1. 歌詞検索UtaTen
  2. 北島三郎
  3. 北島三郎の歌詞一覧

北島三郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月6日

281 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

帰ろかな

北島三郎

作詞:永六輔

作曲:中村八大

歌詞:淋しくて 言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな 故郷のおふくろ

北島三郎

作詞:関沢新一

作曲:安藤実親

歌詞:肩で風きる 王将よりも 俺は持ちたい 歩のこころ 勝った負けたと

終着駅は始発駅

北島三郎

作詞:佐東たどる

作曲:中村千里

歌詞:背なかを合わせて あばよと言えば おまえの震えが 伝わるぜ 死ぬほど惚れて

与作

北島三郎

作詞:七澤公典

作曲:七澤公典

歌詞:与作は木をきる ヘイヘイホー ヘイヘイホー こだまは かえるよ

風雪ながれ旅

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:破れ単衣に 三味線だけば よされ よされと 雪が降る

愛の道

北島三郎

作詞:八代富子

作曲:原譲二

歌詞:あなたの肩に 舞い落ちた 冷たい雪は いつとける いつとける

炎の男

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:男の俺が 選んだ道だ たとえ茨の 道だとて 決して

漁歌

北島三郎

作詞:山田孝雄

作曲:浜圭介

歌詞:俺が網を引くのはよ 可愛い女房と子供によ 腹一杯 飯を 食わすためなんだよ

神奈川水滸伝

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:光り輝く 表の顔を 裏で支える バカが居る だからいいのさ

夫婦絶唱

北島三郎

作詞:関沢新一

作曲:中村典正

歌詞:俺がお前に 会った時 ころし文句を 云ったかい 云ったおぼえは

まつり

北島三郎

作詞:なかにし礼

作曲:原譲二

歌詞:男は祭りを そうさ かついで 生きてきた 山の神

北島三郎

作詞:野村耕三

作曲:池山錠

歌詞:川の流れと 人の世は 澱みもあれば 渓流もある 義理の重さを

花の生涯

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:人は何かに 打ち込むときの 姿がいちばん 美しい これが仕事と

息子

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:出てゆく おまえの その背に 遠い昔の 俺をみた

がまん坂

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:俺がやらなきゃ 誰がやる 廻り道だぜ 風が吹く 傷つきながらも

年輪

北島三郎

作詞:セキネケンイチ

作曲:原譲二

歌詞:雪の重さを 撥ねのけながら 背のびしたかろ 枝も葉も 山に若葉の

北島三郎

作詞:たかたかし

作曲:原譲二

歌詞:春には 花が咲き 夏には 鳥が鳴く 秋には

平成音頭

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:のぼる朝日も つやつやつやと (アッ ソレ ソレ

夜汽車

北島三郎

作詞:木下龍太郎

作曲:原譲二

歌詞:すがるお前を 叱りつけ 無理やり乗せた 終列車 迎えに行くから

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:流れる雲の 移り気よりも 動かぬ山の 雪化粧 ガンコ印の

北の大地

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:(アー…アー…) (アアー…) はるかなる 北の空 木霊も叫ぶ

さぶ

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:(セリフ) 「本当の職人仕事は 血を絞り骨を削って 得るものだ (セリフ)

次郎長笠

北島三郎

作詞:関沢新一

作曲:原譲二

歌詞:富士を背にした 東海渡世 清水港は 男で明ける 向こう行くのは

次郎長富士

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:(セリフ) (旅行けば 駿河の国に茶の香り) (セリフ) (名代なるかや東海道

ソーラン仁義

北島三郎

作詞:畔田耕吉

作曲:成田武夫

歌詞:手前生まれは ソーラン節の 歌でなじみの 北海生まれ 夜の酒場を

北都

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:形見にくれた 黒百合の 香りは君の すすり泣き そんな気がして

