1. 歌詞検索UtaTen
  2. イルカ
  3. イルカの歌詞一覧

イルカの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月11日

98 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

17ページのエッセイ

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:重い足をひきずり 家に辿りつけば ドアの鍵を一人開け カバンを放り投げる 規則だらけの毎日に

Apple

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:忘却の水を飲まされて この世に生まれて来た時 たったひとつの持ち物は「黄金のりんご」 腐ったりんごを

Follow Me

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:本当は明るい人が好きなのね 電話の音ばかり気にしているわ 肩にふれてる指先さえも あの頃のあなたを感じられない

Follow Me (ニューバージョン)

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:本当は明るい人が好きなのね 電話の音ばかり気にしているわ 肩にふれてる指先さえも あの頃のあなたを感じられない

Good Night

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:「君はきっとどこかの星から来たんだね」って私を見つめた あの日から あなたの心はすべてわかるの 「僕達みたいにみんな愛し合えればいいのにね」って私を抱きしめた いつも平和なあなたの腕の中

Happy Birthday to You

イルカ

作詞:Mildred J.Hill..

作曲:Mildred J.Hill..

歌詞:楽しい時も 悲しい時も あなたの笑顔を 想い出すの

Lovin' Spoonful

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:紅茶にハニー・ブランデー あなたを想う夜 紅茶にハニー・ブランデー ため息が揺らめく ホッホッ

To my little boy #2

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:君がいない この部屋は ガランとして 広すぎる 一人ぼっちの毎日は

愛の飛行士

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:月の光が差し込む様に あなたのやさしさ身にしみたのは さみしい日々が続いていたから なのにもう手も届かない

あしたの君へ

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:手を出してごらん すてきな物をあげよう 小さな種が眠ってる 目覚めさせるのはだれかな? 小さな指じゃささえきれないほど

明日にゃ間に合うな

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ・石川鷹彦

歌詞:頭が疲れたら 心が望んだら そんな時は Hasta manana

あたしだって Love song!

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞公開をリクエスト!

あなたの髪を

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:あなたの髪をなでた時 胸の草原に陽が萌えた 熱い炎どこかに 私 眠らせていた

あなたへの手紙

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:あなたの好きな本のページに 手描きのしおりはさんで閉じた いつも会っているのに 今夜は手紙を書きたいの…

あの頃のぼくは

イルカ

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

歌詞:あの頃のぼくは若すぎて 君の気まぐれを許せなかった そんな君のやさしさは おとなびていました 机の上に編みかけの

雨のディスタンス

イルカ

作詞:来生えつこ

作曲:林哲司

歌詞:からっぽの時間が ふいに襲って あなたと会えない日 雨も無口で 遠い嘘のような気がしてる

雨の物語

イルカ

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

歌詞:化粧する君の その背中がとても 小さく見えて しかた ないから

いつか冷たい雨が

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:雪が降る駅の片すみで だれにも いたずら されない様に うずくまっている

いつか見る虹 ~“モルダウ”から~

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:愛する者のいる事は 幸せな事と思うけれど 出逢いがあるなら 別れも訪れ 喜び悲しみ背中合わせ

愛しのジョルジュ

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:雨の中会いに来てくれる それだけでいい やさしい事は言えない人だけど わかってるの 冷たいのはその手だけ

海のゆりかご

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:四角いコンクリの部屋の中じゃ 君は一緒に暮らせないんだ 泣きながら 野原で別れたね 小さなシッポが

エニー・キイ・OK!!

