1. 歌詞検索UtaTen
  2. ゆず
  3. ゆずの歌詞一覧

ゆずの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年8月3日

288 曲中 101-150 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ゼンマイ

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:退屈な朝 飛び込んだニュース 流れはとどまらずに過ぎてゆく くたびれた自由

レストラン

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:東京という町が あまり好きじゃなかった僕に 僕より田舎者なのに 君は色々教えてくれた 地下に続くこの小洒落たレストランも

はるか

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:夕焼け染まる 風に吹かれて立ち止まる 同じ地球のどこかで この空を君も見ていますか?

スーパーマン

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:スーパーマンにはなれないな 今だって君の事 考えては何も出来ず 無力な自分なんて いない方がマシだなんて思っていた

二つの言葉

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:誰のせいでもない わかってたのに 何故こんなに悲しいんだろう 明日になればまた会えるのに

Re: スタート

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:さっきまでのそこに 費やすだけの情熱など気にしながら 不意のコール また戸惑っては ちぐはぐな一日が始まる

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:君の足に絡みつくのは何 劣等感? それとも不調和な日々に芽生えた違和感? 空虚な空 気が付けばほらうつむいて

物語

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:つまりはこんな事 駅までの帰り道 すっかりこう 萎れてた 泣ける程の思い出と

健太郎のお姉ちゃん

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:天神前のバス停を通る度 僕はキョロキョロしちゃうんだ 不定期な君はいつも突然 前触れもなく現れるから

いちご

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:甘いいちご 頬ばるように僕を愛して 感じ合っちゃって まるで

みらい

ゆず

作詞:ゆず

作曲:ゆず

歌詞:子どもの頃見た海は光っていて ずっと遠くまで霞んで広がっていた 黙ったまま 強がった 幼かったあの頃の日々

逢いたい

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:もしも願いが叶うのなら どんな願いを叶えますか? 僕は迷わず答えるだろう もう一度あなたに逢いたい

使い捨て世代

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:時々つまんなくなっちゃった時 ドキドキしたくて 心配ばっかしてるけど 君の追伸から始まる手紙みたく 的はずれな言葉にいつも救われて

ボサ箱根

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:フ・フロ フフ・フロ フ・フロ フフ・フロ フ・フロ

シシカバブー

ゆず

作詞:ゆず

作曲:ゆず

歌詞:そりゃいきなり誰だって 因縁観念すれば ニセモノマガイの まるでシシカバブー 少なくとも誰かの規模に合わせて

Yesterday and Tomorrow

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁..

歌詞:夕焼け染まる君の横顔 何もなかったような顔して 強がってばかり 君の癖は 相変わらずだけど

ワンダフルワールド

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:機関銃を抱きしめて眠る子供が 荒れ果てた大地で夢を見る頃 まばゆい朝の光に包まれた少女は 優しい母の声で目を覚ます

つぶやき

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:一体どれくらいの争いがあったんだろう 何かを探し求めていた 心もないのにいつだって笑顔を作ってみたりしてさ 何だか悲しいね

君宛のメロディー

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:町の風くるまって 切り出すのを待っているのかい もう何回目だっけ またここに立ち止まったまんま

眼差し

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:すれ違う人達の目に 憂鬱な空が映る 君は今どこで何を想う? やり切れない悲しみを 消えはしない痛みを

行こっか

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:巡る巡る季節は僕らを追い越して 大切な言葉を選んでる暇もなく 確かめた地図のあてなど 今日も探している 行く先は進むべき道の上を常に指す

人間狂詩曲

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:月が満ち欠けるように時は進んだ 言うのためらう僕は平行線上 誰も知らない場所だなんて君が 急に真顔で言い出したからさ

凸凹

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:不完全な僕らだから 傷付け傷付き合う そして何も信じられず 一人で泪流したりしちゃう

黄昏散歩

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:いつもの通りを歩き出す 何らいつもと変わってやしない 難しくって単純な捜索願いさ 何かいい事ないかって 迷い込んだ夜の虫が

うまく言えない

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:初めて出逢った日の事を 君は今も憶えていますか? 途切れ途切れ ぎこちない 僕らの会話を

おでかけサンバ

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:どしゃぶりの雨の中でだって(踊ろう) ちょっとばかり声が枯れても(唄おう) 昨日までのイヤな事なんて(忘れて) 頭ん中をカラッポにして(叫ぼう)Oh!!