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:中村千里

歌詞:(セリフ)なあおまえたとえ生まれはちがっていても おれたちは 一心同体だ おたがいにたすけあってゆこうぜ ハハハ…

雄松伝

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:怨みつらみは 仕事で返す それが誇りだ 生き甲斐さ 幼なじみと

北島三郎

作詞:石本美由起

作曲:原譲二

歌詞:奥歯かみしめ 男が耐える 苦労吹雪の 荒れる海 負けてたまるか

日本海

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:夢に破れ 恋にも破れ 傷つきながら ひとり しょんぼり

花と狼

北島三郎

作詞:奥野椰子夫

作曲:関野幾生

歌詞:義理と 人情のだんだら格子 惚れてまたいだこの敷居 苦労くの字にからだを曲げて みがく

海鳥の島

北島三郎

作詞:中山大三郎

作曲:中村千里

歌詞:潮が変われば にしんがもどる にしんがもどれば せがれがもどる じいさんひとり

北島三郎

作詞:関沢新一

作曲:中村典正

歌詞:運のない奴ァ どこまでも 振った賽の目 凶と出る じたばたしたって

沖縄の女

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:泣いたらだめよと言われたら こらえた涙があふれだす 逢えてよかった 肩だきよせて 古都の高台

北島三郎

作詞:竹内美子絵..

作曲:中村千里

歌詞:大森林に 立ち向い 斧をふるたび おやじを想う 白い大地に

肩に二月の雪が舞う

北島三郎

作詞:阿久悠

作曲:猪俣公章

歌詞:肩に二月の 雪が舞う 音もたてずに 降り積る お別れします

黒潮漁歌かつお船

北島三郎

作詞:大屋敷正見..

作曲:島津伸男

歌詞:薩摩生れの 黒潮育ち かけて磨いた 根性かもめ 男度胸の

残雪

北島三郎

作詞:西郷たけし

作曲:大野一二三

歌詞:俺がやらなきゃ 誰がやる どうせ一度は 散る命 義理と恩義を

仁侠

北島三郎

作詞:水城一狼

作曲:水城一狼

歌詞:義理に泣かされ 情に追われ 何処に立場も 無い身体 人道無限の

波止場

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:市川昭介

歌詞:泣きたいときにも 笑わにゃならぬ 男というものつらいもの 俺も人の子 鋼じゃないぜ

母のふるさと

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:国後へ 国後へ 帰りたいよと いいながら おふくろは

冬の宿

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:紫しずか

歌詞:(セリフ)ア… 遠い人になってしまった 逢うたび細くなる君の その肩先を

ふるさと北国

北島三郎

作詞:藤のぼる..

作曲:中村千里

歌詞:三年たてば 三つだけ あの娘も大人に なったはず 遠い十和田の

横浜の女

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:惚れていながら 惚れていながら十三年も まわり道した 恋だった 北は函館

男道

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:どこから吹いてくる 葵の風が 弱音はいたら負けと 背中にからみつく じんと

北島三郎

作詞:志賀大介

作曲:原譲二

歌詞:石垣の 石の声 松・竹・梅の 風の声 耳を澄ませば

時雨月

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:惚れて枕も 乾かぬうちに 恋も半端な 三国越え みれん残して

北島三郎

作詞:南澤純三

作曲:原譲二

歌詞:一という字は 男の心 真一文字で 一直線 天を指差し

北島三郎

作詞:野村耕三

作曲:原譲二

歌詞:裸 一貫 やるぞと決めて ぐっと握った 拳の中に

浪曲太鼓

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:なにがなにして なんとやら 唄の文句じゃ ないけれど 男一匹

北島 三郎(きたじま さぶろう、1936年(昭和11年)10月4日 - )は、日本の演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家、馬主。 『函館の女』に始まる「女」シリーズ、『兄弟仁義』などの「任侠」シリーズなど、数多くのヒット曲がある。 一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれているが、原 譲二(はら じょうじ)のペンネームでも知られ、自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供等、マルチな活動を精力的に行っている。 作曲家・船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)では名誉相談役を務める。 wikipedia