1. 歌詞検索UtaTen
  2. 北島三郎
  3. 北島三郎の歌詞一覧

北島三郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月6日

281 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

2000年音頭

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:(ア ヨイショ ア コリャ)

ああ・おふくろょ

北島三郎

作詞:麻こよみ

作曲:原譲二

歌詞:おふくろの 夢を見た 菜の花畑で笑ってた おふくろよ幸せだったか おふくろよ

会津の女

北島三郎

作詞:いではく

作曲:原譲二

歌詞:若さで出会えた 恋もあり 若さで別れた 恋もある 昔しのんで

愛の道

北島三郎

作詞:八代富子

作曲:原譲二

歌詞:あなたの肩に 舞い落ちた 冷たい雪は いつとける いつとける

逢えてよかった

北島三郎

作詞:いではく

作曲:大地土子

歌詞:逢えてよかった 肩抱きあえば 音沙汰なかった 月日が埋まる 昔なじみの

あじさい情話

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:心変わりは 憎くても 逢えばおまえが 離せまい 俺の負けだよ

あの日時代

北島三郎

作詞:倉内康平

作曲:陣内常代

歌詞:景色もかわり 人かわり 情は移り 乱れつつ 何処へ消えたか

あばれ松

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:どいつもこいつも だらしのない奴 弱虫ばかり 涙じゃこの海峡 渡っちゃゆけぬ

雨だれぽったん

北島三郎

作詞:野村俊夫

作曲:船村徹

歌詞:雨だれぽったん 見ていると あの娘の顔が つぎつぎに 浮かんで消えて

亜矢子の唄

北島三郎

作詞:西沢爽

作曲:船村徹

歌詞:おもいでの街 さまよいながら 夜霧に叫ぶ 男のこゝろ 亜矢子

ありがとう キタサンブラック

北島三郎

作詞:山田孝雄..

作曲:原譲二

歌詞:逢えてよかった 雪国で 俺はお前に ひと目惚れ 黒く潤んだ

生かされて

北島三郎

作詞:鈴木紀代

作曲:原譲二

歌詞:昭和 平成 令和へと 時節も移り 道のりは

幾多の恩

北島三郎

歌詞:右も左も わからずに 夢を抱えた あの頃は 望み捨てずに

石狩川よ

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:酒の代りに 川を呑み 飯の代りに 草をたべ 荒地をみどりの

石松おとこ花

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:酒と喧嘩は ならぬと意見され 石松頼むと 親分の目に ここに大役

北島三郎

作詞:南澤純三

作曲:原譲二

歌詞:一という字は 男の心 真一文字で 一直線 天を指差し

一路

北島三郎

作詞:鈴木紀代

作曲:原譲二

歌詞:ちょっとよければ すぐのぼせ ちょっと悪けりゃ すぐしょげる 迷いながらも

一本気

北島三郎

作詞:中村要子

作曲:岡千秋

歌詞:まつりと聞いたら 血が騒ぐ みこし担げば 光る汗 咲いてる花より

北島三郎

作詞:宮原哲夫

作曲:原譲二

歌詞:かるく見るなよ 命の重さ 誰も秤に かけられぬ 切れば

今を行く

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:馬鹿な強がり 突っぱりだけじゃ 渡れないのさ 世の中は 海に突き出た

伊予の女

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:君が泣くから 松山の 月も涙の 傘をさす すぎた昔の

北島三郎

作詞:志賀大介

作曲:船村徹

歌詞:あかね雲 ちぎれ雲 あの山越えて 何を見た あの川越えて

演歌仲間

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:風に吹かれて 揺れながら まねく暖簾の 裏通り 今日も馴染みの

詠人(おじゃる丸 OP)

