1. 歌詞検索UtaTen
  2. Analogfish
  3. Analogfishの歌詞一覧

Analogfishの歌詞一覧

公開日:2018年7月25日 更新日:2021年5月6日

148 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

行くのさ

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:九月吉日 穏やかな風の しかめっ面がおいらを試してる 行くも行かねぇも お前の自由さ

確信なんかなくてもいいよ

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:起床八時に憂鬱で染まる もうちょっと15分 つぶれてたいよう またわずらわしい あいつに会いに

白黒ック

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:どこへ行くんだろう 何すりゃいいんだよ 夜空は無神経に黒 真っ黒くてカッコいいな。

ジョイナー

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:君が走るはずの時間は 僕のさじ加減で水の泡 君が走るはずの時間は 今もそこに つながれたまんま

世界は幻

Analogfish

作詞:佐々木健太郎・下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:小生 男としても 「地下室の手記」的思想 べつだん 何不自由も無い

のどかないなかのしずかなもぐら

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:本当にとにかく何にもなくてさ ボンネット 磨き続けるだけの不良 のどかに殺されちゃうだろう のどかに殺されちゃうよ

不安

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:僕の足が僕の足じゃない気がしてる 僕の視野が僕の視野じゃない気がしてる 明日 船出なんです

赤い自転車

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:明日という日を目指す前に 僕は夕日を眺めている 度々 訪れる辛き日々も いつかどうにかなるって信じてばかり

行くのさ

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:九月吉日 穏やかな風の しかめっ面がおいらを試してる 行くも行かねぇも お前の自由さ

確信なんかなくてもいいよ

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:起床八時に憂鬱で染まる もうちょっと15分 つぶれてたいよう またわずらわしい あいつに会いに

公園

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:消えかかりそうだった思いを 歌えそうになったぜ Yeah 千鳥足の酔いどれバカが 鮮やかな朝焼け

白黒ック

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:どこへ行くんだろう 何すりゃいいんだよ 夜空は無神経に黒 真っ黒くてカッコいいな。

ジョイナー

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:君が走るはずの時間は 僕のさじ加減で水の泡 君が走るはずの時間は 今もそこに つながれたまんま

世界は幻

Analogfish

作詞:佐々木健太郎..

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:小生 男としても 「地下室の手記」的思想 べつだん 何不自由も無い

のどかないなかのしずかなもぐら

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:本当にとにかく何にもなくてさ ボンネット 磨き続けるだけの不良 のどかに殺されちゃうだろう のどかに殺されちゃうよ

バタフライ

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:ねぇ ほら この空の続きで、 ボーイングは 真っ赤に燃えた。

不安

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:僕の足が僕の足じゃない気がしてる 僕の視野が僕の視野じゃない気がしてる 明日 船出なんです

夕暮れ

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:夕暮れです 夕暮れです 夕暮れです 夕暮れです 夕暮れです

ラジオ

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:今夜も苦悩以外に 関心向かせてよ お願いレイディオ 冗談半分の絶望に やられちゃうんだよ

LOW

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:アンテナ朽ち果てたんで インポテンツだ 心がインポだ 頭の中で君を犯した 君とSEXをしてる

山手ライナー

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:やっかい事全ては消えて 開かない踏み切りの前でうんざりです のべつまくなし怒鳴り散らして 隠し事を唄にのせてがなる この瞬間にまつわる

ラブホ

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:腕に押し付けた タバコの火種で 僕は変われると信じていた コーヒー飲んだし 呼吸も荒いし

チンパンジー

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:ダラッタ 僕は君の言葉 追い回して 疲れて どうでも良くなって

ナイトライダー

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:大きなバイクに乗って 国道を海のほうへ 風が少し冷たくなって 国道を海のほうへ 僕はナイトライダー

Hello

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:今 世界と音信不通で上の空 今 世界と交信中でダラララ

山手ライナー

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:やっかい事全ては消えて 開かない踏み切りの前でうんざりです のべつまくなし怒鳴り散らして 隠し事を唄にのせてがなる この瞬間にまつわる

