1. 歌詞検索UtaTen
  2. 熊木杏里
  3. 熊木杏里の歌詞一覧

熊木杏里の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年1月26日

156 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

life

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:目指すものは違うとしても 道の途中で会えるから 自分だけの人生じゃない 誰かの道と繋がってる

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:「ひとり」を崩して「ふたり」を作り 人は人になることにしたのだろう 心がこんなに確かじゃないのは 誰かの胸に溶け合うためだ

雪~二人の道~

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:あれから僕らは 別々の日々へ 舵を取り出て行った 足音

青葉吹く

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:懐かしさの中で 思い出す 痛みも 青春の忘れ物みたいに愛しい

ノスタルジア

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:ふるさとは遠くにあって想うもの 誰かが言ってたけど 早く帰りたいな 味付けが似てきたよ

見ていたいよ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:なだらかな坂道の風景に あなたがなってゆく 少しずつ 笑顔も好きだけど

一輪

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:ねぇ「君みたいな花だね」って そう あなたが言った オレンジのガーベラを 一輪挿しにさした

光のループ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:見たことないもの 見に行こう これから 蓋のない日常

星天の約束

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:あなたがいる場所まで 行けたらいいのに ビル風を抜け出して 水みたいな空の下

ことあるごとに

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:ことあるごとに 私たちは強くなるのでしょう 先が見えなくて 優しさを少し失いかけた あの日も

幸せの塗り方

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:「また明日」を信じて 笑顔でいたいから 似合わない泣き顔に さよならするよ

どれくらい?

熊木杏里

歌詞:言論の自由が形を変えながら 飛び回る 言葉の矢はやがて自分に返ってくる ことを知ってるかい?

熊木杏里

歌詞:想い出して 君の夕凪を 心 休まる場所 雨上がりみたいに

それがいいかな

熊木杏里

歌詞:この道で良かったかなんて 誰に聞けばいいの?クローバー 四つ葉を探して歩いてきたけど 自分の目で見つけたことはないよ

home

熊木杏里

歌詞:雲が通った 浅い夕暮れ 道をゆくのは 道を知る人

生きかけとして

熊木杏里

歌詞:私のこの歌をあなたが聞く頃は 自分の言葉で語っていてほしい 多くの間違いや独りよがりが これからあなたを苦しめようとも

風船葛

熊木杏里

歌詞:この世界の星じゃないみたいだね 眼差しを変えて君は呟いた 通り過ぎてきた夕陽を 僕だけはまだ見ているよ

亡き歌

熊木杏里

歌詞:耳を付けてください 愛が聞こえるように 目を削ってください 愛が見えるまで

いつかの影法師

熊木杏里

歌詞:あなたの記憶の中で生きられたら 会えなくなっても前を向ける 愛がどんなに遠くなっても 恋に息を忘れた日があっても

ちょうちょ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:どこまでも行けそうよ あなたとなら 空の近く 近くへ行けそうよ わたし...

冬の道

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:みぞれ混じりの雪に濡れて 君と寄り添い歩いたね どこへ行こうか この手をつないで

心の友~WiLSON~

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:心の友を書く場合 そいつは書きやすいほうがいい だって必要なときには すぐに来てくれるだろう

寿

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:笑っていよう できるだけ 同じように 同じように

二人の会話

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:ドレスの声を聞けますか ドレスの声を聞いてますか 不一致の多い 日常で

今は昔

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:あなたにわたしを癒すものがあるかしら ここにはそんなもの何ひとつないわ ひたすら夜をひとり超えて 二度と戻れない 愛しき日々よ

殺風景

熊木杏里

作詞:熊木杏里

歌詞:さわれるのなら さわってみたい 空はどこまで空のつもりか

ル・ラララ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:眠る前は真っ白な紙 生きた言葉たちが埋めつくす あふれるくらい綺麗な水じゃないわ 君は上だけ すくっては消える

わちがひ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:悲しいぼくを笑わせない 笑ってるぼくを悲しんでいい 独りが安らぎの時も 君がいる前提

りっしんべん

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:静かな台所 眠りかけた町 聞こえるのは呼吸 喉を通るりんごの声

やすり

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:優し日々 ふたたび待つキャンドル 君は言う インテリアさ 記念日に買った

夢見の森

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:幸せに星がひとつ 微笑みに涙ふたつ 夜空の傍ら いつもの訪問者

僕たちのカイト

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:多分 僕たちはお互いの事 本当に知らずに誤解をしてた 自分のためじゃなく

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:あなたと歩いた あの夏はもう ちぎれた雲に 溶けた

fighter

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:この頃 忘れていた 私は1人のファイター 傷んだ髪を切ったら そのまま1歩進もう

花火

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:履き慣れた靴なら どこでも行けるでしょう 身にまとった自由を 今日はここで見せて

しにがみてがみ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:心ごと あなたに飛べたなら 笑った顔を見れたでしょうか? 1人の夜には

怖い

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:朝が怖いんだ 夜が好きなんだ 目覚めて自分を探すのが めんどくさい

群青の日々

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:私の一歩は 誰かの 五十歩かもしれない 立ち止まる度に履き替えた

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:その国に戦争はない その国に貧困はない その国に孤独はない いつでも いつまでも

カレーライス

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:カレーライスの香り 小さい頃の匂い 叱られた後に食べた思い出 今

雨宿り

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:誰もいない夜更けの方が 人を愛せそうな気がするな ざわめきがない方が 素直になれるんだね

忘れ路の旅人

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:ありすぎる世の中にも 人は慣れてしまうように 何かの無い生活にも 人は慣れてゆけると言う

今日を壊せ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:穏やかになったね なんてさ 言われると少し 憂鬱になるんだ 角ばった石が

灯び

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:あなたのその手は 時には毛布に 時には傷つける 刃物になりうる

夏の日

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:夏色 夏色 君はぼくの夏の景色 いつでも遠くで想う 君の声

白き者へ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:真っ白なあなたの心みたいに 生きてゆけたら幸せですね 生まれてきた意味の全てが ほら あなたにあるような

飾りのない明日

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:いつもここから 抜け出したいと思っていた 私は何ひとつ 変われずに ただ

ライナーノーツ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:涙を仕舞い込んで 故郷 離れたとき 私の足元には水面が揺れてました

くちびるの魔法

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:少しだけ 私の方があなたを好き 瞬間はいつだって 片想い 笑顔から聴こえてくる

ハルイロ

熊木杏里

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

歌詞:今日初めて会ったのに どういうわけだろう ずっと昔から知っているみたいだよ スタイルがいいわけじゃない

熊木 杏里(くまき あんり、1982年1月27日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。長野県更埴市(現・千曲市)出身。身長153cm。血液型はB型。関東国際高等学校を経て目白学園女子短期大学卒。 wikipedia