1. 歌詞検索UtaTen
  2. Age Factory
  3. Age Factoryの歌詞一覧

Age Factoryの歌詞一覧

公開日:2016年10月4日 更新日:2019年10月16日

30 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

nothing anymore

Age Factory

作詞:清水エイスケ

作曲:清水エイスケ

歌詞:壊れたままの僕らの時計 動かない 針は あの日を探しているよ 振り返るように

CLOSE EYE

Age Factory

作詞:清水エイスケ

作曲:清水エイスケ

歌詞:虐待 差別 レイプ SNS 大麻

TONBO

Age Factory

歌詞:終わりを知らせるサイレン 僕らの短い永遠を 夕焼けの向こう 今日が燃えているよ 赤い風が吹いて

Puke

Age Factory

歌詞:迷走japaneseお前だよ 得体もしれない見た事もない ような音で吐き出すよ 俺の愛を 鼻をつまんで食ってくれよ

アマノジャク

Age Factory

作詞:清水エイスケ

作曲:清水エイスケ

歌詞:君の手を引いて登るよ 帰り道長い坂を 気分屋の6月空が 泣き出してしまう前に

Veranda

Age Factory

歌詞:起きたらもう夕方で 何にもしないで夜を待っていた 二人で食べよう 不安も幸せも

See you in my dream

Age Factory

歌詞:快速急行から飛び出して 君の後ろ姿を見たよ だから今夜、今夜だけは眠れそうさ いつも左から二番目の

RIVER

Age Factory

作詞:清水エイスケ

作曲:清水エイスケ

歌詞:流れてゆく 人々見ながら君は言った川の様だと言った 覗き込んだファインダーの中で踊る 魚達は何処へ向かうの

Yellow

Age Factory

歌詞:言えないことをしていようよ 終わりそうな世界の端で 遠く遠く近づいてくるよ 抗う事も出来ないように

Tours

Age Factory

歌詞:何度も越えた夜を辿って テールランプと焦燥が揺れる 枯れた喉は鳴らし続けよう 夜が明けるまで鳴らし続けよう

HIGH WAY BEACH

Age Factory

作詞:清水エイスケ

作曲:清水エイスケ

歌詞:窓の 外に 明るい昨日が残ってた 空に

million

Age Factory

歌詞:見慣れない雪が降ってた 宛先も無い今日に またいつも空を見てた 真似をしたあの日のまま

siren

Age Factory

作詞:清水エイスケ

作曲:清水エイスケ

歌詞:japanese people get up japanese

疾走

Age Factory

歌詞:生温い腐った風が 俺を時代を舐めて行った 乾かない心を抱え 俺もお前もどこへ行くの メーデー

GOLD

Age Factory

歌詞:輝き出した 太陽の様な夜が 輝き出した 落ちて来たんだ空が 誰かが呼んだ

My green friend

Age Factory

歌詞:愛のある歌は重いから アイスを食おう ホワイトサイダーの 冷たい海に めり込みながら

CLEAN UP

Age Factory

作詞:清水エイスケ

作曲:清水エイスケ

歌詞:何言ってるか分かんない 洒落たいだけなら除外 海外でも行ってこい 目の色は変わらない

SUNDAY

Age Factory

作詞:清水エイスケ

作曲:清水エイスケ

歌詞:ねぇ早くしてよ 上着なんてなんでもいいと思うよ 少し不機嫌そうにして 自転車に乗って行こうよ

Mother

Age Factory

歌詞:網戸の向こうから 入って来た夏を 捕まえてみせた あなたにあげようと思った

My end

Age Factory

歌詞:少しだけ待たせてるから 急いで支度をしたよ ナイキのスニーカー履いて 飛び出す薄いネイビーの中へ

Moony

Age Factory

作詞:清水エイスケ

作曲:清水エイスケ

歌詞:月明かりが照らし出す背中 此処は海 白い帆を立てて 波を打つ 息をしている

OVERDRIVE

Age Factory

作詞:清水エイスケ

作曲:清水エイスケ

歌詞:見える全てを 壊して進め 何も要らないさ 終わらないぜ そう歌ってくれよ

left in march

Age Factory

作詞:清水エイスケ

作曲:清水エイスケ

歌詞:ねぇ 今はもう街には居ないだろう ねぇ 今もまだこの街にいるよ

Seventeen

Age Factory

歌詞:なにも怖くはないよ たってさ誰も正しくはない ただ何かが足りなくて うっとうしいぜ 別に腹も空いちゃいないけど

金木犀

Age Factory

歌詞:金木犀の匂いじゃ 頭おかしくはなれん ならその辺の葉っぱ丸めて吸い込ん でやるか

Night Bloomer

Age Factory

歌詞:誰もが風景 夜を飾っていた 揺らいだ何かの音 知らない国の言葉

WORLD IS MINE

Age Factory

歌詞:WORLD IS MINE 俺を中心に回る 俺は俺を肯定する

HUNGRY/猿

Age Factory

歌詞:射精、繰り返すぞ 歌う 歌おう、猿を真似ろ 腹へ放り込むぞ 入れる、入れる、出る

白昼夢

Age Factory

歌詞:裸になった気分さ 君はどうだい 真夜中の針を歩こうよ 気づかれぬように

kicks night

Age Factory

歌詞:スニーカーを履いたようなそんな気分さ どこまで行けるような気がしていたんだ アスファルトの先にピンク色の海 高架橋の先に青い島を見た

Age Factory(エイジファクトリー)は、奈良県出身の日本の男性3人組ロックバンド。 wikipedia