1. 歌詞検索UtaTen
  2. NOKKO
  3. NOKKOの歌詞一覧

NOKKOの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

レモン

疲れた目を閉じて きつい足をなげだし あの人を思い出す 夕日が頬を染める頃 あなたを今日ざわめきに見付けた気がして

昼の月

海から聞こえる もう風が吹くよ 空から聞こえる ほほも紅く染まる WOOL

CRYING ON MONDAY

朝がくると鳥は目覚め 東の空へ ニュースを運ぶ あたしは まだBEDの中で

DNA

ひざをかかえて裸で ほし草の小屋で眠っている 逃げたい時のイマジネーション あなたのうでがよみがえる 麦わら帽子が夢をあびて

フレンズ

口づけを かわした日は ママの顔さえも見れなかった ポケットのコイン あつめて

シアワセのくつおと

雨音のリズムで 目覚める朝 ラベンダーの空 あなたの幸せ そっとそっと

白い恋人達

夜に向かって雪が降り積もると 悲しみがそっと胸にこみ上げる 涙で心の灯を消して 通り過ぎてゆく季節を見ていた

O Holy Night(さやかに星はきらめき)

さやかに星はきらめき 御子イェス生まれ給う 長くも闇路をたどり メシヤを待てる民に 新しき朝は来たり

サニーサイド

サニーサイドを歩こう 自由は胸の中 サニーサイドを歩こう 晴れ晴れと

奇跡のウエディングマーチ

子鹿の瞳の気楽な お嬢さん 長いまつげは語るよ 可憐なくちびるは 誰のものになるの

いとしのエリー

泣かした事もある 冷たくしてもなお よりそう気持が あればいいのさ 俺にしてみりゃ

春雪うさぎ

なつかしい紅の色 母が昔さしたよな いそがしい冬の日に あかくパッと映えた 飾り気のない

ナチュラル

涙は星より重く 立ってるだけで精いっぱい 夜明けはやさしく 始まりはいつも澄んだそら 迎えにきた

人魚

アカシアの雨に うたれて 泣いてた 春風の中で 月がのぼるまで

The Christmas Song

Chestnuts roasting on an open

わすれな草

風が強く吹くね 大きく揺れる枝の緑がきらきら 波立つ季節 ベランダの岸辺では 一緒にいるだけで

VIVACE

(Tu tu tu…) たとえば明日には

ホワイト・クリスマス

ゆめにみる ホワイト・クリスマス 窓近く揺する梢 光 ソリの鈴聴く楽しき夢

イ・ノ・チ

今日 新しい生命が 生まれる 空も土もこわれていってしまうの

翳りゆく部屋

窓辺に置いた椅子にもたれ あなたは夕陽見てた なげやりな別れの気配を 横顔に漂わせ

SPACE GIRL

夕暮れに ひとり座って 一日の夢が しぼむのを見ている

CoFFee

小さな足が走る渡り廊下 冬の日 給食は湯気をたて 漂うパンの香り ガラスのビンに光が差し込む

天使のラブソング(ガンバリスト!駿 ED)

はちきれそうな制服の胸 お砂糖でできてる ワケないじゃない 「つめこんだ ジェリービーン」

ベルベット

こんな冬は冷たい雨も甘いRAW BEAT つつんでくよ KNOCK KNOCK

夜空ノムコウ

あれからぼくたちは 何かを信じてこれたかなぁ… 夜空のむこうには 明日がもう待っている

目ポタ

むかし教えてもらった レコードを買いました それは 今日の天気にも 何気なく似ていますね

7 Ways to Love

One Time 最初は車の中で Two Time

Jump a little higher

青いパパイヤの実 ゆれる胸の中 吐息をもらす ハチドリ とろけるような

アンテナ

銀の月がさそり座宮に入る 忘れないでその熱い胸の中 そして2人はかわらの屋根の上で ウサギのようにトウモロコシを食べる

No Return(Paradise Remix)

No Return No Return River