1. 歌詞検索UtaTen
  2. 熊木杏里
  3. 熊木杏里の歌詞一覧

熊木杏里の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月9日

156 曲中 51-100 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

生きかけとして

熊木杏里

歌詞:私のこの歌をあなたが聞く頃は 自分の言葉で語っていてほしい 多くの間違いや独りよがりが これからあなたを苦しめようとも

熊木杏里

歌詞:想い出して 君の夕凪を 心 休まる場所 雨上がりみたいに

雨宿り

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:誰もいない夜更けの方が 人を愛せそうな気がするな ざわめきがない方が 素直になれるんだね

カレーライス

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:カレーライスの香り 小さい頃の匂い 叱られた後に食べた思い出 今

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:あなたと歩いた あの夏はもう ちぎれた雲に 溶けた

僕たちのカイト

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:多分 僕たちはお互いの事 本当に知らずに誤解をしてた 自分のためじゃなく

ハルイロ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:今日初めて会ったのに どういうわけだろう ずっと昔から知っているみたいだよ スタイルがいいわけじゃない

くちびるの魔法

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:少しだけ 私の方があなたを好き 瞬間はいつだって 片想い 笑顔から聴こえてくる

白き者へ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:真っ白なあなたの心みたいに 生きてゆけたら幸せですね 生まれてきた意味の全てが ほら あなたにあるような

夏の日

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:夏色 夏色 君はぼくの夏の景色 いつでも遠くで想う 君の声

忘れ路の旅人

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:ありすぎる世の中にも 人は慣れてしまうように 何かの無い生活にも 人は慣れてゆけると言う

生きている故の話

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:生きている以上 みんな 生まれてきたんだよ 石ころが割れてできた 破片なんかじゃない

真夜中の扉

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:外は 静かに雪が光る 今夜 あなたは何をしている?

オルゴール

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:喜びをありがとう 笑った顔が好きだよ こんな私だけどあなたに逢えて嬉しい 大きな眼差しで見ている空が好きだよ

願いの糸

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:ねぇどんな時 あなたのその心に明かりが灯って ねぇどんな時 震えるほど 涙をひとり流すだろう

光の通り道 ~prologue~

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:戻りたい場所に 会いたい人に もう会えなくても 繋がっていたいから 私だけが行ける

今日になるから

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:1日の中でどれくらい あなたがいて良かったと 感じながら 私は暮らしているだろう 夢に見た景色ではないと

クジラの歌

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:遠い海の中に閉じ込められた様に 声のない声で 確かめ合って 生きてる

my present

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:何を迷っているのか教えて 心は誰かに伝えるためのもの 好きな人にはあなたを教えて 言葉も愛しい プレゼントになる

二色の奏で

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:人が死んだ 殺された そんなニュースを 味のしない ご飯を詰めながら

まよい星

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:星のない夜空 夢を見れないの あまるほどあれば 導いてくれそうね

home

熊木杏里

歌詞:雲が通った 浅い夕暮れ 道をゆくのは 道を知る人

それがいいかな

熊木杏里

歌詞:この道で良かったかなんて 誰に聞けばいいの?クローバー 四つ葉を探して歩いてきたけど 自分の目で見つけたことはないよ

寿

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:笑っていよう できるだけ 同じように 同じように

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:その国に戦争はない その国に貧困はない その国に孤独はない いつでも いつまでも

群青の日々

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:私の一歩は 誰かの 五十歩かもしれない 立ち止まる度に履き替えた

怖い

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:朝が怖いんだ 夜が好きなんだ 目覚めて自分を探すのが めんどくさい

しにがみてがみ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:心ごと あなたに飛べたなら 笑った顔を見れたでしょうか? 1人の夜には

花火

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:履き慣れた靴なら どこでも行けるでしょう 身にまとった自由を 今日はここで見せて

fighter

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:この頃 忘れていた 私は1人のファイター 傷んだ髪を切ったら そのまま1歩進もう

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:魔法が解けたら 何がわかるかな グラスの淵に 唇つけて 泣きたいのを我慢した

ライナーノーツ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:涙を仕舞い込んで 故郷 離れたとき 私の足元には水面が揺れてました

飾りのない明日

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:いつもここから 抜け出したいと思っていた 私は何ひとつ 変われずに ただ

灯び

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:あなたのその手は 時には毛布に 時には傷つける 刃物になりうる

今日を壊せ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:穏やかになったね なんてさ 言われると少し 憂鬱になるんだ 角ばった石が

逆光

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:ぼくが持ってるものを全部 使って生きれたなら 人が持ってるものを欲しくなどならないんだろう 腕にぶら下がった

スカートマジック

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:スカートを履いてほしいと君に言われたから 心がフワリフワリ 地上を離れてゆく そういえばこの頃は

太陽の種

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:ここで待ってる 夢を見ている 沢山の明日に種を蒔いた 風を知ってる

小さな創世記

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:ありふれたことなど 一度だってないってことを 君はぼくに生きることで ただそうして教えてくれた

言葉を届けて

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:不安になると笑顔でいられなくて ひとりの殻にこもる 私の中のインプットは強くて 外に逃がすのが下手で

それでも

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:朝起きて 悩みの種 思い出して あきるほどに夢を見てる この毎日

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:向かい合わせの光と影は 誰かと心を合わせて お互いのこと 知り合うように 話をしているみたいだね

A day in my life

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:ほんの少しでいいから 明るい未来を信じて行きたい マイナスの世界はきっと 自分の中の弱さにすぎないから

wonder land

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:心光る 不思議な扉は あなたのすぐそばにあるの 大地を照らし続ける 太陽

お祝い

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:ずっと考えてた あなたのことを だから今日は 私の人生の中にあなたが来てくれた お祝い

ホームグラウンド ~ふるさとへ~

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:誰かに想いを伝えるには 言葉じゃなくてもいい時がある どんな時でも 強く夢を

バイバイ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:あの雲の彼方に 息を飛ばしたいな 夕日が落ちるのを止めてみたいな ねぇ君はどうして

ふるさと

熊木杏里

作詞:高野辰之

作曲:岡野貞一

歌詞:兎追いし かの山 小鮒つりし かの川 夢は今も

祈り

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:電話越しの君に聞きたいことが言えない うなずき 同じ言葉を繰り返す 淋しい

夏の気まぐれ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:おだやかな風が 部屋に吹いて 夏の無言を 君と聞いて

熊木 杏里(くまき あんり、1982年1月27日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。長野県更埴市(現・千曲市)出身。身長153cm。血液型はB型。関東国際高等学校を経て目白学園女子短期大学卒。 wikipedia