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:When I was still a

想い出と言う名の妖精

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:未来の私が 色んな気持ちを 歌にして ほしいと 時々

女はつらいよ

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:仕事に追いたてられて 人にも疲れ果てて 部屋に帰った時には 何もかも忘れて

海岸通

イルカ

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

歌詞:あなたが船を 選んだのは 私への思いやり だったのでしょうか 別れのテープは

傘の雫

イルカ

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

歌詞:時には雨の街角 待ち合わせたね 君はすまなさ そうにそっと 雨に濡れた傘をたたんだ

風にのせて

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:見知らぬ街の あの少年に とどけておくれ この言葉を…。

片想いの少女へ

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:世界中で一人きり そんな夜はだれにもあるもの… 夢みる少女の頃は 毎日ビーズに糸を通してた 喜びも悲しみも

悲しみの証明

イルカ

作詞:荒木とよひさ

作曲:三木たかし

歌詞:夜更けの電話 あなたの声も いまは聴きたくない あきらめかけた 私の心

枯葉のシーズン

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:まさか あなたと「さよなら」なんて いつまでも 一緒と思ってたのに 二人約束したわけじゃない

君に贈るFOLK SONG 2020

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:私がイルカになる前は シュリークスに居たんです 夫のカメ吉君と 夫婦のデュエットで 2枚のアルバム出したけれど

君の人生

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:明け方の街を 子猫がじゃれてる 首についた鈴を もどかしげに 響かせて

君は悲しみの

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:きのうの事さえ 思い出せない程 ぼくはいつも 疲れてた そんな時

吟遊詩人マイスタージンガー

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:旅に出てうたをうたい 家路を急ぐ二つの影 花いっぱいの食卓は 人々の心の花束

くじらのスーさん空を行く

イルカ

作詞:かんべかずお

作曲:吉田拓郎

歌詞:西の空に赤い雨さんが降った時 クジラのスーさん お空を泳いできた 北の旅で 風邪をひいたクジラのスーさん

けさらん ぱさらん

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:ケサラン パサラン 飛んで来たよ 私の胸の中に きっと遠い昔から

月下美人の咲く夜に

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:南の島ポリポリ島 夜になると聞こえてくるよ オトナたちがコドモに こわいお化けがいるんだって GOOD

恋する野原

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:春の大地に 口づけをする そよ風に すべてが目覚めて すみれ色

こころね

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:こころね 胸の奥深く こころね 永遠にある光 こころね

心はプラス

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:大きなビルの足元を 小さな人間が歩いてる 氷がとけない街 でも 心は寒くない

桜の精

イルカ

作詞:江原啓之

作曲:イルカ

歌詞:桜の精 ある日 晴れた 空の下 咲き誇り

小夜鳴き鳥

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:見上げた空 一つ星が いつも 私の事を 見てる

サラダの国から来た娘

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:季節の変わり目さえ 気づかない程 ぼんやりしている あなたに まざり毛糸あつめて

サラダ日和

イルカ

作詞:来生えつこ

作曲:廣田龍人

歌詞:サラダ日和の季節は あなたレタスもトマトもかかえて来てね 私パセリの頭で 少しパーマを強くかけすぎたみたい

しあわせ

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:悲しくて悲しくて 泣くのはつらいけれど そんな時は幸せなのかもしれない これから 幸せの波がうちよせる

少年

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:幼ない頃は 明日のことなんか 何も見えない 遠い夢の彼方 心の中に小さなモノサシを持ちはじめたのは

昭和の子

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:ぼくら仲良し 昭和の子 おやつが足りなきゃ はんぶんこ ぼくら大ぜい

十九の春に

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:私あなたのお部屋にうかがう事が 今の所一番の夢だったの いつもきちんとしてる あなただから きっときれいに

鈴の音

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:私が生まれようと していた時 私は一人 空を飛びながら 私の行方を

すべてがラブ・ソング

イルカ

作詞:イルカ

作曲:イルカ

歌詞:恋のうたは甘いだけと 思ってたのに きのうまでは 胸の上に手をおけば 聞こえてくるラブ・ソング

イルカ(1950年12月3日 - )は、日本のフォークシンガー、絵本作家。本名は神部 としえ(かんべ としえ)、旧姓は保坂(ほさか)。 wikipedia