1. 歌詞検索UtaTen
  2. 22/7
  3. 22/7の歌詞一覧

22/7の歌詞一覧

公開日:2017年2月28日 更新日:2019年10月15日

18 曲中 1-18 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

シャンプーの匂いがした

22/7

作詞:秋元康

作曲:長沢知亜紀(CWF)..

歌詞:西側の校舎抜け プレハブの部室まで スカートをなびかせて 一人 走る

僕は存在していなかった

22/7

作詞:秋元康

作曲:目黒良子

歌詞:僕は自分を信じていない 自分の存在 知られたくなかった 風が吹く日は

理解者

22/7

作詞:秋元康

作曲:Yukito

歌詞:誰かが近くにいるだけで なぜか息苦しくなってしまう 一人きりでは生きられないって わかっているのに憂鬱なんだ

未来があるから

22/7

作詞:秋元康

作曲:湊貴

歌詞:誰かに手首をぎゅっと掴まれて 行くなと言われて引き留められる そういう経験したことあるかい? もちろん愛だとわかってはいても…

君はMoon

22/7

作詞:秋元康

作曲:安楽謙一..

歌詞:月を見ていた少年時代 地球からどれくらい遠いか知らなかった ロケットの絵を描いて想像を膨らませてた 買ってもらった望遠鏡で 宇宙の向こう側のもう一つの世界に

Rain of lies

22/7

作詞:秋元康

作曲:大凪樹

歌詞:好きな人がついた嘘は ふいに降り出した雨に似ている そんなわけがないと空を見上げるように ただ

11人が集まった理由

22/7

作詞:秋元康

作曲:キタムラタケシ..

歌詞:いつのまに 集まったんだ? 会ったことない誰かたち ぎこちなく俯いている 人見知り同士だね

何もしてあげられない

22/7

作詞:秋元康

作曲:池澤聡

歌詞:一枚の枝の葉が吹き抜ける風に揺れ ひらひらと宙を舞い 舗道へと落ちて行く そう僕は偶然にその場所に居合わせて 知らぬ間に罪もない他人のこと踏んでいる

韋駄天娘

22/7

作詞:秋元康

作曲:大塚剛毅

歌詞:君が走るその後から 僕は走る全速力で アスファルトを風のように 引き留めようと追いかけてた

循環バス

22/7

作詞:秋元康

作曲:中村泰輔

歌詞:いつものバスが角を曲がって 春の坂を登れば 女子校前の停留所から 君が乗って来るんだ

不確かな青春

22/7

作詞:秋元康

作曲:Waterloo

歌詞:どうして廊下走るなと先生は言うのでしょう? もし転んだら危ないからと心配をするのかな これはダメです いけません

人格崩壊

22/7

作詞:秋元康

作曲:Akira Sunset..

歌詞:突然の雨だったら 濡れるのもしょうがないでしょう 信じ切ってたあの人から 夕立のように裏切られた

ロマンスの積み木

22/7

作詞:秋元康

作曲:北村岳士..

歌詞:ロマンス 指で触れてしまうだけで ガラガラ 崩れ落ちて行く積み木

叫ぶしかない青春

22/7

作詞:秋元康

作曲:中村泰輔

歌詞:求めてる何かが見つからない その何かが何かもわからない そんなこと 夜が明けるまで語り合い 僕たちは黙った

やさしい記憶

22/7

作詞:秋元康

作曲:大塚剛毅

歌詞:狭い校庭のフェンスの脇 咲いてた花の名前 なんて言ったっけ? みんな知らなくて調べたんだ 僕の植物図鑑

絶望の花

22/7

作詞:秋元康

作曲:中谷あつこ

歌詞:WOW WOW WOW WOW... WOW

地下鉄抵抗主義

22/7

作詞:秋元康

作曲:大塚剛毅

歌詞:地下鉄への階段 降りる度 始まるカウントダウン 無機質な空間

とんぼの気持ち

22/7

作詞:秋元康

作曲:渋谷直弘

歌詞:学校 卒業するまでずっと 何をしたいのかと 聞かれて 社会に出てから

22/7(ナナブンノニジュウニ)は、日本のデジタル声優アイドルグループである。 秋元康のプロデュースにより、2016年12月24日に誕生した。また、ソニーグループのアニプレックスとソニー・ミュージックレコーズがコラボレーションしている。公式略称は「ナナニジ」。 wikipedia