1. 歌詞検索UtaTen
  2. 北島三郎
  3. 北島三郎の歌詞一覧

北島三郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年5月18日

281 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:あの頃は その日その日を 生きることに 夢中で ふり返る

別れの一本杉

北島三郎

作詞:高野公男

作曲:船村徹

歌詞:泣けた 泣けた こらえ切れずに 泣けたっけ あの娘と別れた

若かりし母の歌

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:旅から帰る 父を待ち 夜なべに励む 女でした 子供は早く

北島三郎

作詞:沢村友美也

作曲:原譲二

歌詞:辛い時にも 逃げてはならぬ どんとぶつかれ 花も咲く 若い涙は

路地の雨

北島三郎

作詞:たかたかし

作曲:原譲二

歌詞:傘を差し出す おまえの涙が 俺の肩先 ポツリと濡らす 惚れていりゃこそ

浪人まかり通る

北島三郎

作詞:結束信二

作曲:阿部皓哉

歌詞:いらぬお世話さ どっちへ行こと 天下御免の 浪人ひとり でかい青空

浪人独り旅

北島三郎

作詞:結束信二

作曲:阿部皓哉

歌詞:蒼い風が 吹いていた 白い雲が 呼んでいる 噂尋ねて

浪曲太鼓

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:なにがなにして なんとやら 唄の文句じゃ ないけれど 男一匹

令和音頭

北島三郎

作詞:麻こよみ

作曲:原譲二

歌詞:ハァー 昇る太陽 燦々と 変わる時代の 幕が開く

流転笠

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:故郷を追われた 赤城を追われた 上州鴉 明日のねぐらは ないものを

漁歌

北島三郎

作詞:山田孝雄

作曲:浜圭介

歌詞:俺が網を引くのはよ 可愛い女房と子供によ 腹一杯 飯を 食わすためなんだよ

まつり

北島三郎

作詞:なかにし礼

作曲:原譲二

歌詞:男は祭りを そうさ かついで 生きてきた 山の神

与作

北島三郎

作詞:七澤公典

作曲:七澤公典

歌詞:与作は木をきる ヘイヘイホー ヘイヘイホー こだまは かえるよ

横浜の女

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:惚れていながら 惚れていながら十三年も まわり道した 恋だった 北は函館

横浜恋あかり

北島三郎

作詞:寺沢三千男

作曲:島津伸男

歌詞:青いガス灯 夜霧にうるむ こころも霧につつまれる 噂たよりに訪ねた街は あのひと空似の元町あたり

夜汽車

北島三郎

作詞:木下龍太郎

作曲:原譲二

歌詞:すがるお前を 叱りつけ 無理やり乗せた 終列車 迎えに行くから

夜明けの詩

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:気取っちゃみても しょうがない 死ぬときゃ誰も 裸じゃないか ないない尽くしと

湯本ブルース

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:生まれる前の ふたりはひとり そんな気がする あなたの胸に 抱かれて滝の

夢人(おじゃる丸 満月ロード危機一髪 ED)

北島三郎

作詞:大地土子

作曲:大地土子

歌詞:(Na Na Na…) 花は咲き誇り 鳥は歌いだす

夢千里

北島三郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:原 譲二

歌詞:泥によごれた 雑草も 雪に踏まれりゃ 辛かろう 耐えて根を張り

夢恋あかり

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:お前が支えて くれるから 迷わずにこの道を 歩いてゆける ないないづくしで

夢街道

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:汗と涙で 鍛えた身体 何があっても くじけはしない 耐えた

北島三郎

作詞:沢村友美也..

