1. 歌詞検索UtaTen
  2. LM.C
  3. LM.Cの歌詞一覧

LM.Cの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

星の在処。-ホシノアリカ-(ぬらりひょんの孫~千年魔京~ ED)

長い長い夜が明けるのを待てずに 四角い夜空の向こうへ飛び出した 似た者同志の君を連れ出して 僕らが目指すのは秘密のあの場所

88(家庭教師ヒットマンREBORN! OP)

―忘れてしまうだろう 肩につもる悲しみは 流れる星の手に抱かれ― ため息ひとつでリセットされる

BOYS&GIRLS(家庭教師ヒットマンREBORN! OP)

教科書通りの毎日のなか飛び出した 君は男の子 大人になれずに でも子供でもいられない時もあるだろう

僕らの未来。

今日もいつもと同じ待ち合わせ場所 降る星の数を指折り数えてる やがて来る少し背の低い君の変わらないその笑顔と 何気ない仕草が僕の救い 追い求めている理想と

Phobia

光と陰が行き交う速度は 今日も弓矢のように 袖振り合えど 素知らぬ顔で 過ぎ去る

The LOVE SONG(ぬらりひょんの孫~千年魔京~ OP)

I'm ready Go Stay gold

Hollow Hotel

宵闇に浮かび上がる 虚ろに聳えるシルエット 探そうとすればするほど 誰も此処には辿り着けない

meteorion

2秒先を照らし出すヘッドライト 海の上に作られた街を目指す 重いまぶたこすり トンネルをくぐり抜けて 流れる星を集めに

Virtual Quest

「最高の冒険体験 お約束いたします 我が社イチ押し 最新の―――」 どーたらこーたら

Fight Club

さぁ 皆寄って来な 観て行きな この戦いを 冷やかし

左耳のピアス。

奪われたのは衝動 感情が理由を求める 黙ってこっちを見ている 君は誰なの

DAYS(家庭教師ヒットマンREBORN! DS フェイトオブヒートII 運命のふたり OP)

浅い眠りのその先にあるリアルな夢は今でも覚めない 加速してゆく時計の針は 今日も僕らを置き去りにするけど 突き刺さる向かい風の中で

Space Wannabiez

透明人間さ 実体の無いエイリアン 慢性不感症の時代が産み落としたイリュージョン 右手にケータイを左手には退屈を 完全不完全な志でサムライ気取りの無敵超人

OH MY JULIET.(RED GARDEN ED)

step by step 君と出逢って 時を忘れて踊り明かした

pOlyLifE

なにも言わなくていいんだよ 言葉じゃ伝えきれなくても いつか それぞれの道が交差して笑い合える時がくるはずさ

-SORA涙色-(ver.SGLB)

いつもと同じ帰り道の途中 不思議な夜の あのメロディーが消えない なんでも良いけど

Galileo

そして何もかもが消え去って現れた初めての感情 文字化けした主張達の中で 逆らって手にした代償 出口の無い巨大な迷路に 飛び込んで書き殴るアイロニー

Sentimental PIGgy Romance

Hello- 天気がいいからお昼寝して タンポポにご挨拶 How long-

Intersection

交差する街と人を見下ろす 名も無い信号機が 何かを急かすように点滅する わりと在り来たりで退屈な結末 涙も出ないわ

Nothing

空白だけの夜と 青空を描いた天井が 交わることなく部屋に転がっている 明日になれば 胸を抉るような感傷も

Twinkle Star

さぁ 行こう 昨日と同じように 歩幅を合わせて 少し前を歩く君を

Amnizia

思い出せないんだ 一昨日の夜 何を食べたのか 違和感は無いな ズルズルと記憶を垂れ流して

Goak-On-SOUL

アバンチュール求める旅人達 何処からともなくフワフワと 飽きもせず毎晩貪欲に 不埒な出会いダウジング テキトーに数合わせ待ち合わせ

ChainDreamers

願いは儚く 尊いから 歪んだ迷いは それを遠去ける

GaMuShaRa

イヤになったよ 何だか 全てが どこかグッとこないのさ この頃

Avocado

「どんな時も側に居るよ」 なんて言わないで 果たされない約束など好きじゃない 同じ風に揺れながら 並んで歩いた

@FUNNY PHANTOM@

へとのとへとのともとへとじ。 みんな同じ顔で笑って泣いて「I am ORIGINAL」

Dystopia

空を舞う鳥達は 飛び方を知らない 生命在る僕達が 生き方を知らないように

LADY TALK

伸びた前髪 掻き上げて 止めてた煙草に火を点ける 公園の錆びたブランコじゃ 絵にならないわ

DOUBLE DRAGON(日本テレビ系 「ハッピーMusic」 POWER PLAY)(ぬらりひょんの孫 ED)

稲妻が宇宙を斬り裂くように 雲の切れ間で叫んでいる 犬も喰わぬ詰まらん世界だ 鳴かぬなら 自分で鳴けば良い