1. 歌詞検索UtaTen
  2. イルカ
  3. イルカの歌詞一覧

イルカの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月5日

98 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

くじらのスーさん空を行く

イルカ

作詞:かんべかずお

作曲:吉田拓郎

歌詞:西の空に赤い雨さんが降った時 クジラのスーさん お空を泳いできた 北の旅で 風邪をひいたクジラのスーさん

風にのせて

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:見知らぬ街の あの少年に とどけておくれ この言葉を…。

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:春 早く来てね 私の所へ あの人の所へ とどけてあげたい

なごり雪

イルカ

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

歌詞:汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる 季節はずれの 雪が降ってる 東京で見る雪は

ラバーボール

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:いつも こんな日だったら いいのにな ひざしはまだ高いし 暑くもなく

夢の人

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:いつもあなたは 私の事を "幸せな人"って言うけれど 私にだって なやみはあるし…

星の長距離電話

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:引き出しをあけたら なつかしいにおい それは二人の縞模様のセーター お人好しの星の子たち あの人にどうか

君は悲しみの

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:きのうの事さえ 思い出せない程 ぼくはいつも 疲れてた そんな時

あの頃のぼくは

イルカ

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

歌詞:あの頃のぼくは若すぎて 君の気まぐれを許せなかった そんな君のやさしさは おとなびていました 机の上に編みかけの

片想いの少女へ

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:世界中で一人きり そんな夜はだれにもあるもの… 夢みる少女の頃は 毎日ビーズに糸を通してた 喜びも悲しみも

雨の物語

イルカ

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

歌詞:化粧する君の その背中がとても 小さく見えて しかた ないから

しあわせ

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:悲しくて悲しくて 泣くのはつらいけれど そんな時は幸せなのかもしれない これから 幸せの波がうちよせる

バラのお嬢さん

イルカ

作詞:イルカ

作曲:西岡たかし

歌詞:君がまだ小っちゃな頃から ぼくは君の事見ていたよ 今ではすっかり きれいになって お日様でさえ

あしたの君へ

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:手を出してごらん すてきな物をあげよう 小さな種が眠ってる 目覚めさせるのはだれかな? 小さな指じゃささえきれないほど

心はプラス

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:大きなビルの足元を 小さな人間が歩いてる 氷がとけない街 でも 心は寒くない

ぬけがら

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:大事な物を おとした時は 胸がつまって 歩きにくい あなたは私の心持って

ママのお皿

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:12月が一番好きなのは きっと私が生まれた月だから 一つになった あの頃から 続けてくれた

月下美人の咲く夜に

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:南の島ポリポリ島 夜になると聞こえてくるよ オトナたちがコドモに こわいお化けがいるんだって GOOD

サラダの国から来た娘

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:季節の変わり目さえ 気づかない程 ぼんやりしている あなたに まざり毛糸あつめて

海岸通

イルカ

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

歌詞:あなたが船を 選んだのは 私への思いやり だったのでしょうか 別れのテープは

いつか冷たい雨が

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:雪が降る駅の片すみで だれにも いたずら されない様に うずくまっている

冬の馬

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:馬の赤ちゃんはね 生まれたらすぐにね 自分で立って 歩くんだよ 広い広い原野では

私の中の私

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:誰かの声がするよ あれは私の声 一人きりの帰り道 心と体がはなれて行く

十九の春に

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:私あなたのお部屋にうかがう事が 今の所一番の夢だったの いつもきちんとしてる あなただから きっときれいに

夜明けのグッドバイ

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:このまま しあわせそうな ふりをして 夜が明けてしまう前に ひとり歩いて行く

まあるいいのち

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:ぼくから見れば 小さなカメも アリから見ればきっと 大きなカメかな? みんな同じ生きているから

我が心の友へ

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:みんな私の前から去って行ってしまう さよならの言葉は聞きたくないけど きっと又いつか会えると信じていても いいよと答えてほしかったのに……

Follow Me

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:本当は明るい人が好きなのね 電話の音ばかり気にしているわ 肩にふれてる指先さえも あの頃のあなたを感じられない

