ASIAN KUNG-FU GENERATIONの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

リライト(鋼の錬金術師 OP)

軋んだ想いを吐き出したいのは存在の証明が他にないから 掴んだはずの僕の未来は「尊厳」と「自由」で矛盾してるよ 歪んだ残像を消し去りたいのは自分の限界をそこに見るから 自意識過剰な僕の窓には去年のカレンダー

ブラッドサーキュレーター(テレビ東京系アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』オープニングテーマ)

曖昧な評伝 拵えて浸ってるの 世世 歳歳 何をまだ待ってるの

Re:Re:(僕だけがいない街 ED)

君を待った 僕は待った 途切れない明日も過ぎて行って 立ち止まって振り返って とめどない今日を嘆き合った

ソラニン

思い違いは空のかなた さよならだけの人生か ほんの少しの未来は見えたのに さよならなんだ

荒野を歩け

あの娘がスケートボード蹴って 表通り飛ばす 雨樋するっと滑って ゆるい闇が光る

SENSELESS STORY TELLER SONY

長いばかりで中身のない話をしようか 明日の出発までにはなんとか終わればいいが 一度話しただけで飲みこめるとは思えないし 明日に備えて休みたいならそれもいいだろう 武器をはずしたらそこに座れよ

遥か彼方(NARUTO -ナルト- ナルティメットヒーロー OP)

踏み込むぜアクセル 駆け引きは無いさ、そうだよ 夜をぬける ねじ込むさ最後に

絵画教室

繰り返しの日常に答えなどないから 悲しみに暮れるだけ 中学卒業のアルバムに刻んだ淡い願い 思い出して揺れる胸

アフターダーク(アニメ「BLEACH」オープニングテーマ)

背中の影が延び切るその合間に逃げる 剥がれ落ちた羽にも気付かずに飛ぶ 街角 甘い匂い

電波塔

ただここでくすむ日々に 浮かんで溶けそうな色 目を凝らして探す日々に 浮かんで溶けそうな色

それでは、また明日(劇場版NARUTO-ナルト-「ロード・トゥ・ニンジャ」主題歌)

透明なようです 悲しさ 凍るほど 聡明だそうです

迷子犬と雨のビート(四畳半神話大系 ED)

日溜まりを避けて影が歩くように 止めどのない日差しが路地を怒鳴りつけている 風のない午後を恨むような そんな土曜日の模様

君の街まで

夕闇の先 光る銀の月 鏡みたいに写る僕らの心細さも全部抱えて 君の街まで飛ぶための歌

君という花

見え透いた フォームの絶望で 空回る心がループした 何気なく何となく進む 淀みあるストーリー

マーチングバンド(「進研ゼミ高校講座」CMソング)

色の褪せた絵の古ぼけたベンチとはにかむ少年 雨ざらしのまま朽ち果てたいつかの希望を掲げよう 蔑むこともなく驕ることもなく花開くヒマワリの 種にもならぬような胸の奥の秘密にささやかな光を

新世紀のラブソング

あの日 僕がセカンドフライを上手に捕ったとして それで今も抱えている後悔はなくなるのかな 十五年経ってもまだ捨てられない僕がいて 生活は続く

未来の破片

些細な言葉や何げない仕草で 綻ぶ思いをただ確かめたい僕の歌 悲しい顔して切ないふりして 消えゆく思いをただ塞き止めたい今日の歌

江ノ島エスカー

波音の彼方に響く声 揺れるエスカー 潮溜り 逃げ込んだ 波のように消える

ムスタング

偽りはない 虚飾などない もともとはそんな風景画 絵筆を使い書き足す未来 僕らが世界を汚す

Winner and Loser / 勝者と敗者

経験のない連中で 伽藍堂のプレイランド 金勘定の上手い連中 ディスカウントにされるんだ

ライカ

迷い犬 デッドエンド 知恵の輪 螺旋の上 這いつくばって

転がる岩、君に朝が降る

出来れば世界を僕は塗り変えたい 戦争をなくすような大逸れたことじゃない だけどちょっと それもあるよな

ループ&ループ

右手に白い紙 理由なき僕の絵を描いた途中で投げ出す その光る明日を 左手汚して

アンダースタンド

軋んだその心、それアンダースタンド 歪んだ日の君を捨てないでよ 嘆き合って迎える朝焼けで消えゆくその想いを ふとしたことで知る無力さでほつれるその想いを

藤沢ルーザー

割と良くある日々のすれ違いを 他人のせいにして拗ねる 心揺れる 独り善がりの僕は筋違いを 抱えたままで抜けて折れる一号線

Planet of the Apes / 猿の惑星

際限なく湧き上がるガス吸い込んで 悶える先遣隊 炭鉱のカナリアも息が途絶えた 時代の最先端

海岸通り

夕陽で朱に染まる 寄せては返す記憶 今日という束の間の永遠だけ此処に刻む 丘から見下ろせば

Opera Glasses / オペラグラス

広場の噴水 嗄れたブルースが聴こえてくるだろう 地底の悲しみを辿るように飛び込もう 錆びついたコイン

或る街の群青 inspired by『鉄コン筋クリート』

まだ覚めない夢が枕元で僕にタッチした 朝の匂い 街が動き出す 画面の天気予報

フラッシュバック

細胞膜に包まって3分間で40倍 窪んだカギ穴で絡まって 解き放つ瞬間僕を刺す 最終的に砕け散って3年前そう限界なんだ