1. 歌詞検索UtaTen
  2. ダーク・ダックス
  3. ダーク・ダックスの歌詞一覧

ダーク・ダックスの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月10日

80 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ワシントン広場の夜は更けて

ダーク・ダックス

作詞:Bob Goldstein..

作曲:Bob Goldstein

歌詞:静かな街の片すみに 冷たい風が吹きぬける 冷たい風が吹きぬけて 黒い落葉がただひとつ

雪山讃歌

ダーク・ダックス

作詞:西堀栄三郎

作曲:アメリカ民謡

歌詞:(山よ 山よ 山よ 山よ) 雪よ岩よ

雪のワルツ

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:雪がつもる 静かな街に かげも淋し 窓の灯 白い夢は

山のロザリア

ダーク・ダックス

作詞:ロシア民謡..

作曲:ロシア民謡

歌詞:山の乙女ロザリア ひとりさびしき山小屋の 貧しきその身はひとすじに 愛のまことを すずらん香る山陰の

山男の歌

ダーク・ダックス

作詞:神保信雄

作曲:不詳

歌詞:娘さんよく聞けよ 山男にゃ惚れるなよ 山で吹かれりゃよ 若後家さんだよ 山で吹かれりゃよ

森の熊さん

ダーク・ダックス

作詞:訳詞:馬場祥弘

作曲:アメリカ民謡

歌詞:ある日森の中 くまさんに出会った 花咲く森の道 くまさんに出会った

森ヶ崎海岸

ダーク・ダックス

作詞:山本伸一

作曲:本田隆美

歌詞:岸辺に友と森ヶ崎 磯の香高く波かえし 十九の青春道まよい 哲学語り時は過ぐ

村祭

ダーク・ダックス

作詞:文部省歌唱

作曲:文部省歌唱

歌詞:村の鎮守の神様の 今日はめでたい御祭日 どんどんひゃらら どんひゃらら どんどんひゃらら

三宅本店(千福)グラスをのぞくフラミンゴ

ダーク・ダックス

作詞:サトウハチロー

作曲:いずみたく

歌詞:グラスをのぞく フラミンゴ ならんでみている 紅雀 千福一杯

三菱電機 蛍光灯ルミスーパー

ダーク・ダックス

作詞:不明

作曲:いずみたく

歌詞:パッ パッ パッ あかりがパッ 窓辺がパッ

三菱製紙 天気予報

ダーク・ダックス

作詞:野坂昭如

作曲:いずみたく

歌詞:晴れるかな 曇るかな それとも やっぱり雨かしら 明日のお天気

三井銀行のうた (ついつい三井)

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:つい つい 三井 明るい銀行 つい

マイ・クラシック

ダーク・ダックス

作詞:大津あきら

作曲:佐藤隆

歌詞:Wow wow wow wow マイ・クラシック

僕はダンプの運転手

ダーク・ダックス

作詞:ダーク..

作曲:服部克久

歌詞:「さあ そろそろ出かけるか チェッ エンストしやがら」

僕のピアノの側においで

ダーク・ダックス

作詞:平岡精二

作曲:平岡精二

歌詞:僕のピアノの 側においで 君に聞かせたい この調べ あかりを消して

ホワイトゴードー

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:のんじゃったよ うまかったよ 茶色のこびんのしゃれた味 ホワイトラベルの粋な味 酔っちゃったよ

ブン屋小唄

ダーク・ダックス

作詞:みおたみずほ

作曲:中村八大

歌詞:夜討ち 朝がけ 坐りこみ つかんだネタは ガセネタか

ブランコ

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:南の海を 見下ろす丘に 見棄てられたブランコ あの夜のブランコ ブランコ

二人の雨 (アラまた雨が)

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:赤いレインコート 雨がシトシトと 遠くから見つけて 彼氏がスタコラと 二人で歩けば

ビルブルース

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:酔いどれては 人恋しく 泣きじゃくる 今宵は淋しく 巷の灯は

光る東芝の歌-ロングヴァージョン-

ダーク・ダックス

作詞:峠三四郎

作曲:越部信義

歌詞:光る光る東芝 回る回る東芝 走る走る東芝 歌う歌う東芝

パンの歌・パンのパンのパン

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:紙の袋を ふくらまし 片手でたたけば パンとわれた 涼みがてらに

パリ案内人 (セ・ラ・ヴィ・パリ)

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:パリの風なら 匂いでわかる パリの雨なら 音ききゃわかる パリの空なら

万国博の歌「世界のひろばで」

ダーク・ダックス

作詞:太田かおる

作曲:宮川泰

歌詞:世界のひろばで 話そうよ 世界の夢を 話そうよ 千里丘へ

ハマフォームの歌

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:坊やの夢は 丸い夢 ミルク色した 丸い夢 ママのおひざですやすやと

花のメルヘン

ダーク・ダックス

作詞:敏トシ

作曲:敏トシ

歌詞:「これはね、ママにきいたおはなしなの。 大きいお花と、小ちゃいお花がありました。」 むかし むかし

野良猫

ダーク・ダックス

作詞:平岡精二

作曲:平岡精二

歌詞:のらねこが 歩いていく ウロウロと 歩いていく おびえてる目

夏が来たら

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:夏が来たら 海へ行こう 二人で浜を 歩きましょう

泣き笑いABC

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:A Airport Aはエアポート 羽田から B

流れ者

ダーク・ダックス

作詞:Catherine Desage..