北島三郎

作詞:大地土子

作曲:大地土子

歌詞:季節 めくれば 遠い道のりは 思い通りに いかない時もある

海鳥の島

北島三郎

作詞:中山大三郎

作曲:中村千里

歌詞:潮が変われば にしんがもどる にしんがもどれば せがれがもどる じいさんひとり

海はいま

北島三郎

作詞:伝井かほる

作曲:大地土子

歌詞:叫んでごらんよ 思いのたけを Oh 海は叶えて くれるから

北島三郎

作詞:関沢新一

作曲:中村典正

歌詞:運のない奴ァ どこまでも 振った賽の目 凶と出る じたばたしたって

笑顔の花

北島三郎

作詞:いではく

作曲:原譲二

歌詞:花には水を あげるよに 人には愛を 届けたい つらい時こそ

越後情話

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:角巻の 雪を払いながら 熱燗にしてと 女は声をかける おちょぼ唇してさ

演歌草

北島三郎

作詞:志賀大介

作曲:船村徹

歌詞:花も付けない 実も付けぬ 草のこころで 生きている 朝は朝露

演歌師

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:客を泣かせる 流しのコツは 喉じゃないのさ こころだぜ 昨夕一緒に

北島三郎

作詞:久仁京介

作曲:原譲二

歌詞:牙のない奴ぁ 男じゃないと 燃やす こころは 狼だった

沖縄の女

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:泣いたらだめよと言われたら こらえた涙があふれだす 逢えてよかった 肩だきよせて 古都の高台

おしどり峠…

北島三郎

作詞:鈴木紀代

作曲:原譲二

歌詞:胸突き八丁の 浮き世の坂を よくぞここまで 登って来たな おまえの汗と

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:新しいもの すぐ古くなる 義理も人情も お笑い草か 昔ながらの

男一代

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:神が俺らに 与えてくれた 命と言う名の 預かりものを 護り通して

男伊達

北島三郎

作詞:志賀大介

作曲:原譲二

歌詞:粋でいなせで 真っ直ぐで これが男の 看板だ ポンとこの胸

男の灯り

北島三郎

作詞:石本美由起

作曲:上原げんと

歌詞:紺の暖簾を 片手で分けて 声も明るく 今晩は 辛いけれども

男の明日に

北島三郎

作詞:中島光..

作曲:原譲二

歌詞:咲くも散らすも 出たとこ勝負 遣る気あるなら 前に出ろ どうせ人生

男の一念

北島三郎

作詞:大屋詩起

作曲:原譲二

歌詞:我慢辛抱 束ねて背負い 意地をつかんで 立ち上がる むかい風なら

男の季節

北島三郎

作詞:大屋詩起

作曲:原譲二

歌詞:山背が吼えれば いきなり風吹 ひと荒れきそうな 空模様 沖はこれから

男の劇場

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:北原じゅん

歌詞:正しい者が 勝たいでなるか それがこの世の 真理じゃないか 忍の一字に

男の精神

北島三郎

作詞:志賀大介

作曲:原譲二

歌詞:いつの時代も いつの世も 国は人だよ 人は国 誰かが耐えて

おとこの潮路

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:北斗の向こうに きみがいる 生きる証を 熱い何かを 海に求めた

男の勝負

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:先も見えない 今の世に 迷うばかりと 人は云う 運や倖せ

男の情炎

北島三郎

作詞:英玲二

作曲:関野幾生

歌詞:意気に感ずも 情けに死ぬも ままよ男が 決めた道 うき世裏店

男の人生

北島三郎

作詞:いではく

作曲:原譲二

歌詞:花の咲く道 茨の道も 人はそれぞれ 運命を歩く 義理を背負って

男の涙

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:おまえを一人で 死なせるものか 死ぬときゃおれも 一緒だよ 苦労ばっかり

男の虹

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:勝てばいいのか ただ勝つだけで 終りたくない この勝負 百手千手を

男の母港

北島三郎

作詞:やしろよう

作曲:原譲二

歌詞:男の腹には 海がある ぽつんと灯りが ひとつある 生きることにも

北島 三郎(きたじま さぶろう、1936年(昭和11年)10月4日 - )は、日本の演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家、馬主。 『函館の女』に始まる「女」シリーズ、『兄弟仁義』などの「任侠」シリーズなど、数多くのヒット曲がある。 一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれているが、原 譲二(はら じょうじ)のペンネームでも知られ、自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供等、マルチな活動を精力的に行っている。 作曲家・船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)では名誉相談役を務める。 wikipedia