作曲:原譲二

歌詞:汗が涙に 変わるたび 奥歯かみしめ 生きてきた 人にすがれば

友情よ

北島三郎

作詞:大地土子

作曲:原譲二

歌詞:灯りも遠い 貧しい暮らしでも 羨むよりも 分かち合えたらいいね 冬の夜道で

雄松伝

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:怨みつらみは 仕事で返す それが誇りだ 生き甲斐さ 幼なじみと

やん衆挽歌

北島三郎

作詞:新條カオル

作曲:原譲二

歌詞:海の碧さに 惚れ込みながら さびれ番屋で 風を待つ 吼える山背の

やん衆酒場

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:酒がにがいと 泣く女 酔っているのか なあお前 駄目じゃないかよ

山・美しき

北島三郎

作詞:関根和夫

作曲:叶弦大

歌詞:ふるさとの山は 忘れない いまも心に 生きている さみしい時は

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:流れる雲の 移り気よりも 動かぬ山の 雪化粧 ガンコ印の

夜半の風

北島三郎

作詞:下地亜記子

作曲:原譲二

歌詞:おまえと最後に 別れたあの日 涙まじりの 茶碗酒 そしてひと夏

約束の夏(おじゃる丸 “約束の夏” ED)

北島三郎

作詞:大地土子

作曲:大地土子

歌詞:深い青空 真っ白な雲 無邪気に遊ぶ 裸足の季節 波しぶき

無法一代・恋しぐれ

北島三郎

作詞:久仁京介

作曲:原譲二

歌詞:祇園祭りの 太鼓がひびく あれは松五郎 あばれ打ち 撥をしぼって

息子

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:出てゆく おまえの その背に 遠い昔の 俺をみた

向かい風

北島三郎

作詞:鈴木紀代

作曲:原譲二

歌詞:広い世間の 片隅で 日暮れに吹く風 向かい風 先の見えない

未来

北島三郎

作詞:大地土子

作曲:原譲二

歌詞:憧れ頼りに 長い闇を潜れば 華と信じた 砂の都 時代の風に

港雪

北島三郎

作詞:原譲二..

作曲:原譲二

歌詞:流れ星 北へ流れて またひとり おんなが泣いている 港酒場の

港春秋

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:海は荒海 日本海 風は北風 シベリヤ生れ 面舵

北島三郎

作詞:羽生深雪

作曲:原譲二

歌詞:緑は地球を 守ってくれる 心のゆりかご 母さんだ 植えよう

みちのく旅情

北島三郎

作詞:奥田龍司

作曲:原 譲二

歌詞:群れにはぐれた 一羽のかもめ 風に吹かれて 揺れながら どこへ行くやら

北島三郎

作詞:山田孝雄

作曲:原譲二

歌詞:この道の 遠い何処かに 俺たちの 過去が落ちている 力の限り

北島三郎

作詞:志賀大介

作曲:原譲二

歌詞:やると決めたら 俺はやる 誠ひとすじ 纏に賭けて 度胸千両真ごころ千両

祭りだ!日本

北島三郎

作詞:大地土子

作曲:大地土子

歌詞:祭りだぜ~! (ラッセーラ ラッセーラ) (ドッコイショ ドッコイショ)

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:中村千里

歌詞:俺は 俺は男だ 勝つことよりも 誠 一字を守りたい

前に…

北島三郎

作詞:伊藤美和

作曲:原譲二

歌詞:かわすな ひるむな ためらうな 心が折れても 立ち上がれ

炎の男

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:男の俺が 選んだ道だ たとえ茨の 道だとて 決して

北海太鼓

北島三郎

作詞:星の哲郎

作曲:島津伸男

歌詞:根性だけでは だめだけど やる気がなけりゃ もっとだめ 八分の斗志

北都

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:形見にくれた 黒百合の 香りは君の すすり泣き そんな気がして

平成音頭

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:原譲二

歌詞:のぼる朝日も つやつやつやと (アッ ソレ ソレ

ブンガチャ節

北島三郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

歌詞:あの娘いい娘だ こっち向いておくれ キュ キュ キュ

無事でよかった

北島三郎

作詞:原譲二

作曲:原譲二

歌詞:忘れはしない 季節は移り変わり 戻れない人生 振り返る あの頃は

北島 三郎(きたじま さぶろう、1936年(昭和11年)10月4日 - )は、日本の演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家、馬主。 『函館の女』に始まる「女」シリーズ、『兄弟仁義』などの「任侠」シリーズなど、数多くのヒット曲がある。 一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれているが、原 譲二(はら じょうじ)のペンネームでも知られ、自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供等、マルチな活動を精力的に行っている。 作曲家・船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)では名誉相談役を務める。 wikipedia