モンテ

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:小さな僕の小さな街 バスがいっぱい走っていて 通り沿いにある理髪店 子供達はみんなそこで髪を切る

朝もや

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:丘の上から 風が吹き抜ける 何度も来たこの場所から かすんでゆく町の色 違う明日を唄にのせてみれば

ウェイトレスとお客さん

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:仕事の合間を抜け出して 僕はいつもの喫茶店へ 昨日は少し飲み過ぎた 渋いコーヒーが腹に染みる

ストーリー

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:どうしたの? さえない顔して いつもの君らしくないけど そんな時もそりゃあるだろ だけど雨は必ず上がるから

リアル

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:通り雨が過ぎるまで ここにいるよ君と 気付かなかった事に気付いたりする ここが天国じゃなくても 君と出会えた喜びを

ウソっぱち

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:もうあれからどの位 歩き続けて来ただろう 時はいつでも一瞬に 目の前を通り過ぎてゆく いつもの様に君は唄い

しんしん

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:街はイルミネーション 光輝く世界 通り過ぎて行くのは はしゃいでたあの日の僕等 去年の今頃なら人波をかき分けて

今夜君を迎えに行くよ

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:響き渡るクリスマスキャロルが 街のあちこちで聴こえてくる 溢れる恋人達 君の家に続く道 今夜君を迎えに行くよ

命果てるまで

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:同じゴミならどうせ 燃えるゴミでいたい 潰されて固められて もみくちゃにされるなら 煙になって空に

夕立ち

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:夕立ちの他に何を理由にしろと言うのか 何か言いたげな顔をして ごまかしては忘れてく 語り合う程確かな そんな時代でもなかった

言えずの♡アイ・ライク・ユー

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:今も言えずの I Like You 君に触れたい

君は東京

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:高校出て誰よりも先に一人暮らしを始めて 吉祥寺徒歩五分のワンルームに君は住んでいたね 初めて行った一人暮らしの女の子の家が君の家で バニラの匂いのするお香を君は焚いていたね

旅立ちのナンバー

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:向こうに遙か ぼんやりと見える どこまでも続き すぐに見えなくなって 微笑み交わす

もうすぐ30才

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:近所のコンビニ行ったら 新しく入った店員さんが可愛いくて 何がある訳じゃないけど 決まった時間に通ってみる

アゲイン

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:泪に濡れて滲んだ空に 悲しみを乗せたカモメが羽ばたく 夕暮れ雲に重なる影が 過ぎ去った日々を映し出す

空模様

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:泪色の空を見上げながら二人 訳もなく笑い転げて 意地っ張りのあなたの寂しげな肩が やけに優しく見えた

日だまりにて

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:久しぶりだよこの町を歩いてる 風はまだ春の訪れを 僕に教えてくれないのに ついさっきまで一緒に居た憂鬱な心は

悲しみの傘

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:玄関の隅に少し大きな傘が掛けてある 照れ屋の君は普段は手も繋げないのに 雨が降る時はいつも僕を町へ連れ出して その日ばかりは嬉しそうに僕の傘に入ってきてたね....

灰皿の上から

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:灰皿の上にため息を吹きかけて 想像の風にくるまって背中を丸める のうのうとここまで今日もまたやって来た 明け方の空を眺めていつもの様にここに居る

境界線

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:海が見えます ここから奇麗な海が見えます 昨日の揉め事いつかのいざこざの遠眼鏡で ずっと沖の貨物船まで

ねこじゃらし

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:半年ぶりに逢うあなたに どんな顔すればいいの? 僕とは違う世界に住んでいる 不思議な奴だった

心の音

ゆず

作詞:岩沢厚治

作曲:岩沢厚治

歌詞:もう日は暮れた 薄暗い辺りをぼんやり街灯が照らした 今にもひと雨来そうな真っ黒な雲が西から流れはじめた 必死で追いかけたけど

シュビドゥバー

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:明日の事なんて気にもしないで 眠い目こすって呑めない酒無理して 朝まで大笑い みんな女の話が好きで

~風まかせ~

ゆず

作詞:北川悠仁

作曲:北川悠仁

歌詞:鏡の中曇った笑顔の僕を見た 優越感を食べたせいなのかなんてチョットね いつの間にか大切なのは 自分だけになっていた

ゆずは、日本のフォークデュオ。セーニャ・アンド・カンパニー所属。公式ファンクラブ名は「ゆずの輪」。 wikipedia