1. 歌詞検索UtaTen
  2. 野中彩央里
  3. 野中彩央里の歌詞一覧

野中彩央里の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年3月31日

20 曲中 1-20 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

籠の鳥

野中彩央里

作詞:仁井谷俊也

作曲:徳久広司

歌詞:十年一緒に 暮らしても こころ通わぬ 男もいる たった一度の

宗谷海峡

野中彩央里

作詞:仁井谷俊也

作曲:徳久広司

歌詞:鴎が啼いて 日暮れになって 岬はたたずむ 人影もない ここから先は

愛してブギウギ

野中彩央里

作詞:仁井谷俊也

作曲:徳久広司

歌詞:たかが女と 云うけれど 女いなけりゃ この世は闇よ 神代の昔は

後追い三味線

野中彩央里

作詞:吉川静夫

作曲:吉田 正

歌詞:後を追うなと 薄情がらす 闇にひと声 月夜に三声 すがりつかせぬ

勘太郎月夜唄

野中彩央里

作詞:佐伯孝夫

作曲:清水保雄

歌詞:影か柳か 勘太郎さんか 伊那は七谷 糸ひく煙り 棄てて別れた

天竜下れば

野中彩央里

作詞:長田幹彦

作曲:中山晋平

歌詞:ハー 天竜下れば ヨー ホホイノ サッサ

夕月海峡

野中彩央里

歌詞公開をリクエスト!

さいはて酒場

野中彩央里

作詞:塚本さとい

作曲:徳久広司

歌詞:"ダメね ダメね 私ってダメなのね…" 恥を捨てれば

おひまなら来てね

野中彩央里

作詞:枯野迅一郎

作曲:遠藤 実

歌詞:おひまなら来てよネ 私淋しいの 知らない 意地悪 本当に一人よ

ゲイシャ・ワルツ

野中彩央里

作詞:西条八十

作曲:古賀政男

歌詞:あなたのリードで 島田もゆれる チーク・ダンスの なやましさ みだれる裾も

十三夜

野中彩央里

作詞:石松秋二

作曲:長津義司

歌詞:河岸の柳の 行きずりに ふと見合せる 顔と顔 立止まり

二度惚れ小唄

野中彩央里

作詞:松井由利夫

作曲:岡 千秋

歌詞:花の隅田の 川風に 河岸の柳もネー ゆれてゆらゆら ふたり連れ

島田のブンブン

野中彩央里

作詞:田口 洋

作曲:山田一平

歌詞:夜のとばりが パラリと降りりゃ 祭りごころが 騒ぎだす 今日は祇園か

三味でダンスを

野中彩央里

作詞:藤間哲郎

作曲:白石十四男

歌詞:踊っておねがい お座敷だって あなたと踊れば すてきなクラブ ひと目見てから

秋螢-あきほたる-

野中彩央里

作詞:木下龍太郎

作曲:徳久広司

歌詞:一人旅して 来たはずなのに いつか未練と 二人連れ… 一軒宿の

越前おんな舞い~竹ものがたり編~

野中彩央里

作詞:松井由利夫

作曲:岡 千秋

歌詞:雪がとぎれた 東の空に 涙ひと刷毛 眉の月 捨ててしまえば

雪国恋人形

野中彩央里

作詞:万城たかし

作曲:岡 千秋

歌詞:藍染めぼかしの 雪のれん 加賀友禅の 衿に降る 冬の金沢…

別れの桟橋

野中彩央里

作詞:仁井谷俊也

作曲:徳久広司

歌詞:あのひとの あの船を まるで隠すよに 霧が濃くなる 港町

野暮天さん

野中彩央里

作詞:仁井谷俊也

作曲:徳久広司

歌詞:うわさ雨降る あなたと私 なのに濡れずに ひとり傘 じっれったいねぇ

郡上恋唄

野中彩央里

作詞:加藤市平

作曲:徳久広司

歌詞:郡上八幡 おんなが燃える 年に一度の 春駒おどり 旅のみやげに

野中 彩央里(のなか さおり、1972年12月11日 - )は栃木県宇都宮市出身の演歌歌手である。本名は福村さおり(ふくむら さおり)。血液型はO型。 wikipedia