1. 歌詞検索UtaTen
  2. Cocco
  3. Coccoの歌詞一覧

Coccoの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

遺書。

私が 前触れもなく ある日突然 死んでしまったなら あなたは

カウントダウン

まだ間に合うわ今なら まだ戻れるわ急いで あの女にはできない この想いには勝てない さぁ

Way Out

わたしの この目を あげましょう。 わたしの

がじゅまるの樹

家族みんなで暮らしてた頃 がじゅまるの樹窓からながめてたわ 小さい頃は木登りしていた ママが呼ぶのよ「ケーキが焼けたわよ」と 私は笑いながら手を振るの。

首。

抱きよせて 絡まって 引き裂いて 壊したい 悩ましく

SING A SONG ~NO MUSIC,NO LIFE~

「NO SMOKING」? 「NO PARKING」? 「NO

眠れる森の王子様 ~春・夏・秋・冬~

偶然耳にした ひだまりの中で息をしているようだった 懐かしい名前 響いた胸の奥

走る体

咲き乱れていた ねぇ おとぎの世界は甘くて 最初に見た愛は ねぇ

ひこうきぐも。

あなたはとんでもなく 安らぎの人だった 1人で歩くことも ままならない細い脚

ベビーベッド

あなたに瓜二つの 生き物が わたしの子宮から 出てきたら バンドを呼び集めて

星の生まれる日。

わたしの肋骨から 空へと登りなさい 髪の毛を伝って 頭に足をかけて

やわらかな傷跡

小さなわたし 乾いた道を 汗ばむ背中 陽射しに揺れ 若い夏草のよう

Rain man

I'm so sleepy Day and

強く儚い者たち

愛する人を守るため 大切なもの築くため 海へ出たのね 嵐の中で戦って 突風の中生きのびて

晴れすぎた空

私の腕は どうしてあの日 あなたを抱いて 殺めなかった?

Raining

ママ譲りの赤毛を 2つに束ねて みつあみ 揺れてた なぜだったのだろうと

裸体

年の数だけの 赤い花から 摘みとりましょう 痛みの棘を

濡れた揺籃

ママ わたしを見て ジャングルジムの上で いつまで口笛を 吹かせるつもり?

うたかた。

放課後の校庭 緋寒桜 白いひざ かさぶたの両足 鼻の奥

ウナイ

さしのべた手は 空回り そうね まっすぐ 歩けるの

SATIE

twinkle stars silent night and

小さな雨の日のクワァームイ

小さく 泣いた 大きな 空が 泣いていた

My Dear Pig

あなたのママは マシューおじさんの 牧場で生まれたの それはそれは 立派なブタでね

夢路

なだらかに なだらかに 道は続いた ゆるやかに

Rose letter

Hello boy How have you

雲路の果て

ちぎれた空の波間から こぼれさす光の道しるべ 近づいていく静寂に やわらいだ 縁どりが燃えてる

あなたへの月

月が遠くで 泣いている 暗闇の中 泣いている Uh・・・

樹海の糸

悩める胸に あなたが触れて 雨は終ると想った だけど誓いは あまりに強く

ポロメリア

金網の向こう 陽に灼け果て 干からびてく通り道 知らない横顔を 目で追いかけ

Sweet Berry Kiss

Daddy thank you for your