1. 歌詞検索UtaTen
  2. Cocco
  3. Coccoの歌詞一覧

Coccoの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

カウントダウン

まだ間に合うわ今なら まだ戻れるわ急いで あの女にはできない この想いには勝てない さぁ

雲路の果て

ちぎれた空の波間から こぼれさす光の道しるべ 近づいていく静寂に やわらいだ 縁どりが燃えてる

クロッカス

顔を上げて 想い馳せるよ 大空 下を見れば 蜘蛛の糸で

もくまおう

あなたは いい 愛されてるから 大きな樹には 小鳥が集う

強く儚い者たち

愛する人を守るため 大切なもの築くため 海へ出たのね 嵐の中で戦って 突風の中生きのびて

ひよこぶたのテーマPART2。

ひよこぶた おはよう そらは もう おめざめ

樹海の糸

悩める胸に あなたが触れて 雨は終ると想った だけど誓いは あまりに強く

有終の美

もう少し このまま見ていたいんだ 茜色 果てるまで

ジュゴンの見える丘

まだ青い空 まだ青い海 終わりを告げるよな 真白色

ウナイ

さしのべた手は 空回り そうね まっすぐ 歩けるの

コスモロジー

独りだな これは確か そうロンリネス 御機嫌な

流星群

覚えてる? やわらかい うばら 愛してる?

箱舟

あなたに全部 あげたかったな 初めて見た空に 浮かんでいた雲も あなたに全部

群青の谷

留まることなかれ 青い水面に湛えよ 永遠に歌え花の色 白い山鳴り降り積む

十三夜

雨よ降れ 闇夜濡れ 消えてくれ おまえら みんな

ニライカナイ

その目が欲しいの 微笑んでくれまいか ベルを鳴らして そこに居てくれまいか

手の鳴るほうへ

愛はあなたのため 鳥は ひとつ歌う ゆるり

Heaven's hell(2003.8.15 Okinawa live version)

今 やっと 首に手を掛け やさしい話 手繰ろうと

アネモネ

2人で感じた 真実は今 過ちに変わる I

風化風葬

崩れ堕ちるあなたに 最後の接吻をあげる すがりついた昨日を 振り払って私は星を辿る

けもの道

手を伸ばせば その髪に 爪を磨げば 届きそう ねじるように

がじゅまるの樹

家族みんなで暮らしてた頃 がじゅまるの樹窓からながめてたわ 小さい頃は木登りしていた ママが呼ぶのよ「ケーキが焼けたわよ」と 私は笑いながら手を振るの。

三村エレジー

小禄 豊見城 垣花 三村 三村の婦女達が揃って

ダンスホール

安いダンスホールは たくさんの人だかり 陽気な色と音楽と煙草の煙にまかれてた ギュウギュウづめのダンスホール しゃれた小さなステップ

焼け野が原

ねぇ 言って ちゃんと言って 私に聞こえるように 大きな声で。

白い狂気

どこで脱ぎ捨てたのだろう もしかしたら ずっと 裸足だったのかもしれない 余計な知恵を詰め込んだ

3D

あなたのための時間は無い 理由を問うてる暇も無い やっちまった ああ どうしようもない

オジー自慢のオリオンビール

島とつくものなんでも好きで 酒に マースー ぞうりまで かりゆしウェアーでまーかいが

靴下の秘密

剣を持たずに 白い花を 飾って 笑顔を添えて お歌

あなたへの月

月が遠くで 泣いている 暗闇の中 泣いている Uh・・・