作曲:Francis Alvert Lai

歌詞:おれもやつも ここにいる 100年前から ここにいる LE

どこまでも行こう

ダーク・ダックス

作詞:小林亜星

作曲:小林亜星

歌詞:どこまでも行こう 道はきびしくとも 口笛を吹きながら 走って行こう

トロイカ

ダーク・ダックス

作詞:ロシア民謡

作曲:ロシア民謡

歌詞:雪の白樺並木 夕日がはえる 走れトロイカほがらかに 鈴の音高く 走れトロイカほがらかに

ともしび

ダーク・ダックス

作詞:ロシア民謡..

作曲:ロシア民謡

歌詞:夜霧のかなたへ 別れを告げ 雄々しき男子 出でてゆく 窓辺にまたたく

東京ガスはモダンガス

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:東京ガス 東京ガス ガスは のびてく 走ってく

手紙

ダーク・ダックス

作詞:平岡精二

作曲:平岡精二

歌詞:別れた日から ずいぶんたつね 僕はとうとう この手紙を書いた なんどもなんども

疲れていたのよ

ダーク・ダックス

作詞:なかにし礼

作曲:都倉俊一

歌詞:疲れていたのよ あなたも私も なんとなく 魔がさして ぼんやりと

ダイヤモンド乾電池のうた (湯浅乾電池のうた)

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:YOU YOU ユアサ ダイヤモンド乾電池 ダイヤモンド

大丸 トロージャン

ダーク・ダックス

作詞:不明

作曲:いずみたく

歌詞:仕事しようよトロージャン 頼れるあいつを仲間に入れて トロージャンがよく似合う 街に出ようよトロージャン

早春賦

ダーク・ダックス

作詞:吉丸一昌

作曲:中田章

歌詞:春は名のみの風の寒さや 谷の鴬 歌は思えど 時にあらずと 声も立てず

すばらしい明日

ダーク・ダックス

作詞:塚田茂

作曲:宮川泰

歌詞:あなたに嬉しいことがあり わたしに悲しいことがある あなたに淋しいことがあり わたしに愛した人がある おぼえているなら想い出そう

すずらん

ダーク・ダックス

作詞:ファジェスボイ..

作曲:フェルツマンナ

歌詞:ある夏の夜 しずかな森を ひとり歩くとき いずこともなく ただようその香

仁丹の歌 (ジンジン仁丹)

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:ふたり ならんで たのしいな 映画の スクリーン

城が島の雨

ダーク・ダックス

作詞:北原白秋

作曲:梁田貞

歌詞:雨はふるふる 城が島の磯に 利久鼠の 雨がふる 雨は真珠か

新三共胃腸薬サウンド・ロゴ (顆粒つき)

ダーク・ダックス

作詞:電通

作曲:小林亜星

歌詞:新三共胃腸薬 顆粒

白い羊たち

ダーク・ダックス

作詞:保富康午

作曲:山下毅雄

歌詞:空の牧場の白い羊たち やわらかい背中が どこまでも どこまでも

白い想い出

ダーク・ダックス

作詞:山崎唯

作曲:山崎唯

歌詞:雪が降ってきた ほんの少しだけど 私の胸の中に つもりそうな雪だった 幸せをなくした

シャロームの歌

ダーク・ダックス

作詞:不詳..

作曲:不詳

歌詞:シャローム チャペリン シャローム チャペリン シャローム

シェーの歌(アニメ おそ松くん イメージソング)

ダーク・ダックス

作詞:中村五郎

作曲:中村五郎

歌詞:わあ わあ ないて いるよりも プンプン

しあわせの部屋

ダーク・ダックス

作詞:保富康午

作曲:山下毅雄

歌詞:花の好きな二人のために ミモザ チューリップ ツツジ バラ

サッポロビールの唄

ダーク・ダックス

作詞:三木鶏郎

作曲:三木鶏郎

歌詞:ホ ホ 星のマーク ホ ホ

ダークダックス(DARK DUCKS)は、男性の重唱団(ボーカルグループ)である。過去のレコードジャケットでは『ダーク・ダックス』という表記がされる時もあった。同グループのメンバー数は活動の中心時期には長らく4人だった。 wikipedia