ラブホ

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:腕に押し付けた タバコの火種で 僕は変われると信じていた コーヒー飲んだし 呼吸も荒いし

BGM

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:君のことを考えてる僕の鼓動のテンポを 窓の外 リズムに乗って走ってる電車を待ってる どこかのだれかのタメ息に合わせて 鼻歌歌う

テキサス

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:スペースシャトルが落ちた 煙を出して テキサスの原っぱのど真ん中 僕は夢を見ていた そこから木の生える

スピード

Analogfish

作詞:アナログフィッシュ

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:くそったれなニュースが通りすぎて 君は言葉を無くす 僕の声じゃまるで小さすぎて 君は返事もしない

月の花

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:夜の太陽が昇る時 国道20号線にて 手足もつれ絡んだ俺の今日の出口はどこにある 夜の色

テキサス

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:スペースシャトルが落ちた 煙を出して テキサスの原っぱのど真ん中 僕は夢を見ていた そこから木の生える

処刑台に立って

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:昨日あそこでもがいてた季節はずれの 小さな虫はとうとう力尽きていた 昨日あの娘の近くで起こった事件は 足取りすらもつかめず ナリをひそめてる

ナイトライダー2

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:夜の町は死んでしまっていた 君のバイクは異彩を放っていた 町の灯りが浮かび上がってきて 赤いタンクが異様に光っていた

僕ったら

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:恐らく末永く君に触れる この手大切にしましょう 恐らく君が愛す この顔で鮮やかに笑おう

リー・ルード

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:地球は東京タワーにささってて 一部の気分次第で回っているんだと思ってたんだけど 違うよ僕が君の手を取って外階段を上って屋上へ 行かないか世界を見渡すために

いつのまにか

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:雨は止みそうもない コーヒーすすって 砂糖は入れずに 呑めるようになった ノートを開いて

Queen

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:頭ん中なら自由だ イカしたあの娘がQueenで って言ってるソバから電話が鳴るからとったらなぜか 見た事もないよなトコだった

処刑台に立って

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:昨日あそこでもがいてた季節はずれの 小さな虫はとうとう力尽きていた 昨日あの娘の近くで起こった事件は 足取りすらもつかめず ナリをひそめてる

Town

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:室内温度計は上がることもなく 下がることもなく一定を保つ それなのに僕はカゼをひいてしまう それなのに何故かカゼをひいてしまう

ナイトライダー2

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:夜の町は死んでしまっていた 君のバイクは異彩を放っていた 町の灯りが浮かび上がってきて 赤いタンクが異様に光っていた

ハーメルン

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:隣人が目をまっ赤にはらし 新品のナイフ右手に構え 僕の帰りを待っていた ハーメルンの笛吹はもうすでに仕事を始めていたよ

僕ったら

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:恐らく末永く君に触れる この手大切にしましょう 恐らく君が愛す この顔で鮮やかに笑おう

リー・ルード

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:地球は東京タワーにささってて 一部の気分次第で回っているんだと思ってたんだけど 違うよ僕が君の手を取って外階段を上って屋上へ 行かないか世界を見渡すために

海へ出た

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:僕のつま先があと 右に5度向いてたら2km先の 行ったことのない街に着いたハズなのに 海に出た 海に出た

Living in the City

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:Baby 並木道をぬけ街の方へ 出かけないか僕と手をつないで どうせ何もないけど いいじゃんこんないい天気なんだし

City

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:行きたいトコもない 食べたい物もない 買いたい服もない 探してる本もない

Living in the City

Analogfish

作詞:下岡晃

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:Baby 並木道をぬけ街の方へ 出かけないか僕と手をつないで どうせ何もないけど いいじゃんこんないい天気なんだし

アンセム

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:勘違いでいつも 朝を嫌う僕は 夜を待っていた Oh,Yeah あの娘はまた多分

この気持ちは僕のもの

Analogfish

作詞:佐々木健太郎

作曲:アナログフィッシュ

歌詞:この体がくだけても この気持ちは僕のもの この世界がくだけても この気持ちは僕のもの

アナログフィッシュは、1999年に結成し、2004年にメジャーデビューした日本のスリーピース・バンド。 wikipedia