暮らす そんな友に 愛想が尽きた 裏目

弾き語り達へ -ラウンジ美樹にて-

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:最終電車に乗り遅れたよ 一人たたずむ 午前零時のプラットフォーム 歩きはじめた 街灯の下

今夜はブルースを

BORO

作詞:BORO

作曲:岡山準三

歌詞:お前だけ 愛してるんだと 言ってみた 闇に消える声 二人で歩こう

たった一日のバラ

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:本のページをめくる仕草が 沈む西陽に 溶けてゆく 少女のままできれいになった人を 誘惑が部屋を包む

ジャッキー舟を出せ!!

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:思い悩む月日が 長く続いたら しかしそんな暇など 俺たちにはない ジャッキー舟を出せ!!

女の部屋

BORO

作詞:BORO

作曲:BORO

歌詞:激しい雨が降ってた 雨音いとしい あなたには あなたには わかるはずもない

BORO(ボロ、本名:森本尚幸、1954年3月11日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞、作曲家、音楽プロデューサー、兵庫県伊丹市出身。 wikipedia