すべてがラブ・ソング

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:恋のうたは甘いだけと 思ってたのに きのうまでは 胸の上に手をおけば 聞こえてくるラブ・ソング

あなたへの手紙

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:あなたの好きな本のページに 手描きのしおりはさんで閉じた いつも会っているのに 今夜は手紙を書きたいの…

愛の飛行士

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:月の光が差し込む様に あなたのやさしさ身にしみたのは さみしい日々が続いていたから なのにもう手も届かない

たそがれホテル -ヘミングウェイ夫人の面影によせて-

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:おだやかな昼下がり グラスを陽射しに翳して 虹を見ているあなた 季節はずれのホテル 誰もいないサン・ルーム

少年

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:幼ない頃は 明日のことなんか 何も見えない 遠い夢の彼方 心の中に小さなモノサシを持ちはじめたのは

もう海には帰れない

イルカ

作詞:秋元康

作曲:林哲司

歌詞:夏には早いけれど 1人バスで来てみた 地図にも載らないくらい 小さな海岸 防波堤のすぐ隣が

梅花

イルカ

作詞:松本紘斉

作曲:イルカ

歌詞:梅花が咲く頃 僕は父になる もし女なら 僕はこう言うよ つらい時にも

ミスターTV

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:ミスターTV とても浮気なBOY 気まぐれで声をかけて来たのに ミスターTV

雨のディスタンス

イルカ

作詞:来生えつこ

作曲:林哲司

歌詞:からっぽの時間が ふいに襲って あなたと会えない日 雨も無口で 遠い嘘のような気がしてる

17ページのエッセイ

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:重い足をひきずり 家に辿りつけば ドアの鍵を一人開け カバンを放り投げる 規則だらけの毎日に

Lovin' Spoonful

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:紅茶にハニー・ブランデー あなたを想う夜 紅茶にハニー・ブランデー ため息が揺らめく ホッホッ

サラダ日和

イルカ

作詞:来生えつこ

作曲:廣田龍人

歌詞:サラダ日和の季節は あなたレタスもトマトもかかえて来てね 私パセリの頭で 少しパーマを強くかけすぎたみたい

海のゆりかご

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:四角いコンクリの部屋の中じゃ 君は一緒に暮らせないんだ 泣きながら 野原で別れたね 小さなシッポが

枯葉のシーズン

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:まさか あなたと「さよなら」なんて いつまでも 一緒と思ってたのに 二人約束したわけじゃない

悲しみの証明

イルカ

作詞:荒木とよひさ

作曲:三木たかし

歌詞:夜更けの電話 あなたの声も いまは聴きたくない あきらめかけた 私の心

眠らなくても会いたくて

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:最終便に飛びのって 今から会いに行くから 車で迎えに来てね 着替えは小ビンでゆれてる あなたの好きな香りだけ

Good Night

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:「君はきっとどこかの星から来たんだね」って私を見つめた あの日から あなたの心はすべてわかるの 「僕達みたいにみんな愛し合えればいいのにね」って私を抱きしめた いつも平和なあなたの腕の中

ポケットをさぐらないで

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:会う時は楽しい二人でいたいから 少し着古した 手編みのセーター 視線をそっとそらしても あなた気付かないヒト

ひとりごと

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:忘れられた物が 好きです ちっぽけなコーラのふたでも 引出しの底で眠ってる ヨレヨレのセーターでも

ペイズリイ・ドリーム

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:暗い部屋に一人 窓を開ける気もしない こんな私見たら友だち…きっと笑うけど でも誰にも見せない時があってもいい

けさらん ぱさらん

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:ケサラン パサラン 飛んで来たよ 私の胸の中に きっと遠い昔から

ホクロ月夜に

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:一人ぽっちの窓辺には ため息に似た すきま風 誰かを待ってる 背中には今夜も

イルカ(1950年12月3日 - )は、日本のフォークシンガー、絵本作家。本名は神部 としえ(かんべ としえ)、旧姓は保坂(ほさか)。 wikipedia