Kagrra,の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

儚く舞い散る念い 哀しみに心を窶して 彷徨ったこの軌跡は 泥濘に囚われた過去の 傷痕を克明に描く

新・百鬼夜行

篝火灯せよ時来たれり 永劫煮やした憶い遂げ賜え 闇に潜みし聲 片膝を立てて 既に業は為した

刹なる言葉

降り注がれる 狂気の雨は 悲しみの前夜に もう留まる事の 無い不安

戯曲 華一匁

暗から闇へと生命を捌く 所業は其れ鬼之如く 時勢の向きには是抗えぬ 黛に染まる世の運命かな

うたかた

願いは貴方に降り注ぐ そっと悲しみを越えて いつか再び出会えると 泣いていた貴方の横顔想うよ

色褪せた 風鈴の 寂びた音に 微睡んで

白ゐ嘘

風に解けた約束はいつか 時を越えて 窓辺から眺める 景色は何時もと変わらずに

霞んだ冬の向こうに、、、

この雪が散れば 貴方はまた 遠いあの街に 消えて行く

鬼灯

月が照らす 昊を包む 噎せ返るほど 光に染色た 淡い声

くわい談

薄瞑く 蒼めいた 闇の淵 視れば 月明かり

日ノ本

時は止め処も無く流れ 心も絶えず変わり行くけれど その儚さや弱さ悲しさは 歩みと供に前へと進んで

四季

噫 風に吹かれ舞い散る桜は 何故この心に侘しさを説くのだろう 人は時を泳ぐたびに 何かを失くしてゆく

雨情

切り離れた情景 規則正しく まるで叱るように 雨が叩く 欲望の代償は

びくに

樹々を揺らす水面 弧状に映える月 風の音色さえも 聴こえそうな闇夜に まるで腔を這う様な

いびつ

燻る蜃気楼 闇夜に谺する 聲は暈なって 哀しみを戒める 昊に抱かれて

戯曲 通りゃんせ

明日草を掻き分けて 手を曳かれ背を押されて 玉砂利に足が縺れ 転けつまろびつ

月に斑雲 紫陽花に雨

艶めく月を抱く 淡い斑雲 この私も独り 薄れ逝く

四季

噫 風に吹かれ舞い散る桜は 何故この心に侘しさを説くのだろう 人は時を泳ぐたびに 何かを失くしてゆく

夢想境

闇夜を纏いて 影を散らし 跫忍ばせ 手印を結ぶ 囚われの人は

戯曲 かごめ謡

あな哀しや あな怨めしかな 今宵の月はいと狂おしく 瞼の裏の罪を映す うしろのしょうめんだあれ?

咒葬(映画 ひとりかくれんぼ 主題歌)

憐れな諸人よ耳朶に掌添え 斯くも愚かしい終熄の怨瀞を聴け 大地は碧に堕つ 藍紫色に染まる昊

独り立ち止まり 昊を見上げ問い掛ける この世界に於ける 存在の理由とその意味を

向日葵

澄み渡る青空へと向けて 輝ける向日葵の花のように 悲しみも切なさも 苦しみも寂しさも 笑顔に変えてゆこう

四月一日

凛と咲いた桜その真下で もう一度あなたに出逢いたくて 数字の配列のような人混み 何かを踏みしめて先を急いでる

彩の讃歌

果てし無い道程溜息吐き俯いて 振り返る事も知らず 声を殺し身を潜め 傷めつけて膿む瑕口を涙で隠してみても 治りが遅くなるだけ

風の記憶

もう古惚けた景色の中 君はふいに髪を耳にかけて 「強い風ね」そう 呟いた 雪のように儚い記憶が甦る

神風

騙す不幸より騙される方が幸福さ 詭弁撒き散らし皆で匣の向う笑ってる 対岸の火事も素知らぬ顔をして ああだ こうなんだと唾を散らす

斬帝

荒ぶる感情 戒の勧請 命より重い銭の勘定 地獄の沙汰も金次第よって 死んだらお仕舞いさ

表と裏と二つに一つなら 賽の目に全てを託し 微かな勝算に賭けて 成り行きに身を委ねよう 西も東も判らないこの世

忘却の果ての凍えた孤独

遠い昔の事に不思議と思えるけど 誰も居ない部屋に今でも慣れないまま 額に飾られた無数の君が 変わらず僕に微笑むから もう戻らない